• 私の旅行記

オーストラリア シドニー マンリー・ビーチ:魅力・見どころ・楽しみ方・アクセス方法・イベント・レストラン・ホテル情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月30日


こちらは、シドニー北部の沿岸沿いに位置し、「ボンダイビーチ」に次いで人気のあるビーチ「マンリービーチ(Manly Beach)」です!


シドニー市内から「フェリー」でアクセスできる「マンリビーチ」は、サーフィンの大会が開催されるビーチですが、1.5kmのビーチの片側は、波が来ない場所や北側にはサーフィン向けの場所があったりと、家族連れにも優しいビーチとなっています。


ビーチへつづくメインストリート「コルソ通り」にはヤシの木が並び、レストラン・カフェカフェ・バ・ーお土産屋さんなどが軒を連ね、またビーチ近くの「シドニー通り」では、週末にはマーケットが開催され、ローカルから観光客まで多くの人で賑わいを魅せます!

【マンリービーチ:歴史・概要】

男らしいという意味の「マンリー」は、1788年にニュー・サウス・ウェールズ州の最初の州知事「アーサー・フィリップ」によって名付けられました。

当時、植民地化を企んでいたイギリス人は、「マンリー」周辺を訪れると「原住民(アボリジニ)」と対立し、「原住民」は捕虜に。その捕虜が騒いだりせずに、沈黙を守っていたため、その自信と態度に「男らしい」=「Manly」と名付けたと言われています。

そして、なんとかして共存したいイギリス人は贈り物をしたり、捕虜に言葉を教えたりと交流を図り、「原住民」から「シドニー」に入る許可を得ることができたそうです。

現在の「原住民」は、ギフトショップでパフォーマンスなどをして暮らしており、「マンリービーチ」付近のギフトショップには、楽器を演奏する「アボリジニ」の方々が見れます。

「マンリー」のリゾート開発が始まったのは1852年以降で、現在では「シドニー」で有名なリゾート地になり、サーフィンのメッカでもある「マンリー」は、1964年に初のサーフィン世界選手権が開催されました。

現在でも「サーフィンの聖地」され、多くのサーファーが訪れ、サーフショップも充実しているため「サーフ・シティー」と自称しています。

2014年4月には「英・ウィリアム王子ファミリー」が、「マンリー」の「ヤング・ライフセーバー大会」に訪れた際には、「マンリー当局」が「ジョージ王子(当時まだ9ヶ月)」にオーダーメイドのサーフボードを贈り、さらに数カ月後に「アボット首相」が「米国オバマ大統領」へ来豪記念として同じメーカーのオーダーメイド・サーフボードを贈ったことでも注目を集めました。

そんな「マンリー」は現在、水族館や博物館、マンリー美術館、第二次世界大戦で日本と戦ったことなどの戦争の歴史が分かるノース・ヘッド、ビーチ沿いにはカフェやショップが立ち並び、1日を通して遊ぶことが出来るおすすめの観光地になっています。

【アクセス方法】

「シドニー」市内からのアクセスも簡単な「マンリービーチ」に行く方法は、「シドニー」のフェリーターミナルである「サーキュラキー」からフェリーを利用します。

「サーキュラーキー」から「マンリービーチ」までは30分間隔で運行されている「F1」のフェリーを利用します。こちらのフェリーは「マンリービーチ」最寄りの「Manly Wharf」まで直行なので、迷う心配がなくて安心です。

フェリーを降りたところから「マンリービーチ」までは、徒歩10分ほどの距離になります。 徒歩10分といっても、歩く道はビーチに向かう道にできた商店街なので、退屈することはありません。

〖マンリービーチへの所要時間と料金〗

「サーキュラーキー」からは、「F1」のフェリーの他に「MFF(Manly Fast Ferry)」」というフェリーも運行しています。

こちらは、民間のフェリー会社が運行するフェリーで、所要時間が短い(10分程度)代わりに、料金が高く設定されています。10分程度であれば、それほど急ぐ理由はないと思いますので、公共交通機関である普通のフェリー(F1)を利用しましょう!

