• 私の旅行記

オーストラリア シドニー ポート・ジャクソン湾

最終更新: 2020年12月30日


こちらは、オーストラリア・シドニーの市街地およびシドニー港が面している天然の入り江「ポート・ジャクソン湾」です!

「ポート・ジャクソン湾」内はリアス式海岸となっており、湾口から奥までの長ささ19キロメートルにも及びます。

また、「MSCグランド・ボヤージュ・クルーズ客船」からシドニーの街へと上陸すると、「ポート・ジャクソン湾」によって2つに分けられたこの街が「ハーバー・ブリッジ」と「ハーバー・トンネル」でつながっていることに気づくことができます。

【歴史】

ここシドニーは、イギリス人によりオーストラリア最初の入植地として定められた流刑植民地となりました。

1770年に「ジェイムズ・クック」が「エンデバー号」でヨーロッパ人として最初に到達し、知り合いの「ジョージ・ジャクソン」にちなみ命名しましたが、上陸はしませんでした。

そして、なぜ「シドニー」という名がこの地に付いたのか、、、それは、ここ「ポート・ジャクソン湾」が深く関係してきます。

歴史を遡ると、その昔「オーストラリア大陸」は想像上の大陸でした。ヨーロッパ各国では、アジアとヨーロッパのバランスを取る大陸として、当時は「テラ・アウストラリス」と呼ばれていたそうなのです。

その後、ヨーロッパ各国はまだ見ぬ夢の大陸の「オーストラリア大陸」を探す航海が次々に出発しました。しかし、実際に「オーストラリア大陸」を確認できたのは、最初にあると言われ出してから約300年後のことでした。

15世紀初めから「ポルトガル」・「オランダ」・「スペイン」が船を出し、そして1606年に「オランダ」の「ヤンス」がオーストラリアの「ヨーク岬」と「西海岸」を発見したのです。

そしてその後、17世紀以降イギリスが船を度々出航させました。1768年から3回繰り返された「ジェイムズ・クック」率いる調査隊です。

1770年4月に「ジェイムズ・クック」はシドニー郊外の「ボタニ湾(現在のシドニー空港辺り)」に上陸し、「ニュー・サウス・ウェールズ(New South Wales)」と宣言し、1770年8月にイギリス領となったのです。

アメリカが独立後流刑地を失ったイギリスは1787年5月にオーストラリアを流刑地とし、イギリスのポーツマスより流刑者を送りました。

そして、1788年1月26日に739人の流刑者が「ポート・ジャクソン湾」に上陸し、この地名を「シドニー」と名付けたのです。また、この1月26日は現在【Australia day】祝日になっています。


【Australia day】はどこへ行っても国旗を持って歩いている方がいて、街中はお祭りムード一色になります。ただ、アボリジニの方達にとっては侵略が始まった日となっているため、1日喪に服す日でもありますので、うかつにはお祭り騒ぎとはいきません。

以上が「シドニー」の由来であり、オーストラリアの歴史です。

「ポート・ジャクソン湾」シドニーの海岸線は低木の茂る険しい岬及び三日月形の砂浜が交互に連なり、岩石、大地、潟湖、砂嘴、陸繋島などの特徴を添えています。

【地形】

〖湾内の島〗

・シャーク島(Shark Island (Port Jackson))

・クラーク島(Clark Island (New South Wales))

・フォート・デニソン(Fort Denison)

・ゴート島(Goat Island (Port Jackson))

・スペクタクル島(Spectacle Island (Port Jackson))

・コッカトゥー島 (Cockatoo Island)

・スナッパー島(Snapper Island (New South Wales))

・ロッド島(Rodd Island)

・ベネロング・ポイント(Bennelong Point, New South Wales)

・ガーデン島(Garden Island, New South Wales)

・ベリー島(Berry Island, New South Wales)

〖湾に流れる河川〗

・パラマッタ川(Parramatta River)

・レイン・コーブ川(Lane Cove River)

・ダック川(Duck River (New South Wales))

・アイアン・コーヴ(Iron Cove Creek)

・タンク・ストリーム(Tank Stream)

・ミドル・ハーバー(Middle Harbour)

・ジョンストンズ・クリーク(Johnstons Creek (New South Wales))

・オルファン・スクール・クリーク(Orphan School Creek)

いかがでしたでしょうか。

オペラハウス」と「ハーバーブリッジ」が圧倒的な存在感を誇る世界三大美港の一つシドニー。

その中でもシドニーの港は文句なしで美しいです。現実を一度忘れて夜「ポート・ジャクソン湾」沿いをふらっと散歩してみてはいかがでしょうか。

【基本情報】

ポート・ジャクソン湾

面積: 55 km²

平均水深: 13 m

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#Australia #Sydney #ポート・ジャクソン湾 #歴史 #入り江 #photo #島

132回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

​海外でのインターネット利用に不安・不便さを感じている方に!➡