• 私の旅行記

イギリス ロンドン 大英博物館:見どころ18選!基本情報・施設案内・アクセス・お土産まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月28日


こちらは、ロンドンの数あるミュージアムの中でも王道中の王道「大英博物館」です!

大英帝国最盛期の18世紀から19世紀にかけて世界各国から集められた、貴重な発掘物や美術工芸品など約800万点をも収蔵する世界最大級の博物館です!

ロゼッタストーンやパルテノン神殿の彫刻など、最高級の本物の発掘品が集まっており、大英博物館を一周すれば世界史の大半がカバーできると言っても過言ではないほど充実しています。

今回は、これだけは絶対に押さえておきたいという「大英博物館」の見どころを20点に厳選しました!

また広い博物館を効率良く見学するには、あらかじめ館内施設やポイントを押さえておくことが大切です。アクセス・開館時間・所要時間・入場料・見取り図・お土産など、実際に訪れて分かった大英博物館の情報を詳しくご紹介させていただきます。

【大英博物館の基本情報】

〖歴史〗

「大英博物館」の古今東西からなる貴重な展示は、中世から力を持ち、産業革命後急速に成長した大英帝国のできる業です。

その歴史的価値ある品々の多くは、戦争や植民地からの略奪品とされており、「大英博物館」の展示物の起源は、古美術収集家の医師「ハンス・スローン」の収集品です。

医師でありながら、個人としては当時最大の博物学的収集品を持つ収集家であった「スローン」は、遺言で、収集した美術品や稀覯書8万点の収蔵品を、一括管理し一般人利用することを指示しました。

「イギリス議会」は、国に所有されていた「コットン蔵書」と売りに出されていた「ハーレー蔵書」を合わせて収容する博物館を設立することを決定。

1753年に設立され、1759年1月15日に一般公開が始まりました。

1823年に「ジョージ4世」が父親から相続した蔵書を寄贈したことを契機に、今の「キングズライブラリー」が増設され、1857年には「大英博物館」を象徴する建造物となっている円形閲覧室が中庭の中央部に建設されました。

〖アクセス〗

「大英博物館」はロンドン中心部「ソーホー」や「コヴェント・ガーデン」の北部に位置しています。

「大英博物館」へは、以下4つの地下鉄駅から徒歩でアクセスできます。

博物館のメインゲートに近い駅は、「ノーザン線」と「セントラル線」が乗り入れる「トッテナムコートロード駅」、「ピカデリー線」と「セントラル線」の「ホルボーン駅」になります。

・「トッテナムコートロード(Tottenham Court Road)駅」から徒歩5分

・「ホルボーン(Holborn)駅」から徒歩5分

・「ラッセルスクエア(Russell Square)駅」から徒歩10分

・「グージストリート(Goodge Street)駅」から徒歩10分

「メインゲート」に一番近いのは、「トッテナム・コート・ロード駅」になります。

〖入場料〗

「大英博物館」は入館無料です。ロンドンの美術館・博物館は基本的に無料のところが多く、維持・管理のために2〜5£の寄付が推奨されています。

寄付箱へ寄付するか、館内のカフェやショップを利用して、博物館に貢献するのが良いでしょう!

また、入館時にはセキュリティのために係員にバッグの中身を見せる必要があります。

「大英博物館」の門をくぐったら、人の流れに乗って左手にお進みください。そこにセキュリティチェックのためのスペースが設けられています。

なお、持ち込み可能なバッグの最大サイズは40x40x50cm。スーツケースなどの大きな荷物を持って入ることはできず、クロークでも預かってもらえないのでご注意ください。

〖開館時間・休館日〗

「大英博物館」は毎日開館しています。

開館時間:10.00〜17.30(金曜は10:00~20:30)

※一部のギャラリーは、閲覧時間が短時間の予告で制限される場合があります。

※毎金曜日は開館時間を延長している展示室もあります。

休館日:1/1、12/24、12/25、12/26

〖オーディオガイド〗

貸し出し:7£

貸し出し場所:入口正面

言語:英語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、日本語、中国語の10カ国語

利用時間:毎日10:00~16:30 (金曜は19:30まで)

※ 貸出料金の他、端末の返却保証としてパスポート、運転免許証、クレジットカード等の身分証明書の一時預けが必要となります。

大英博物館の展示物は歴史的・文化的価値が極めて高いものの、解説なしでは理解しにくいものが多いため、日本語ガイドを利用するのがおすすめです!

2時間以上かけてじっくりと鑑賞したい人向けとなっていますので、英語が得意な人は、英語の無料ツアーやギャラリートークを利用すると良いでしょう。

入り口を抜けると「グレート・コート」と呼ばれる美しいホールが広がっており、左手にある、入り口から最も近いデスクでは有料の「カラーマップ(2ポンド)」や詳細な「ガイドブック」が販売されています。

反対方向の右手にむとラックがあり、こちらでは無料の白黒マップを入手できますが2ポンドの寄付が推奨されているため、同じ金額を払うならば有料のカラー版の方がおすすめです!

そして、「グレート・コート」の左手にさらに進むと、ここに「オーディオガイド」が借りられるコーナーがあります。

大英博物館公式サイト・ツアー紹介ページ(英語)

〖所要時間〗

「大英博物館」には15万点以上もの展示物があるため、どれだけ見学するかによって所要時間は変わってきます。

一番人気の「ロゼッタストーン」周辺だけを見るなら1時間くらいから、おすすめの見どころ20選を回るなら3時間くらいが目安です。