• 私の旅行記

イギリス ロンドン ロンドン自然史博物館

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドンの「サウス・ケンジントン」にある自然科学の博物館「ロンドン自然史博物館(Natural History Museum)」です!

ロンドンには数多くの博物館・美術館がありますが、中でもトップクラスの人気を誇るのが「ロンドン自然史博物館」なのです。

博物館全体の所蔵品はなんと8000万を越え、年間500万人以上が訪れる大人気の博物館となっています。

世界中から集められた動物の剥製、昆虫の標本など、数億点ものコレクションが所蔵され、特に迫力満点の動く「ティラノサウルス」や「恐竜の化石」が展示されている「恐竜コーナー」は見逃せません!

見学しながら学べる工夫で、敷地内には「科学博物館(サイエンス・ミュージアム)」が隣接し、東には「V&A博物館」、北には「インペリアル・カレッジ・ロンドン」などが集まるアカデミックなエリアにあり、学生やファミリーの観光に大変おすすめです!

何十億年にも遡る生物の歴史を一部有料エリアはありますが、ほぼ入場料無料で楽しむことができます。通常の展示コーナーは写真撮影OKなので、思い出に残ること間違いなしです。

今回はそんな「ロンドン自然史博物館」の基本情報・魅力・見どころ・アクセス・お土産・カフェなどについて詳しくご紹介させていただきます。

【基本情報】

〖歴史〗

「自然史博物館」は、「大英博物館」の一部門として1881年4月18日に開館しました。

「大英博物館」から正式に独立するのは1963年ですが、1992年に「自然史博物館(Natural History Museum)」の名前になりました。そうしたことから日本では長らく「大英自然史博物館」と呼ばれていました。

「大英博物館」は1759年の開館(一般公開)ですが、設立は1753年に遡ります。この年に世界各地の幅広い文物・遺物・美術・工芸などを収集していた医師の「ハンス・スローン」氏が亡くなり、そのコレクション71,000点以上を破格の2万ポンドで政府が買い取り、「大英博物館」の設立へとつながりました。

この時の資料には自然史系のものがかなり含まれており、そういう意味では「自然史博物館」の開館年=「大英博物館」の開館年ともいえるでしょう。

その後、自然史系資料が増えていくにともない、新しい建物の必要性が高まり「大英博物館」開館のおよそ110年後に新しい建物=分館が「サウス・ケンジントン」に建設されることになりました。

建物は1873年に着工し1880年に完成。1881年にオープン。1986年には隣接していた「地質学博物館」を吸収合併し、1989年には二つの建物をつなぐ回廊「今も見られる痕跡(Lasting Impressions)」が完成しました。

開館以降の建築で特に目を引くのが、2009年にオープンした現代的な建築の「ダーウィン・センター」でしょう。

ここでは、植物や昆虫などの標本を収蔵するとともに、200人以上(館全体では300人以上)の科学者が最先端の機器を使用して調査研究を行っています。研究室は一部がガラス張りになっていて見学することもできます。

「英国国営放送BBC」や出版物との連携も多く、英語を武器に影響力は世界中に広がっており、老舗は常に最先端を走り続けています。

〖開館時間〗

10:00~17:50(最終入場は17:30)

〖休館日〗

12/24、12/25、12/26

〖入場料〗

無料 ※特別展は有料

〖所要時間〗

見学にかかる所要時間は、ポイントを絞って回れば1時間、博物館全体を見て回るなら2時間、ゆっくり回るなら3時間以上が目安となります。

また「自然史博物館」は家族連れに人気のため、特に土日や夏休みの7~8月は混雑しています。入場時には並ぶことも多いので、比較的空いている朝一番または夕方頃に訪れるのがおすすめです!

〖アクセス〗

「ロンドン自然史博物館」は、地下鉄「サウスケンジントン駅(South Kensington)」から徒歩5分とアクセスしやすい場所にあります。

「サウスケンジントン駅」には、「ピカデリー線」・「サークル線」・「ディストリクト線」の3路線が乗り入れています。

「サウスケンジントン駅」から「自然史博物館」までは、地下道を歩いて行くことができます。改札を出ると「Natural History Museum」と書かれた看板があるので、それに従って歩きましょう。

5分ほど歩くと、左手に出口がありますので、階段を上って地上に出れば「自然史博物館」に到着です。

この場所には、「自然史博物館」・「科学博物館」・「ビィクトリア&アルバート(V&A)博物館」の3館が隣接していますが、どれも超巨大な施設なので全て行きたい方は最低でも2日間に分けて行きましょう。

〖入場:ヒントホールの見どころ!〗

「ロンドン自然史博物館」には、「正面」・「東側」・「西側」と3つの「エントランス」があります。

「クロムウェル・ロード」にある正面入口は混んでいるため、「エキシビション・ロード」にある東側入口から入場するのがおすすめです!

