• 私の旅行記

オーストラリア シドニー タウンホール:おすすめ観光スポット7選!・おすすめカフェ9選!・おすすめホテル6選!・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月30日


こちらは、オーストラリアでも指折りの歴史と美しさを持つ都市建築物で、シドニー中心部にあり、人気の待ち合わせスポットでもあ「タウンホール(シドニー市役所)」です!

「タウンホール(TownHall)」があるエリアは、オーストラリアの首都シドニーで最もにぎわっている繁華街でもあり、歴史的建造物から最大級のショッピングモールまで幅広く観光名所が存在しているため、一日中楽しめる観光エリア!

今回そんな、「タウンホール」について詳しくご紹介させていただきます!

【タウンホール(シドニー市役所):基本情報】

〖歴史・概要〗

シドニーの政治・経済の中心地である「シティ(CBD・セントラル・ビジネス・ディストリクト)」の一角に立つシドニーの〖ランドマーク〗とも言える「タウンホール」は、1869年に「市庁舎」として建設されたビクトリアバロック様式の建物。

ネオクラシカル様式とフランス風の建築様式をオーストラリア独特のスタイルで融合している「市庁舎」は、シドニーっ子にとって文化と儀式の象徴であり、建物の歴史はシドニー市の歴史と深く結びついています。

現在はシドニー市の「市庁舎」として利用され、大きな時計塔とともに正面の大理石の階段は市民の待ち合わせのスポットとして親しまれており、様々なイベントも開催されシドニー市民の社交の場ともなっています。

「市庁舎」に入る前に、まずは外から見事なファサードをじっくり鑑賞しましょう!建物の外観を覆っている砂岩に彫刻された装飾の中には、初期のシドニー市の紋章や、豪華な屋根に付けられた錬鉄の棟飾りもあります。

「市庁舎」の時計塔は 55 m の高さを誇り、正面の階段は行き交う人を眺めるにはうってつけの場所。ここは「シドニー市長」が名誉市民を出迎える場所でもあります。

現在はコンサートや特別なイベントなどに利用されることが多く、館内には天井の高さが20メートル・2000人規模の巨大なホールがあり、8500本ものパイプが使用されたグランドオルガンが設置されています。

その大きさは1890 年の完成当時で南半球で最大級。ネオクラシカル様式の壮麗なこのオルガンは、現在も定期リサイタルでその音色を響かせ、観客を魅了しています。

シドニーの文化や市民の歴史は、「市庁舎」内のさまざまな企画展で知ることができます。美術品や調度品など、展示されている品々が市の歴史を物語っています。

「シドニー市庁舎」は平日は一般公開され、入場は無料。ただし、建物内の一部のエリアはイベントのスケジュールによって立ち入り禁止になる場合もあります。

また、「タウンホール」の目の前は「タウンホール駅」があり、バスターミナルも隣接しているので、交通の便も大変便利です!

「タウンホール」が面する「ジョージストリート」には「百貨店」・「有名ブランド店」・「レストラン」・「カフェ」が連ねているため、ショッピング・グルメも楽しむことができます。

また、クリスマスシーズンには美しくライトアップされ、シドニーの街を彩る光景にも注目です!


〖住所〗

483 George St., Sydney

〖電話番号〗

(02)92659333

〖アクセス〗

「シティ・レール」の「タウン・ホール(Town Hall)駅」からすぐ。


駐車場は、近隣の道路の限られた駐車スペースのみになります。

〖営業時間〗

月曜日~金曜日:8時00分~18時00分

〖定休日〗

土曜日・日曜日

〖公式サイト〗

https://www.sydneytownhall.com.au/

【タウンホール周辺:おすすめ観光スポット7選!】

「タウンホール」周辺は「CBD(Central Business District)」、つまり中心業務地区と呼ばれています。

「シドニーCBD」はその名の通り、「経済」・「財政」・「文化」の中心であり、多くのオフィスビルや店舗が立ち並んでいます。

市民や観光客でいつも賑わいを魅せる「シドニーシティ」の中心街として「タウンホール」は親しまれており、「タウンホール駅」を起点として徒歩圏内に見どころがたくさんあります!

また、夢見る「ストリートパフォーマー」も多く、一日中賑やか。夜は高層ビルから漏れる明かりや、ライトアップされた歴史的建造物が美しくそびえ立っています。

更に便利な事に「タウンホール駅」周辺のスーパーマーケットやショッピングモールは地下で繋がっているため、雨の日でも濡れる事なく買い物を楽しむ事が可能。シドニーは治安の良いエリアでもありますが、「タウンホール」の街はいつでも混雑しているため、万が一に備えて貴重品には十分注意しましょう!


〖セントアンドリュース大聖堂〗

「タウンホール」のすぐ隣には、ネオゴシック建築の壮大な「セントアンドリュース大聖堂」が建っています。

1819年から1868年にかけて建設された、オーストラリアで一番古い大聖堂で、当時イギリスの植民地だったオーストラリアの象徴とも言える建築物になります。

老朽化が進んだため、1999年から2000年に大規模な改修工事が行われ、現在は建設当時の荘厳さを取り戻し、今もなお親しみのある建物として存在しています。

内部には美しいステンドグラスやパイプオルガンがあり、結婚式場としても人気が高く、また、2006年には「エリザベス女王」が訪問した事でも知られています。

訪れる際は、公式ホームページで「オルガンリサイタル」や「聖歌隊のコーラス」の日程をチェックして行ってください!美しい音楽が聴けるチャンスです!

【基本情報】

セントアンドリュース大聖堂

住所:Cnr of George and, Bathurst St, Sydney NSW 2000

電話番号:+61-2-9265-1661

営業時間:10:00~16:00

定休日:土曜日・日曜日

公式サイト:http://www.sydneycathedral.com/


クイーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)

こちらは、世界で最も美しいといわれるショッピングモール「クイーン・ビクトリア・ビルディング」です!

