• 私の旅行記

オーストラリア シドニー ダーリングハーバー

更新日:2020年12月30日


こちらは、シドニー中心部の壮大な海辺のロケーションを始め、水族館やグルメといった素晴らしいアトラクションがあり、観光客の希望を叶えてくれる場所「ダーリングハーバー」です!

「ロックス」がシドニーの歴史を感じさせてくれる観光エリアだとすれば、「ダーリングハーバー」はシドニーの現代を象徴するエリアといえます。

かつて貿易港として栄え、後に工場や造船所の残骸が建ち並ぶ廃墟と化した場所を1988年に建国200年を記念して大規模に再開発されました。

その結果、現在では「コックルベイ(Coockle Bay)」を取り囲むように「シドニー水族館」や「ショッピングセンター」、「コンベンション施設」など観光客を含め多くの人が集まる場所へと変化したのです。

市街地から歩いてすぐの「ダーリングハーバー」では、ユニークなオーストラリアの動物や海辺のレストラン、歴史、ナイトライフ、シドニー最大の飲食、ショッピング、エンターテイメントエリアの1つとして、毎日イベントが目白押しです。

【コックルベイ】

「コックルベイ」とは、「ダーリングハーバー」の中心となっており、中央をU字型に南に伸びる湾のことを言います。

湾の東側の水辺は「Cockle Bay Wharf(コックルベイワーフ)」という、レストラン・カフェの並ぶエリアです。

湾の西側は「Harbourside(ハーバーサイド)」といって、ショッピングセンターとレストラン・カフェの巨大複合施設です。この湾では、2016年までは毎週土曜日の夜に花火が打ち上げられていました。

それ以降には、花火の打ち上げの予定はないそうで、「Drling Harbour」の【公式サイト】に花火が打ち上げられるイベント時には、情報が更新されるようです。

【ピアモントブリッジ】

「ピアモントブリッジ」は、「Cockle Bay(コックルベイ)」の湾を東西に横断する歩行者専用の大きな橋です。

実はこの橋は開閉式で中央部分が水平に回転して背の高い船が通り抜けられるようになっています。めったに開くことがなく、開いている様子を見れたらかなりラッキーです。

1902年にオープンした橋は自動車が通行する橋として使われていましたが、1981年以降は歩行者専用となりました。

下記では、この「Cockle Bay(コックルベイ)」を中心に「ダーリングハーバー」を西・東・南の3箇所に分けてご紹介します。

【ダーリングハーバー:西側エリア】

〖オーストラリア国立海洋博物館〗

「Cockle Bay(コックルベイ)」を東西に横断する歩行者専用の橋、「Pyrmont Bridge(ピアモントブリッジ)」の西端、北側にあるのが、「Australia National Maritime Museum(オーストラリア国立海洋博物館)」です。

オーストラリアの海洋の歴史が学べる入場無料の博物館で、外に停泊している船舶の内部を見学もできますが、こちらは有料になります。

【基本情報】

オーストラリア国立海洋博物館

住所:2 Murray Street, Darling Harbour NSW 2000

営業時間:9:30am - 5:00pm 1月は6:00pm迄営業 船舶の見学は4:10pmが入場終了

〖ハーバーサイド・ショッピングセンター〗

「Pyrmont Bridge(ピアモントブリッジ)」の西端から「Cockle Bay(コックルベイ)」に沿って南に伸びる大きな建物が「Harbourside(ハーバーサイド)ショッピングセンター」です。

シドニーの代表的ショッピングセンターの一つで、オーストラリアの人気ファッションブランドやお土産店が集まっています。観光客にはもちろん、地元客もショッピングを楽しんでいる人気スポットです。

「UGGブーツ」のお店が多いことでも有名で、アボリジニアートを扱う店や、コアラやカンガルーなどのお土産グッズを扱う店、「Glue Store」の様な地元で人気のショップなどがたくさん入っています。

また、数々のレストラン・カフェ・バーもテナントとして入っており、大きなフードコートもあります。

南側2階の「Hard Rock Café(ハードロックカフェ)」や1階北端の「Pancakes on the Rocks(パンケーキオンザロックス)」など世界的に有名なお店もあります。

「Harbourside(ハーバーサイド)」の地上階の真ん中にはフードコートがあり、色々な国籍の料理やデザートがお手軽な値段で食べられます。

有名ファーストフード店もこの中に入っています。外側に並ぶ数々のレストランはどこも外れのない美味しい、長年営業を続ける優良店ばかり。

どのレストランも店頭にメニューと値段が出ていますので、よく見て気に入った店に入るのが良いでしょう。

【基本情報】

ハーバーサイド・ショッピングセンター

営業時間:10:00am - 9:00pm(飲食店を除く)

