• 私の旅行記

オーストラリア シドニー バルモラル・ビーチ:魅力・見どころ・おすすめレストラン4選!・おすすめホテル3選!・アクセス方法まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月30日


こちらは、シドニー随一の高級住宅街モスマンにあるビーチ「バルモラル・ビーチ(Balmoral Beach)」です!

「バルモラル・ビーチ」は比較的小さいビーチなのですが、波が小さく穏やかなのでファミリーに人気があります。

ビーチの南側にはシャークネットがあるのでサメに襲われる心配もなく、「シュノーケリング」・「カヤッキング」・「ウィンドサーフィン」・「SUP(スタンドアップパドルボード)」など様々なアクティビティーも楽しめ、ビーチ沿いにはオシャレなカフェやレストランが並びます。

今回はそんなセレブなビーチ「バルモラル・ビーチ」と見どころやアクセス方法・グルメスポットなどについて詳しくご紹介させていただきます!

【アクセス】

「バルモラル・ビーチ」はシドニーの北部「モスマン」という地域に位置するビーチです。

この周辺は高級住宅街として知られるエリアで、道中にはお洒落で大きな住宅がいくつも目立ちます。

「モスマン」は「オペラハウス」のある「サーキュラーキー」からも車で約20分と都心から近く、市内から乗り継ぎなしのバス1本で簡単に行くことができる好立地エリアです。

〖バス〗

最もおすすめなのは、「Wynyard(ウィンヤード)駅」からアクセスする方法です!まずは「Wynyard(ウィンヤード)駅」へ向かいましょう!

「ウィンヤード駅」に着いたら改札を通り、1番出口の「ウィンヤードパーク」方面へ向かいます(バス停のマークBが目印)。

駅中央にあるエスカレーターから上に上がっていき、地上に出るとバス停があります。「ウィンヤード駅」前にはバス停が沢山あり、公園の両側道路に沿うように位置しています。

そして、「STAND:A」から出発する「245番(Balmoral Beach行き)」のバスに乗りましょう。本数は少なめで45分~1時間に一本しか出ていません。

ただし、終点が「バルモラル・ビーチ」ですので、降車場所を気にせず乗りっぱなしで行けるのがメリット!「ウィンヤード駅」から「バルモラル・ビーチ」までは約30分で到着します。

【別の行き方】

①:〖チャッツウッド駅~〗

上記の方法とは別に「Chatswood(チャッツウッド)駅」前から出る「257番」バスでアクセスすることもできます。

こちらはバスが30分に1本とやや本数が多いのですが、停まるバス停が多いので少し時間がかかるというのがデメリットです。「チャッツウッド駅」まで向かうことを考えると、到着までにかかる時間は先述の方法よりも長くなってしまうかもしれません。

「チャッツウッド駅」の「STAND:D」から「257番」バスで約45分。「バルモラル・ビーチ」の「エスプラネード・ターミナル」で下車します。

②:〖ニュートラルベイ~〗

市内から「ニュートラルベイ」まで「M30番」のバスなどで来た後、「257番」のバスに乗り換えて「バルモラル・ビーチ」までアクセスすることができます。所要時間は「ニュートラルベイ」から20分ほどです。

③:〖タロンガ動物園~〗

サーキュラキー(Circular Quay)」から「タロンガ動物園(Taronga Z00)」までフェリーで行き、「タロンガ動物園」から「238番」の「バルモラル・ビーチ」行きのバスに乗り終点まで行きます。

【帰り方】

帰りはビーチ中央辺りにある「Hunter Park(ハンターパーク)」前にあるバス停から行きと同じ「245」バスで帰ればOKです!

【セレブな街モスマンについて】

「モスマン」といえばシドニーっ子は誰でも知っているシドニー随一の高級住宅街になります。

「モスマン」は「ハーバーブリッジ」を越えた北側から車で15分程の場所に位置しており、観光スポットでもある「タロンガ動物園」もあるところです。

シティーから近いのにもかかわらず、都会の喧騒を全く感じず穏やかで優雅な時が流れ、「ミリタリーロード」沿いはレストラン・カフェなどのお店が連なります。

かなり交通量が多いですが、「スピットロード」の分岐点を越えると「ミリタリーロード」は雰囲気を変え一気にセレブモードに!

こぎれいな服装の奥様達が子供を遊ばせていたり、血統書つきの立派な犬を連れていたり、仲のよい老夫婦が夕暮れのウォーキングをしていたりします。

【バルモラル・ビーチ:魅力・見どころ・楽しみ方!】

「バルモラル・ビーチ」は、有名な「ボンダイ・ビーチ」と比べるとインパクトは弱めですが、地元民に混ざって浜辺でのんびりと静かに過ごしたいという方にはピッタリのビーチで