• 私の旅行記

イギリス ロンドン ロンドン・アイ

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドンにある世界でも第二位の大きさを誇る人気の大観覧車「ロンドン・アイ」です!

1999年にオープンしたロンドン・アイは直径135メートル、25人乗りのカプセルはヨーロッパ最大で、世界第二位の大きさを誇ります。

乗車時間は30分と思う存分次々と移り変わっていく景色を堪能でき、ロンドンで最も愛されている(そして最も新しい)シンボルのひとつです!

今回は、ロンドンの中でも1位、2位を誇る人気のこのアトラクションの魅力や攻略法をご紹介させていただきます。

【ロンドン・アイの歴史】

「ロンドン・アイは、1999年にミレニアム記念事業の一つとして「トニー・ブレア首相」によって建設・開業され、当初は5年の期間限定アトラクションとしてビッグベンから程近い、テムズ川にオープンしました。

技術的問題により、一般公開は2000年3月まで待たなければなりませんでしたが、それから10年あまりで、イギリスの首都を象徴するランドマークとなり、350万人以上の年間来場者数を誇るまでになりました。

2008年に開業したシンガポールの巨大観覧車が登場するまでは世界一位の大きさを誇る観覧車でしたが、今もなおその人気は非常に高く、世界各国からの観光客だけではなく、ロンドン住人にも人気が高い観覧車です!

「ロンドン・アイ」の正式名は、「ブリティッシュ・エアウェイズがスポンサー」の頃は「B.A. ロンドン・アイ」と呼ばれており、2011年から「EDF Energy」がスポンサー契約を結んだ3年間は「EDF Energy ロンドン・アイ」という名称に変わりました。

そして、2015年から「コカ・コーラ」がスポンサーを務め、現在の正式名は「コカ・コーラ ロンドン・アイ (Coca-Cola London Eye)」と呼ばれ、「ロンドン・アイ」のもともとの青色の照明は、それ以降「コラコーラ色(赤色)」が使われるようになりました。

【ロンドン・アイの構造】

「ロンドン・アイ」は、建築家「デイヴィッド・マークス」と「ジュリア・バーフィールド」により設計されました。

観覧車の乗客を乗せるカプセルは全部で32個あり、各カプセルには空調が付いています。

1つのカプセルは25人ほど乗ることができるので通常の観覧車に比べると大型となり、テムズ川がよく見渡せるように設置されているので、高さは135メートルあります

カプセルがホイールの外側に出ており、床以外は全てガラス張なので360度遠くまで眺めることができます。

頂上でも視界の妨害無く街の絶景を見ることができ、ゴンドラのスピードは秒速0.26m(時速で約0.9km)で、1周するのに約30分で回ることができるのです。

「ロンドン・アイ」は専門的にいうと「カンチレバー(片持ち梁)型観覧車」で、「カンチレバー型」とはホイールの片側だけを固定して支えているものを指します。

「ロンドン・アイ」は世界一高い「カンチレバー型観覧車」でもあります。

7年がかりで建設され、その費用は7千万ポンド(約103億円)以上にのぼり、 主要な構造部分は別の場所で作られ、出来上がってから今ある場所に運ばれて組み立てられました。

天気の良い日には全方向に最大約40kmまで眺めることができ、一回転で800人も乗せることができる「ロンドン・アイ」ですが、いつも待ち時間が長いのはその人気ぶりを証明していますね。

【アクセス方法】

〖電車〗

最寄り駅は、「地下鉄ウォータールー(Waterloo・ジュビリー/ノーザン/ベーカールー線)駅」で、駅に着くと「London Eye」と書かれた表示がたくさん出てくるのでそれに従って進みましょう。

進んでいくと、駅前を通る「ヨーク・ロード(York Road)」が見えてくるのでそこを南西方向へ行きます。

1つ目の角を右折すると正面に「ロンドン・アイ」が見えてきます。ここまでは徒歩約5~6分ほどで到着します。

インスタ映えの写真を探している方におすすめなのが、この「ヨーク・ロード」から見える「ロンドン・アイ」です。

ここは、実は「ロンドン・アイ」を一番キレイに撮影することができる隠れスポットとなっています!

また、「Waterloo駅」の他に「Embankment駅」・「Charing Cross駅」・「Westminster駅」からも徒歩圏内で「ロンドン・アイ」に向かうことができます。

ちなみに、「Westminster駅」からなら途中で「ビッグ・ベン」の前を通ることができるので「ビッグベン」を一緒に見たい方はぜひ「Westminster駅」から訪れてみてください!

〖バス〗

「ロンドン・アイ」の公共交通機関は「電車」以外にも「バス」で向かうこともできます。

「ロンドン・アイ」周辺は停留所が多いのが特徴ですが、一番近いのはその名の通り「London eye」というバス停です。

景観を意識した観光も同時に楽しみたい方には、「ロンドンバス」のルート11番がおすすめ!このルートは、歴史的な建物の間を繋ぐように走ってくれるのでキレイな街並みを楽しみながら「ロンドン・アイ」に到着することができます。

また、「バス」を利用する場合は、あらかじめ路線図をチェックしてから向かうことがポイントです!