住所:Suite 231, 2-10 Darling Drive, Darling Harbour NSW 2000

〖パワーハウスミュージアム〗

「チャイナタウン」に近い「ダーリングハーバー」の南端、東側に「Chinese Garden of Friendship(チャイニーズガーデン・オブ・フレンドシップ)」がある場所を高架自動車道路に沿って西側に進んで行くと、ライトレールの線路の上を通って隣の「Ultimo(ウルティモ)」地域に抜ける歩道があります。

その先にある、レンガの大きな建物が「Powerhouse Museum(パワーハウス博物館)」です。

オーストラリア・シドニーで最も規模も知名度も高いと言われている博物館「パワーハウスミュージアム」は、20世紀初頭に建てられ、かつてのトラム(市電)の発電所を1988年に改装・再利用した4階建ての博物館になります。

ダウンタウンにあるここ「パワーハウスミュージアム」では、科学技術のみならず、世界の成り立ちと身の回りの不思議について幅広く学ぶことができます。

科学・乗り物・機械・コンピューター技術・音楽など幅広い分野を扱っており、遊びながら学ぶことができるのです。

また、世界中から集められた古典的で珍しい収蔵品も数多く展示されており、オーストラリアで初めて世界一周したヘリコプターや、APPLE社のMac製品の初期作から原稿までが展示されています。

【基本情報】

住所:500 Harris Street Ultimo, Sydney NSW 1238

TEL:02-9217-0111

営業時間:10:00am-17:00pm (クリスマス以外)

料金:大人 A$10.00  子供(4-15歳) A$5.00  4歳未満無料 他、各種ファミリーチケットもあります。詳しくは【パワーハウスミュージアムサイト】から。別途料金が必要な展示もあります。

〖ザ・スター〗

「Australia National Maritime Museum(オーストラリア国立海洋博物館)」の裏手に見え、歩いてすぐの、シドニー唯一のカジノ「ザ・スター」。

「ダーリング・ハーバー」およびビジネスエリアからすぐの「シドニー・ハーバー」には、シドニーの最高級エンターテイメントスポットがあり、受賞歴のあるレストラン・バー・カフェ・5つ星ホテル・ラグジュアリースパ・ナイトクラブ・デザイナーズショップ・世界クラスのカジノを完備しています。

シドニーで人気の遊び場となったのも頷ける充実度です。「ザ・スター」のメインは何と言っても【カジノエリア】です。

主にアジア系の人々で賑わうカジノで、スリリングな夜を過ごしましょう!

「カジノエリア」に入るには、18歳以上の年齢に達していること(18歳未満の方は入場できません)はもちろん、ドレスコードこそないものの、ダメージズボンや膝丈以上の短パン、サンダルなどといったラフな格好での入場は禁止されていますので注意してください。


【基本情報】

ザ・スター

住所:80 Pyrmont Street Pyrmont NSW 2009

電話番号:1800 700 700

メールアドレス:StarReservations@echoent.com.au

公式サイト:http://www.star.com.au

【ダーリングハーバー:東側エリア】

〖 キングストリート・ワーフ&バランガルー 〗

「Cockle Bay(コックルベイ)」の東側を、「Pyrmont Bridge(ピアモントブリッジ)」より更に北に行ったエリアが「King Street Wharf(キングストリート・ワーフ)」です。

そして、その更に北側が「Barangaroo(バランガルー)」になります。お洒落なレストランが軒を連ねるウォーターフロントのエリアで、「Circular Quay(サーキュラ・キー)」からのフェリーの「ダーリングハーバー」の発着場「バランガルー・ワーフ(Barangaroo Wharf)」がある場所でもあります。

また、シドニー湾をクルーズする観光船たちの発着場でもあります。

そしてここにあるレストランはどこもおいしくはずれがありません!「Meat District Co.」は、お肉がおいしくハンバーガーがおすすめ!

また、「Kobe Jones」は、鉄板焼きやステーキなどの和洋折衷の本格的創作日本料理が食べられます。「Casa Ristorante Italiano」では、本格的なイタリアンを食べることができます。

【基本情報】

キングストリート・ワーフ

住所:Lime St, Sydney NSW 2000 オーストラリア

営業時間:8時00分~23時00分

公式サイト:http://kingstreetwharf.com.au/

シー・ライフ・シドニー水族館

「King Street Wharf(キングストリート・ワーフ)」の南隣、「Pyrmont Bridge(ピアモントブリッジ)」たもとの北寄りには、「Sea Life Sydney Aquarium(シーライフ・シドニー水族館)」があります。

オーストラリア大陸の河川とその周辺海域に生息する「海洋&淡水動物」を集めた、南半球最大級の水族館「シー・ライフ・シドニー水族館」。

「マーリン・エンターテインメント・グループ」が水族館の一大ブランドである「シー・ライフ」を所有し、運営されており、「シー・ライフ」は海洋の管理、保全、教育、体験型展示において、最高水準の水族館として世界で認められています。