• 私の旅行記

オーストラリア シドニー コアラ・パーク・サンクチュアリ

更新日:2020年12月30日


こちらは、オーストラリを代表する生き物である「コアラ」の絶滅する怖れを感じ、「サンクチュアリ」(保護区)として1930年10月にオープンした私有の野生動物公園「コアラ・パーク・サンクチュアリ(Koala Park Sanctuary)」です!

「コアラ・パーク・サンクチュアリ」は、世界で初めて設立されたコアラパークで、最大の保護施設としてギネス認定もされています。

今回はそんな、「コアラ・パーク・サンクチュアリ」について詳しくご紹介させていただきます!

【コアラ・パーク・サンクチュアリ:基本情報】

〖歴史・概要〗

「コアラ・パーク・サンクチュアリ (Koala Park Sanctuary) 」は、1930年10月にオープンした小さな動物園(2万8000平方メートル)。

元々はコアラの毛皮を目的とした狩りから守るべく、「Noel Burnet」という創設者により建設された本当に小規模の園でした。

現在は少しづつその規模を大きくし、コアラ以外にも、カンガルー、ウォンバット、ディンゴ、インドクジャクなどを飼育しています。

【シドニーのコアラとの触れ合いのルール】

シドニーのニューサウスウェールズ州ではコアラを抱っこすることが禁止されています。

ですが、「コアラ・パーク・サンクチュアリ」では抱っここそできないものの、コアラと触れ合ったりとても近い距離でかわいい姿を見ることができます。また、写真撮影もできるため、旅の最高の思い出になること間違いなしです!触れ合えるほどすぐ近くまで行けるのはシドニーでも「コアラ・パーク・サンクチュアリ」と「フェザーデール・ワイルドライフ・パーク」だけですよ!


〖住所〗

84 Castle Hill Road, West Pennant Hills, New South Wales, 2125

〖電話番号/ファックス〗

(02) 9484 3141

〖営業時間〗

9:00~17:00

※17:00時閉園となりますので、お早めの入場をおすすめします。

〖定休日/休業日〗

なし/クリスマス

〖入場料〗

大人:28 AUD 子供:15 AUD


〖アクセス〗

【電車・バス】

シドニー中心部から「電車」と「バス」でのアクセスする方法はとてもシンプルです。

所要時間は約50分程度とやや遠めですが、行き方はとても簡単なのでご安心を!

まず初めにシドニー中心部の主要駅「Townhall(タウンホール)駅」へ向かいましょう!駅の改札を出たら「5番出口」から外に出ます。

「5番出口」から地上に上がると「シドニー市庁舎」に出ますので、この「シドニー市庁舎」を左手に右斜め前に進み「Druittストリート」へ出ます。

「Druittストリート」を「ダーリング・ハーバー」方面に少しだけ下るように進むと右側にサンドウィッチ専門店の「SUBWAY」が見えてきます。

そのすぐ奥に交差する通りが「Kentストリート」なのですが、この通りから「コアラ・パーク・サンクチュアリ」行きのバスが出ています。

「Druittストリート」から右折して「Kentストリート」に入るとすぐ、左手に「interpro」という会社のビルがあり、この前にバス停があります。

このバス停から「642系統」のバスで「コアラ・パーク・サンクチュアリ」に向かうことができます。

「642」バスは16時~19時間の特別運行便になりますので、「642X」の便で行くと考えておけばOKです!ただし、「642X」のバスは本数が少ないのでその点だけ注意しておいて下さい。


8:30から毎時30分に出発していますので、時間に余裕をもってバス停でスタンバイしておいた方が良いでしょう。

乗るバスはこちらの黄色い車体の「ヒルズバス」で、バスの扉が開いたら「オパールカード」をタップオンして出発までバス内で待ちましょう!

バスが出発したらあとは約50分間乗りっぱなしです。高速道路のような道を降りて一般道に降りたら下車の準備をすると覚えておいて下さい!