【チケットの種類】※2019年9月時点

〖普通のチケット〗


「普通チケット」は「ロンドン・アイ」に乗るためだけのチケットで、多くの方がこのチケットを購入します。

日付指定と日付指定なし一年間有効のチケットが選べ、旅行の日程がまだはっきりわからない、天候が心配という方は料金は上がりますが日付指定なしで購入しておくと便利です。

旅行日程が詰まっている人はもう天気は気にせず日時指定で予約しましょう。

「ロンドン・アイ」の「普通チケット」の価格は、「英国政府観光庁オンラインサイト」での事前購入で約20パーセントオフになり、大人(16歳以上)3,591円、子供(3~15歳)2,926円となっています。

学生もしくは60歳以上の方は2,945円とお得になっています。ただし特に人が多くなる週末、7月8月全日は大人料金となります。0~2歳は無料です。

〖優先チケット〗

待ち時間が大幅に短縮できる「優先チケット」もあり、1時間やそれ以上になり得る待ち時間がもったいない、という方はこちらのチケットを購入することをおすすめします!

人気の日時でもストレスなく搭乗でき、長く列で待つのが心配な子連れの方もこのチケットがいいかもしれません。

短期間の旅行の場合、高い料金を払う価値があると思います。

「ロンドン・アイ」の優先搭乗チケットの価格はオンライン事前購入で大人(16歳以上)4,832円、子供(3~15歳)3,926円となっています。0~2歳は無料です。

観光客が特に多い週末、7~8月に訪問予定で待ち時間が長いのは困るという方はこの優先チケットを購入することを強くおすすめします!

〖デイアンドナイトチケット〗

せっかくロンドンに来たからには日中の景色も夜景も2度楽しみたい!という方には「デイアンドナイトチケット」がおすすめです!

午前に一回、午後に一回乗ることができるので、一日で全然違った印象の景色を楽しむことができます。料金は少しお得で2回分で約5,300円で購入できます。

〖4つのアトラクションパックチケット〗

「メルリンロンドン」お得パスを購入すると、「蝋人形館マダムタッソー」・「ロンドン・アイ」・「シュレックアドベンチャー」・「シーライフ水族館」の4つを楽しむことができます。

別々購入の料金より35パーセントもお得で利用期限も3ヶ月以内と融通が効くので、晴れた日に「ロンドン・アイ」に、雨の日は他の室内施設にと予定を変更しやすいのでおすすめです!

〖シャンパンエクスペリエンスチケット〗

「ロンドン・アイ」の中で「シャンパン」をいただけるチケットです。

「観光庁オンラインストア」でのチケット購入で一人5,738円です(3歳以上)。このチケットには待ち時間が短縮できる優先搭乗と個別のホストサービスがついています。

料金は高いですが、大切な日や旅行の記念に「テムズ川」とロンドンの景色を眺めながら特別な時間を過ごすのはいかがでしょうか。

【チケット購入方法】

〖当日チケット売り場で買う〗

まず「ロンドン・アイ」は大人気の観光スポットなので、混雑することを念頭に置きましょう。その上、天気の良い日や大型連休はもちろん、通常の休日は特に混雑しています。

そのため、「ロンドン・アイ」に乗ることよりも、チケットを買うだけでも並ぶ覚悟が必要です。予約なしの現地でのチケット購入はできるだけ避けることをおすすめします。

しかし、そうは言っても「ロンドン・アイ」は実は朝一番であれば、比較的空いている時間帯となります。

チケットには午前と午後の2回乗ることのできるものもあるので、その時の時間やスケジュールを加味した上で比較して購入しましょう。

見るべきポイントとしては、「ロンドン・アイ」以外の観光地も回る予定であれば他の観光スポットとセットになった「アトラクションパックチケット」がおすすめです!

もちろん、「ロンドン・アイ」限定のチケットもあるので旅の予定に合わせて選びましょう!

〖ファストパス(Fast Track)を買う〗

「ロンドン・アイ」に並ばずにとくかく早く乗りたい!という方におすすめなのが「ファストパス(Fast Track)」チケットです!

このチケットは、通常のチケット料金よりは高価になりますが、ほぼ並ぶことなく優先的に「ロンドン・アイ」に乗車することができ、時間短縮もできることが大きなメリットです。

〖日本で事前にチケットを購入〗

また、ロンドン出発前に時間に余裕があるのであれば、日本での事前購入も可能です!

チケットの事前購入先は、「英国政府観光庁オフィシャルサイト」・「ロンドンアイ公式サイト」・「オフィシャルサイト」で購入することができます。

【ロンドン・アイから見える有名建築物】

〖ビッグ・ベンとテムズ川〗

「ロンドン・アイ」から見ることのできる絶景の中に、ロンドンのシンボル「ビッグベン」と「テムズ川」が見えます。

こちらは「ロンドン・アイ」のすぐ近くで見ることができ、1日の太陽の向きが運が良い時間帯には、「ビッグベン」が水面に映る幻想的な風景を見ることもできます。

〖セント・ポール大聖堂〗

「セント・ポール大聖堂」は、ロンドンの金融街である「シティ・オブ・ロンドン」にある大聖堂です。

バロック様式の傑