• 私の旅行記

イギリス ロンドン ロンドン・ダンジョン

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドンの黒歴史を体験できるテーマパーク「ロンドン・ダンジョン(London dungeon)」です!

「ロンドン・ダンジョン」は、観光名所のテーマパークであり、乗り物や俳優による演技がみれる、観衆向けにロンドンの黒歴史を再現している場所です。

1,000年以上を遡り、地下のライド2種と多くのライブ・ショーを楽しめる人気アトラクションがあり、切り裂きジャック・「ガイ・フォークス」から「スウィーニー・トッド」まで、悪名高いロンドン市民のストーリーを体験できます。

インタラクティブなシーンや不気味なセットを交え、「ロンドン大火」や「黒死病」などの重要な歴史的出来事を俳優が演じ、2種のライドが「テューダー」の裏切り者たちが「テムズ川」を最後にボートで下ったシーン、またニューゲート監獄の恐ろしい垂直降下を再現します。

今回はそんな、「ロンドン・ダンジョン」の魅力・見どころ・チケット予約方法・アクセスなどについて詳しくご紹介させていただきます!

【ロンドンの暗い歴史】

「ロンドン・ダンジョン」は、1974年に「恐怖の歴史博物館」として開館したのが始まりで、後に観客参加型の観光スポットとして変わっていきました。

時々、お化け屋敷と勘違いされてしまう「ロンドン・ダンジョン」ですが、実はロンドンの暗い残酷な歴史を忠実に再現している、人気のあるアトラクションなのです。

当初は見学者が館内を自由に見て廻るスタイルでしたが、1997年に「審判の日」というアトラクションが追加。見学者らは裁判にかけられた後、ボートに乗ってテムズ河を下りながらさまざまなシーンを通過する、というものでした。

これを機にこの博物館は俳優主導型、観客参加型のユニークなテーマパークへと変化を遂げていきました。

2000年には「ロンドン大火」、2003年には「黒死病」、2004年にはボートの改良、2005年には「亡者の迷宮」、2006年には「スゥイーニー・トッド」が追加されました。2007年には総工費150万ポンドをかけてフリーフォール型の乗り物「エクストリーム・ドロップライドトゥドゥーム」が導入されました。

2008年には「切り裂きジャック」コーナーの改装が行われ、2010年には「ブラッディ・メアリー・血まみれの女王」が追加されました。2011年には国内初となる5Dのアトラクション「復讐」が開発されました。

そして2013年に、旧ロンドン市庁舎のあった現在の場所に移設され、ルネッサンス様式の建物内には水族館「シーライフ」も入居しています。

【ロンドン・ダンジョンのツアーについて】

「ロンドン・ダンジョン」のツアーの所要時間は約110分程度。まず最初に入り口で約20人ほどのグループに分けられます。

歴史上の人物のコスチュームをまとったキャストに案内されながら館内を廻るのですが、彼らの演技はまるで舞台俳優のようです。思わず、叫び声をあげてしまうことでしょう。

さらにキャストたちから、質問されることも。英語で話しかれられますが「お名前は?」など簡単な質問なので、身構える必要はありません。

俳優たちが雰囲気のある当時の衣装を纏い、13のテーマ別に区切られた部屋や乗り物に案内してくれます。「死刑」・「切り裂きジャック」・「ロンドン塔のトレイターズ・ゲート」・「スウィニー・トッド」・「ロンドン大火」・「外科手術室」・「メアリー1世」・「地下納骨所」・「迷宮」・「疫病」・「拷問」・「裁判」・「精神病院」とユニークな視点から昔のロンドンを楽しむことが出来ます。

本物そっくりに再現されたセットや今にも動きだしそうな蝋人形も見もの!館内のいたるところに大きくてまっくろなネズミたちがいますが、これは本物です。

途中ボートとフリーフォールの乗り物型アトラクションもありますので、視覚・聴覚だけでなく体全体でスリルを味わうことのできるテーマパークです。

絞首刑の受刑者になったような気分になれる乗り物や様々な拷問用具を体験できたりと、ホラー好きは見逃せません!

【魅力・見どころ!】

〖中世のエレベーター〗

「ロンドン・ダンジョン」にある中世のエレベーター「ジェスター」に乗り込むと、1000年におよぶ恐怖のツアーが始まり、もう逃げることはできません。

見どころ満載のツアーが始まる前には、しっかりと心の準備をしましょう!脅すわけではありませんが、「ロンドン・ダンジョン」は怖すぎると有名です。

〖暴君の小船〗

暗く恐ろしい暴君「ボート・ライド」で、「ヘンリー8世」の背筋も凍る恐怖支配を体験しましょう!

イングランド王「ヘンリー8世」の家来「ブラック・ジェスター」は、国王の2番目の王妃「アン・ブーリン」と共謀した罪で死刑が確定していました。これからその「ジェスター」と一緒に小船に乗ってテムズ河を下ります。

行き先は「ロンドン塔」、「ジェスター」が外の空気を吸うのもこれが最後となり、この小船は無事に辿り着くでしょうか。霧が深く川は「ジェスター」の運命を象徴するかのように荒れています。

〖ガイ・フォークス〗

1605年11月5日、ロンドンの「国会議事堂」で起きた事件を知っていますでしょうか。俗に「火薬陰謀事件」と呼ばれるクーデターの未遂事件が起こった日です。

事件の犯人とされたのはカトリック教徒の「ガイ・フォークス」。このアトラクションでは特殊効果を使用し、10日間に及ぶ拷問のあいだには何が起こったのかを体験することができます。

ちなみに、英語で男性のことを「ガイ」と表現しますが、これはこの「ガイ・フォークス」がその由来となったそうです。

〖拷問〗

このアトラクションでは拷問官に扮したキャストが実際に檻に入ってくれる志願者を募ります。せっかくなので名乗りを上げてみましょう!とても面白い体験をすることができますよ!

拷問と言っても、「科学技術」・「生理学」・「心理学」などの専門知識を用いて、時代ごとに違った方法がとられ、詳しくはキャストが紹介してくれます。

拷問が完全に廃止されたのは19世紀のことで、まだそう遠くない昔には今の時代では考えられないような酷いことが行われていたのだと、少しゾッとする体験をすることができます。

〖黒死病の医師〗

1665年から1666年にかけて、イングランドでは猛威をふるった伝染病「ペスト」が大流行し、ロンドンではわずか18ヶ月のあいだに10万人が「ペスト」にかかって死亡したと言われています。

これはなんと当時のロンドンの人口の4分の1にあたり、これを媒介していたのがドブネズミでした。今でもネズミに過剰反応をするイギリス人が多いのはこの時代の名残かと思われます。