入館するとすぐ右手に「クロークルーム」があります。「クロークルーム」は「東側」・「西側」・「正面」入口の3か所にあり、料金は「バッグ:£2.50(4kg以下)」・「バッグ:£5(4kg以上)」・「コート:£2」・「傘:£1」です。

※スーツケースは持ち込めないので注意して下さい。

【シロナガスクジラの骨格】

最近まで、「ロンドン自然史博物館」といえば、「恐竜・ディプロドクス」の骨格標本、愛称「ディッピー」がお出向けしてくれたことでも知られていました。

1905年にアメリカの「鉄鋼王・アンドリュー・カーネギー」から寄贈されたもので、およそ40年にわたって「自然史博物館」の「エントランスホール」の名物として来場者を迎えてきましたが、2018年からはじまるイギリス各地を巡るツアーのため、2017年1月に取り外されました。

そして現在新しく自然史博物館の「顔」を務めているのが、全長25.2メートルにおよぶ「シロナガスクジラ」の骨格。2015年までは哺乳類ギャラリーで部分的に展示されており、「ヒントホール」に移動する試みは3年がかりで行われたそうです。

大海を潜水するかのような動きを感じさせるポーズはどの角度から見ても美しく、かつて泳いでいたこのクジラの雄大な姿を連想することができます。

「ディッピー」は、2020年末からブロンズ像として博物館の外に展示される予定となっています。

また、「ヒントホール」は展示物以外の見どころもたっぷりあります!「階段手すり」・「柱」・「天井」など、とにかくじっくり観察してみてください!

想像以上に細かく繊細なレリーフ、動きあふれる楽しい彫刻たち、空間を彩る絵画やステンドグラス、、、見どころは無限に見つかっていきます。

【チャールズ・ダーウィンの石像】

「ヒントホール」の守護神のように鎮座するのは、言わずと知れた「チャールズ・ダーウィンの石像」。

生物の進化論を発表し、「種の起源」を出版。ロンドンの「ウェストミンスター寺院」に埋葬されています。

ちなみに、「ダーウィン」は有名陶器メーカー「ウェッジウッド」創設者の孫なのだそうです。

【セコイアデンドロン(別名:ジャイアントセコイア)】

この木は世界最大の樹木「セコイアデンドロン(別名:ジャイアントセコイア)」です。

展示してあるものは樹齢1300年以上で、高さはなんと60mもあったそうです。(この種は50~85mが平均ですが、最大で94.8mの記録があります)

これは「自然史博物館」の建物の一番高い塔をも超える高さで、外から館を眺めた時に姿を想像してみると楽しいですね。

この他にも、外のファサードにもたくさんの装飾、大きな彫刻が至る所に鎮座しており、見どころはたくさん!建築を楽しみたい方は、まず周囲をぐるりと一回りしてみても良いでしょう。

【館内:4つのゾーン構成】

「ロンドン自然史博物館」は、「レッド」・「グリーン」・「ブルー」・「オレンジ」の4つのゾーンに分かれています。

  1. レッドゾーン:人類の進化、地球の地質地形、地震や火山噴火について

  2. グリーンゾーン:鳥、植物、昆虫、鉱物など

  3. ブルーゾーン:恐竜、人間の体、ほ乳類、魚類、爬虫類など

  4. オレンジゾーン:研究センター、ワイルド・ライフ・ガーデン(夏季限定)​

また、館内では無料Wi-Fiが利用でき、展示物の写真撮影は許可されています。

「フロアマップ」は用意されていないので、事前に【公式サイト】からダウンロードしておくといいでしょう。

【ブルーゾーン:魅力・見どころ!】

〖恐竜コーナー〗

「ブルーゾーン」は「エントランス」入って左手にあり、4つのエリアの中でも1番の人気を誇ります。

特に「ブルーゾーン」の中でも「恐竜コーナー」はとにかく混み合うことで有名なので、入場したら一番最初に見学するのがおすすめです!

【恐竜の頭蓋骨】

いつの時代、どのエリアにどんな恐竜が住んでいたのかを詳しく知ることができるスペースで、リアリティ溢れる恐竜の映像が流れており、上には大きな恐竜の頭蓋骨があります。