問題は降車場所なのですが、「コアラ・パーク・サンクチュアリ」の前にはこのような小さめの看板があるのですが、これを見逃さないようにしてバスストップボタンを押して降りなければなりません。

「コアラ・パーク・サンクチュアリ」のすぐ目の前にバス停があるので、可能な方はスマホのマップを見ながらバスに乗ると安心です。

最も確実なのはドライバーさんに「コアラ・パーク・サンクチュアリ?」と声をかけておくと、降車場所で教えてくれます!ただし、100%教えてくれるとは限らないので「ドライバーさんに声をかける」+「自分でも降りる場所・タイミングを把握しとく」をするようにしましょう!

最悪降り逃しても1つ先のバス停から歩いて戻ることも可能ですので、そんなに心配しなくても大丈夫です。この白い外観の建物が「コアラ・パーク・サンクチュアリ」になります。

帰りは、「コアラ・パーク・サンクチュアリ」前のバス停から 行きと反対方面に向かう「642系統」のバスに乗るだけでOKです!出発時に乗った「タウンホール」のバス停まで向かってくれます。


【レンタカー】

シドニー中心部の「シティ」から「ハーバーブリッジ」を渡り、「M2」を「エッピング」方面へ!

「ペナントヒルズ」の出口で「M2」を降りて「Cumberland Hwy」を右折。「Castle Hill Rd」を左折して3分ほど進んだ右手に「コアラ・パーク・サンクチュアリ」が見えます。

※シドニー中心地から車で約1時間。


〖公式サイト〗

https://koalapark-sanctuary.com.au/

【チケットを購入し入場!】

まずは入り口のチケット売り場で入場券を購入し、「コアラ・パーク・サンクチュアリ」へ入場しましょう!

ここでは、園内マップとチケット控えが貰えますので、こちらのマップを見ながら進んでいきましょう。また、各時間に行われるミニイベントの時間も載っていますので、忘れずにチェックしておいて下さい!

園内はご覧のように横長のつくりとなっているので、左回りでぐるりと一周見て回るのが分かりやすくて良いかと思います。

【魅力・見どころ!】

園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客で賑わいを魅せています!

彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気。また大規模な動物園のように動物を見るために列に並ぶようなこともないため、ゆっくり自分のペースで鑑賞を楽しめることもポイント!

園内はユーカリなどが生い茂り、オーストラリア固有種のレインフォレストを再現しておりマイナスイオンたっぷり。木漏れ日が注ぐ小道を進むだけでも楽しめるのも魅力的です!


〖Kangaroo(カンガルー)〗

オーストラリアと言えば真っ先に浮かび上がるのは「カンガルー」ですよね。「カンガルー」は、この国の代名詞的存在でもあります。

こちらでは放し飼いされた「カンガルー」たちを自由に触ることができます。「カンガルー」は、比較的おとなしいので背中を撫でてもじっとしているので、とても愛嬌があります。

ちなみに、パンやお菓子などは与えないように注意書きされていますが、ニンジンやバナナであればOKですので、持って行って与えるのも良いでしょう。一緒に写真を撮ったりするのも特に問題無いので思う存分自由に楽しんで下さい!

〖Wombat(ウォンバット)〗

オーストラリアの固有種「ウォンバット」ももちろん見ることができますよ。

丸っこくてコロンとした図体がとてもキュート♡「ウォンバット」に会いたいがために、オーストラリアにわざわざ観光客が来るのも納得です!

思う存分癒されて下さいね!

〖Kookaburra(クッカバラ)〗

「ワライカワセミ」という名前で知られる「クッカバラ」は、オーストラリアに生息する大型カワセミの仲間になります。

鳴き声が少し変わっており、人間の笑い声のように鳴くためこのような名前が付いています。横顔がとても綺麗で、普段は間近で見られることが無いのでレアです!

〖Cockatoo(コカトゥー)〗

「コカトゥー」は日本では「キバタン」という名で知られる鳥です。黄色く長いとさかが特徴で、鳴き声もとても大きくて面白い鳴き方をします。

野生でも沢山生息しているので珍しくはないですが、近くで見るととても立派なのでじっくりと観察してみて下さい!

〖Emu(エミュー)〗