豊かな歴史と見事な建築様式を持つ世界で、デザイン界の巨匠「ピエール・カルダン」氏が「世界で最も美しいショッピングモール」と絶賛したと言われ、親しみを込めて「QVB(キュー・ブイ・ビー)」の愛称でも呼ばれています。

シドニーの「ジョージ・ストリート沿い」の1ブロック全体を占める「ランドマーク」的存在で、地下2階・地上4階建ての建物には、200店舗以上のシドニー随一のファッションブティック、ジュエリーショップ、ホームウェア、楽しいカフェやレストランが入っています。

建物の内装がとにかく美しく、とても優雅な雰囲気。柱や天井のドームやアーチ、階段の手すりなどのディテールが素晴らしく、フォトジェニックな場面がたくさんあります。

正面入り口前に設置されたブロンズ製の「ビクトリア女王の像」は、1985年にアイルランドから贈呈されたものです。待ち合わせスポットにもなっている有名な場所です。

【基本情報】

クイーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)

住所:455 George St., Sydney

電話番号:(02)92649209 /

アクセス:シティ・レールの「タウン・ホール(Town Hall)駅」直結。

駐車場:有(有料)

営業時間:

月曜日~水曜日・金曜日・土曜日:9:00~18:00

木曜日:9:00~21:00

日曜日:11:00~17:00時 

【1~2階】:10:00~18:00/日曜日:11:00~17:00

※お店により異なります。

定休日:なし

休業日:クリスマス、元旦

公式サイト:http://www.qvb.com.au/


〖ザ・ギャラリーズ(The Galeries)〗

「The Galeries」には、「無印良品」や「紀伊國屋」、「やよい軒」など、日本でもお馴染みの店舗があり、シドニーでの日本ブームが伺えます。

ちょっと日本が恋しくなったら、いつでもホームシックを癒してくれる場所でもあり、日系ショップの他には、ローカルの20代をターゲットにしたオシャレな雰囲気のお店があります。

地下にはフードコートがあり、ここではフリーWIFIがつながります。また、フードコートの階には「JB-HIFI」というコンピューター関連、音楽映画関連のショップもあります。

「The Galeries」は、「ビジネスセンター」のビルに併設(クイーン・ビクトリア・ビルディングの向かい)しているため、店舗数は少ないですが、地下1階から地上3階まであります。

「タウンホール駅」から地下直結で「The Galeries」のビルに行くことができるので、交通アクセスはとても便利です!

【基本情報】

ザ・ギャラリーズ(The Galeries)

住所:500 George St, Sydney NSW 2000

電話番号:+61-2-9265-6800

営業時間:11時00分~17時00分

※店舗によって異なります。

定休日:なし

公式サイト:https://www.thegaleries.com/


ピットストリートモール

こちらは、シドニーを南北に走る「ピット・ストリート」の中ほどにある歩行者天国エリア「ピットストリートモール(Pitt Street Mall)」です!

北は「キング・ストリート」・南は「マーケット・ストリート」までのブロックを「ピットストリートモール(Pitt Street Mall)」と呼び、道の両脇にショッピングモールや大型デパート、オーストラリアブランドのショップがずらりと並び、短いモール内に全部で300店以上の店舗があることから、世界で5番目に密度の高いショッピングエリアと認定されたショッピングスポットです。

また、シドニーのファッショントレンドのハブにして発信地として知られ、ショッピングが好きな人は必見のスポットとなっています。全て見て回るには丸1日は必要でしょう。

更に「ピットストリートモール(Pitt Street Mall)」は、 ストリートパフォーマーのメッカでもあり、曜日を問わず数々のミュージシャン・ダンサー・大道芸人などのアーティスト達がパフォーマンスを繰り広げています。

この雰囲気を求めてオーストラリア内外からの観光客や買い物客だけでなく、付近で働いている人もでてきて、終日にはたくさんの人で賑わいを魅せています。

美しい眺望で観光客に人気の「シドニータワー」も「ピットストリート」にあり、 東側には「ハイドパーク(Hyde Park)」・西側には「ダーリングハーバー(Darling Harbour)」があります。

専門店が多く並び、「マイヤー」・「 デビッド・ジョーンズ」といったオーストラリアの2大デパートや「ウェストフィールド、ミッドシティー」などのショッピング・モール、そして「ストランド・アーケード」や「シドニー・アーケード」へも直結しています。

百貨店「マイヤー」の地下には大きなフードコートがあり、「デビッド・ジョーンズ」のデパ地下では高級食材が販売されていて食事にも見応えがあるスポットなのです。

【基本情報】

ピットストリートモール

住所:Pitt Street Mall Sydney NSW 2000

電話番号:02-8236-9200

営業時間:

木曜日を除き(9:00~20:00)

木曜日(9:00~21:00)

※お店によって異なります。

休業日:年中無休

アクセス:「タウンホール駅」から徒歩5分。シティレール「T1線」・「T2線」・「T3線」・「T4線」・「South Coast線」・「Central Coast & Newcastle線」の「Townhall駅」。

公式サイト:www.pittstreetmall.com.au


ハイド・パーク・バラックス

こちらは、世界遺産にも登録されている「ハイド・パーク・バラックス」です。

オーストラリア各地に散らばる「オーストラリアの囚人遺跡群」のひとつとして、2010年に世界文化遺産へ登録されました。

「ハイド・パーク・バラックス」は、1819年に流刑囚の建築家「フランシス・グリーンウェイ」により、男性囚人宿泊所として建築されたジョージ王朝様式建造物です。このレンガ造りの小さな