• 私の旅行記

イギリス ロンドン 大英図書館

更新日:2020年12月28日


こちらは、イギリス最大かつ世界最大級の約2億点もの資料を所蔵する、世界で最も重要な研究図書館であり、世界的な図書館の一つである「大英図書館(The British Library)」です!

「大英図書館」は、イギリスの国立図書館で別名「英国図書館」とも言われ、ロンドンの「セント・パンクラス」に本館、「ウェスト・ヨークシャー」の「ボストン・スパ」に分館が置かれている。

ここには、250年もの歴史を誇る膨大な書物が保管保存されており、一部はデジタル化され歴史的に貴重な書籍も内容が見られる工夫もされている。

あらゆる言語の「書籍」から「雑誌」・「新聞」・「パンフレット」・「音源」・「特許」・「地図」・「切手」・「版画」など多岐にわたる蔵書が保存され、法定納本制度のもと、イギリス及びアイルランドで出版された書籍は全てここに一部保管される納本図書館でもあります。書架の長さをつなぎ合わせると、なんと全長 400 マイル(約 650km)になるとか!

同時に、一般の観光客でも簡単な荷物チェックだけで入れたり、無料の常設展と有料の特別展、カフェやギフトショップなどがあったりと、非常にオープンな雰囲気の施設でもあります。

今回はそんな、「シェイクスピア」や「ダヴィンチ」、「ネルソン・マンデラ」、「ブロンテ姉妹」、「モーツァルト」、「ビートルズ」など 本好きや音楽好きにはたまらない空間が広がっている「大英図書館」の基本情報や常設展、企画展、おすすめの館内カフェなどについて詳しくご紹介させていただきます!

【大英図書館:基本情報】

〖歴史・概要〗

元は1753年に設立された「大英博物館図書部」が、1973年にロンドンにある他の国立図書館とともに組織的に統合、「大英図書館」が設立され、1998年に現在の建物に移転しました。

1842年以降に英国で出版された書籍を保存しており、亡命中の「カール・マルクス」が通い詰めていた事でも知られ、彼の著書【資本論】は本館の蔵書を元に執筆されました。

1840年当時は、イギリスには公営の図書館というものがなく、書物は自分で購入するか「大英博物館」の「図書閲覧室」にある本を読むのが一般的でした。

読みたい書籍をすべて購入することは経済的に不可能だったので、歴史家の「トーマス・カーライル」は「大英博物館」の「図書閲覧室」で文献にあたっていたそうですが、部屋には本を読みたい人があふれて窮屈で、満席で本を満足に読めないことも多く不満を抱えていました。

さらに、自分の読みたい書物が少ないという蔵書のラインナップにも不満を抱えていた「カーライル」は、それならばと私設の図書館を開設することを決め、1840年に「カーライル」は「フリーメーソン・ターバン(現・フリーメーソン・ホール)」で聴衆に対して「民衆が利用できる図書館」の必要性を訴えるスピーチを行い、書籍購入費用の寄付を募り始めました。

「カーライル」の訴えは多くの民衆の支持を集めることに成功し、1841年5月までに十分な資金を調達して、会員制の私設図書館である「ロンドン図書館」がオープンしました。

会員名簿の593番目には進化論の「チャールズ・ダーウィン」の文字。そんな「ダーウィン」をはじめ、小説家の「チャールズ・ディケンズ」・「ハリエット・マーティノー」・哲学者の「ジョン・スチュアート・ミル」などが創業時からの会員で、その後も「ウィンストン・チャーチル」や「アーサー・コナン・ドイル」などの多くの著名人が会員名簿に名を連ねています。

ゆっくりと書籍を読める「ロンドン図書館」は、イギリス中の愛読家を集めることに成功しましたが、それは落ち着いて読書をできる静かな空間を提供していただけでなく、優れた蔵書システムにも理由がありました。

1893年から1940年の間、「ロンドン図書館」の蔵書責任者を務めた「チャールズ・ハグバーグ・ライト」が考案した書籍管理システムでは、徹底的にタイトルのアルファベット順で書籍を配置されたとのこと。そのため「inn(宿)」の次に「insanity(狂気)」が並べられたり、「fools(馬鹿)」の次に「football(サッカー)」が並べられるという具合でしたが、このおかげで書籍をぶらぶら探しては、思わぬ「ヒット」に出くわすという楽しみがあったそうです。

175年という歴史を誇る「ロンドン図書館」ですが、その歴史のわりには建物は「歴史」を感じさせません。

その大きな原因は、1944年にドイツ軍の爆撃を受けて建物が大きく損壊したためで、爆弾は当時のロンドン図書館の5階部分を破壊して、宗教や伝記など1万6000冊の書物を喪失させました。爆撃によって焦げた書物もあり、皮肉なことに失われた書物の中にはドイツの教会の歴史に関する書籍が大量に含まれていたそうです。

こちらは、爆撃の被害を受けなかったフロアの様子。棚から書物が落ちましたが、消失の悲劇は回避できました。ちなみに「ロンドン図書館」に今も置かれている「カーライル像」の首の部分にはつなぎ目があるとのこと。

これは、この爆撃によって「カーライル」の首が吹き飛ばされて、破片を片付けていたアメリカの軍人によって数日後に発見され、修復された名残だそうです。

「ロンドン図書館」は今も会員制で図書を閲覧することが可能で、「ロンドン図書館」が設立されてから9年後の1850年にイギリスでは図書館を公費で運営する図書館法が制定されており、ロンドン図書館は一般的な公営図書館のルーツと言える存在なのです。

〖開館時間〗

【ビル(フリーエントランスホールエキシビジョン、メンバーズルーム含む)】:

月曜日~木曜日:09:30 - 20:00

金曜日:09:30 - 18:00

土曜日:09:30 - 17:00

日曜日:11:00 - 17:00

【パブリック・ホリデー】: 11:00 – 17:00

【エキシビジョン、ギャラリー、ショップ】:

月曜日・水曜日〜金曜日:09:30 - 18:00

火曜日:09:30 - 20:00

土曜日:09:30 - 17:00

日曜日:11:00 - 17:00

※トレジャーズ・ギャラリーは火曜日~木曜日は20.00まで。

〖休業日〗

年中無休

〖入場料〗

入館料・トレジャーズギャラリーは無料。

その他、企画展(エキシビジョン)によって有料の場合があるので要確認。

〖大英図書館の利用方法〗

「大英図書館」は一般の公共図書館とは大きく異なり、基本的に本の貸し出しは行っていません。本を閲覧できる読書室に入室することができるのは、「読者パス(Reading Pass)」の保持者のみ。

読書室の開放された本棚に置かれているのは、一般的な参考資料や最新の科学およびビジネス書のみで、コレクションのほとんどは保管場所にあり、別途閲覧の申し込みが必要となっています。

ただし観光客で利用される方は少ないと思うので、今回は申請方法などは省略させていただきます。

カフェや展覧会、ショップ利用時にはパスは必要ありません。

※長期滞在の方は作ることをおすすめします!※

館内は「フリーWifi」で、すべての机にはライトとコンセントがついているのでPCを持って行って仕事や勉強ができます。

だいたい9:30から20:00くらいまで開いているので、思う存分仕事や勉強が無料でできるわけです。そのためロンドンに住んでいるワーホリ・留学生の皆さんは特に、「大英図書館」の「リーディングカード」を作ることをおすすめします。

【Wi-Fiが繋がりにくいときに!】

Wi-Fi環境は一度オンライン登録すれば、無料で使用可能です。もちろん身分証明書などの資料も必要ありません。

ただし、「大英博物館」のWi-Fiは意外と繋がりにくいのです。一度繋いでしまえば、安定しているのですが、繋ぐまでなかなかログインページに飛べないときがあります。

そんなときはURL「8.8.8.8」にアクセスすれば、うまく繋がる可能性が高くなります!ちなみにこの方法、ログインが必要な公共Wi-Fiすべてに応用可能ですので、ぜひお試しを!

〖アクセス〗

「大英図書館」は、ロンドン中心部に位置しており、地下鉄「キングス・クロス・セント・パンクラス駅(King’s Cross St. Pancras Station)」から徒歩2分、「ユーストン駅(Euston Station)」からは徒歩5分、「ユーストン・スクエア駅(Euston Square Station)」からは徒歩10分。

「キングス・クロス・セント・パンクラス駅」は、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」で「ホグワーツ特急」の出発ホームのロケ地として有名になりました。

「9と3/4番線」でハリー・ポッター気分を楽しんだ後に訪れるにもぴったりの好立地と言えます。

また、宮殿のような外観を持つ「セントパンクラス国際駅(St. Pancras Internacional)」が隣接しており、「キングス・クロス駅」はスコットランドやケンブリッジを結ぶ路線の始発駅でもあります。

「国際列車ユーロスター」をはじめ、「ドーバー」や「カンタベリー」方面への高速列車、イングランド中東部などへの長距離列車が乗り入れています。

この地を起点とした旅行プランを考え、訪問してみるのも時間の有効活用としておすすめです!

「大英図書館」入り口には「BRITISHLIBRARY」の文字がありますので、お見逃しなく!黒一色で統一されたデザインはとてもオシャレで、レンガ造りの壁のアクセントにもなっています。

下に行くほど文字が太くなるというデザインで、かなり凝った造りになっていますね。

更に巨大な「ニュートン」の像は迫力満点!最初見たときには「ニュートン」の像とは思えないかもしれません。

コンパスを使っている様子らしいですが、あまりにも巨大なため近くで見ると相当な威圧感があります。ロンドン市民にとっては見慣れた光景なのか、地元の人は誰一人見向きもしません。

観光客の方は記念撮影は忘れないようにしましょう!

【バスでの行き方】

「バス」で向かう場合ですと、最寄りとなるバス停は「British Library」となります。

バス停に停車するのは「10」・「30」・「59」・「73」・「91」・「205」・「390」・「476」などの路線です。

〖注意事項〗

「大英図書館」は、開館した直後は相当混雑するため注意が必要です。また、荷物が大きいと入り口で止められてしまうので、なるべく少ない荷物で向かうようにしましょう。

56cm×45cm×25cm以上の大型の手荷物は持ち込み禁止(ベビーカーや折りたたみ自転車、歩行補助用の杖などはOK)。それ以内の荷物であれば持ち込みが可能で、地下1階にあるクローク(日曜日は利用不可)やロッカーに預けることもできます。

また、「キングス・クロス駅」でも、有料ですが荷物の預かりサービスもありますので、スーツケースを持っている場合はそこで預けましょう。

〖公式サイト〗

https://www.bl.uk/

【魅力・見どころ!】

目玉というべき「常設展示室(The Sir John Ritblat Gallery)」には:

-「マグナ・カルタ」

- ビートルズ自筆の「歌詞」の走り書き

-「ダ・ヴィンチ」や「ミケランジェロ」の手描きのノート

-「モーツアルト」の自作目録・楽譜とコンスタンツェとの結婚証明書

-「不思議の国のアリス」の手書き原稿

-「シェークスピア」のファースト・フォリオ

-「ヘンデル」のメサイアなどの自筆楽譜

- ヘンリー八世から、娘であるエリザベス(後のエリザベス一世)へ贈られた「お祈り帳」

など、さまざまなアイテムが公開展示されています。