フェリーの方も日程により所要時間や料金が変動しますので、実際に利用する日程でGoogleもしくはOpalアプリで検索して確認するようにしましょう!「F1」のフェリーを利用した場合の所要時間は約40分、料金は7.35オーストラリアドルほどが目安になります。

※事前に【シドニー・トランスポート】の乗り換え案内でチェックするのが一番確実です!

※日曜日に「オパールカード」を使用すると2.5 オーストラリアドルで電車・フェリー・路面電車・バスが乗り放題となるのでたいへんお得です!


ちなみに、フェリー乗り場には子供用のアトラクションもあり、フェリー出発までの待ち時間も楽しく過ごすことができますよ!


〖フェリーからの景色は絶景!〗

フェリーからは「オペラハウス」や「ハーバーブリッジ」を眺めることができ、豪華なクルーズ気分でビーチに向かうことができます。


夜にはライトアップされた「オペラハウス」や「ハーバーブリッジ」、ネオン色に輝く鮮やかな「シティ」が見られ、ロマンチックな夜景を楽しめます!

景色を眺めるには、2階のデッキ部分を狙って乗りましょう!人気が高く乗り場が混雑していることも多いですが、船が非常に大きいので乗り逃すことはありません。

※座席は船の進行方向右側の外の席がおすすめです!


また、風が強い日には船が大きく揺れるので、心配な人は事前に酔い止めを服用しておくと安心です。


〖マンリービーチまでの行き方〗

「マンリービーチ」はワーフを出て、「The Corso」というショッピングモールを進み、そこを抜けた所にあります。

約15分~20分歩くと「マンリービーチ」に到着します。

※フェリーを降りるとすぐに「Manly Cove」という小さいビーチがあるのですが、このビーチを「マンリービーチ」と勘違いしてしまう方がいるようなので間違えないようにしてください!

〖マンリービーチへの行き方まとめ〗

① .サーキュラキーに移動

② .「F1」のフェリーに乗船(所要時間約40分、料金約7.65AUD)

※「F1」の乗船場所は「Wharf 3」になりますが、当日必ず電子掲示板でご確認ください。

③ .「Manly Wharf」で下船

④ .徒歩でマンリービーチへ移動(所要時間約10分)

【マンリービーチへ行く前にThe Corsoで街ブラとジャズを楽しもう!】

「マンリービーチ」へと続くメインストリートでは、お買い物やグルメといった観光が楽しめることはもちろん、随所にあるヤシの木などでリゾート気分が盛り上がります!

〖メインストリート:The Corso(ザ・コルソ)〗

「コルソ通り」はフェリー乗り場からビーチまで続くメインストリートとも言える賑やかな通りです。

カフェやレストラン、パブなどの飲食店をはじめ、気軽に立ち寄れるアイスクリームショップやお土産物屋が立ち並び、いつも多くの人で賑わいを魅せます!素敵なお店を探しに出かけると楽しめること間違いなしです!

ちなみに、通り沿いにある服屋はシンプルでカジュアルなものが多く、オーストラリアらしいサーフブランド系統が多いようです。

もちろん、ビーチで遊ぶための必需品もコルソ通りで調達可能で、日焼け止めや水着、サーフィングッズまで何でも揃います。スーパーもあるので、水分補給に必要なドリンクなども購入しておきましょう!

〖レストラン・カフェ・パブ巡り〗

「ザ・コルソ」には、沢山のカフェ・レストランが立ちならんでおり、世界各国のレストランがその数何と80件あまり!

そして、ビーチと言えばフィッシュ&チップスが定番!この通りにはシーフードを提供している飲食店がいくつもあるので試してみてはいかがでしょう?

また「ザ・コルソ」には、「アイバンホー・ホテル・マンリー」や「ホテル・ステイン」といった人気のパブがあります。昼間からビールを飲む最高に贅沢な一時を過ごすのも良いでしょう!お洒落なバーやレストランも数多く、賑わいは夜まで続きます。

〖クリスマス時期は一味違った