• 私の旅行記

イギリス ロンドン ヴィクトリア&アルバート博物館:基本情報・見どころ・アクセス・お土産・カフェまで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、世界中から集められた美術工芸品を数多く所蔵する博物館「ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A博物館)」です!

コレクションは多岐に渡り、「陶磁器」・「家具」・「衣装類」・「ガラス細工」・「宝石」・「金属細工」・「写真」・「彫刻」・「織物」・「絵画」など3000年余りにおよぶ世界文明の遺物が4万点以上も展示されています。

また館内には、世界初のミュージアム併設カフェ「V&Aカフェ」があるので、優雅な雰囲気の中で食事を楽しめるのも魅力です!

今回はそんな、「ヴィクトリア&アルバート博物館」の基本情報・魅力・見どころ・アクセス・お土産・カフェなどについて詳しくご紹介させていただきます。

【ヴィクトリア&アルバート博物館:基本情報】

「ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A博物館)」は、芸術とデザインを専門分野とし、そのコレクションの質と内容の豊富さにおいて世界に並ぶものがないと言われます。

常設陳列品に加え、種々の「新展示会」・「展示品」・「アクティビティ」・「催し物」なども企画されています。

更に「V&A」の姉妹館「Museum of Childhood」は「べスナルグリーン」にあり、入館は無料です。➡️公式サイト:www.museumofchildhood.org.uk

〖開館時間〗

10:00~17:45(金曜は10:00~22:00)

※「地下鉄サウスケンジントン駅(South Kensington)」から「ヴィクトリア&アルバート博物館」への地下通路の入り口は、10:00~17:30にご利用になれますが、時にロンドン地下鉄の一存で閉鎖されることもあります。

〖休館日〗

12/24、12/25、12/26

〖入場料〗

無料(特別展は有料)

「特別展覧会」への前売り券は、お電話(+44 (0) 870 906 3883)もしくは「V&A」の【公式ウェブサイト】にアクセスし、オンラインにてお求めください。

また、特定の時間に「有料展覧会」への入場を希望の方は、前売り券をご入手ください。前売り券購入には手数料がかかります。

電話およびオンラインでの前売り券発売は、入場予定時間の48時間前までとなります。

当日券もしくは前売り券を同館で購入される場合は、手数料はかかりませんが、売り切れの場合がありますので注意しましょう。

※12歳以下のお子様、身体障害者とその介護者(2人まで)、「ICOM」もしくは「Museums Association」のカード保持者は入場無料。

〖所要時間〗

「ヴィクトリア&アルバート博物館」には146室ものギャラリーがあるため、どれだけ見学するかによって所要時間は変わってきます。

博物館全体を一通り見て回るには、2~3時間くらいが目安となり、また「V&Aカフェ」でランチを楽しむなら、プラス1時間はみておきましょう!

〖アクセス〗

「ヴィクトリア&アルバート博物館」は、「地下鉄サウスケンジントン駅(South Kensington)」から徒歩5分とアクセスしやすい場所にあります。

「サウスケンジントン駅」には、「ピカデリー線」・「サークル線」・「ディストリクト線」の3路線が乗り入れています。

駅から博物館までは、地下道を歩いて行くことができ、改札を出ると「V&A Museum」と書かれた看板があるので、それに従って歩きましょう。

5分ほど歩くと、右手に「way out(出口)」と書かれた看板があります。

地上に出て右へ進むと「ヴィクトリア&アルバート博物館」に到着し、正面入口は「クロムウェル・ロード」、西側入口は「エキシビション・ロード」に面しています。

正面入口から入場すると、ガラスのオブジェが印象的な「エントランスホール』があり、ホールには「インフォメーションセンター」や「特別展」の「チケット売り場」があります。無料の「館内マップ(£1の寄付金制)」もここで貰うことができますよ!

【バスを利用する場合】

「C1番」・「14番」・「74番」 ・「414番」が「Cromwell Road」正面入口前に停車し、ロンドン観光2階建てバスによる「オープンツアー」でも「V&A」前で乗降できます。

公共交通機関ご利用の際は、「Transport for London」発行の「Journey Planner」をご参照ください。

ロンドンの最新交通情報は、「Transport for London」の公式サイト:www.tfl.gov.ukから。

【徒歩でアクセスする場合】

「ハロッズ」・「ナイツブリッジ」・「ハイドパーク」から歩いて10分ほどです。

〖手荷物検査〗

「ヴィクトリア&アルバート博物館」は、「手荷物検査」や「セキュリティ」が他の博物館などに比べて甘い印象です。

博物館に入館し、「手荷物検査」する係の人はいるのですが、大きさ・規模だけで言えば「大英博物館」に勝るとも劣らない。それなのに「手荷物検査」の方は「クロムウェルロード」側にたった2人、「エキシビションロード」側にたった1人のみ。

入場無料、開館前はともかく開館時間中は入場に長蛇の列はなく、「ボディー・手荷物チェック」がほぼなく、理屈から行けば何回出入りしても構わないといった感じです。

〖写真撮影〗

写真撮影は可能ですが、「三脚」は使わない方がいいでしょう。

〖設備〗