• 私の旅行記

スペイン バルセロナ エロティック・ミュージアム

最終更新: 6月10日


こちらは、スペインで唯一、官能の世界に関する歴史的記録を展示している博物館「エロティック・ミュージアム(Museo Erótico de Barcelona)」です!


800以上の写真や絵画などが並び、至って真面目にポルノの歴史を学ぶことができます。現代にいたるまでのポルノの歴史を描いた絵画、男性器を模して作られた古墳の写真、スペインで出回った初期のポルノ映画などなど。


中には日本のコーナーもあり、海外では人気の「春画」も多数飾られています。今回はそんな「エロティック・ミュージアム」の魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【エロティック・ミュージアム:基本情報】

〖住所〗


La Rambla, 96 bis, 08002 Barcelona


〖電話番号〗


+34933189865


〖アクセス〗

「エロティック・ミュージアム」は、バルセロナの代表的な観光地「コロンブスの塔」と「カタルーニャ広場」を繋ぐ、巨大な観光ストリート「ランブラス通り」。この「ランブラス通り」を道に沿って歩いていると大声で「エロティックミュージアーーーム!!」と叫んでいる客引きの兄さんや姉さんが突然現れるのですぐにわかります。

また、博物館の入り口付近では頭上を気にしている歩行者が多く、ふと目線をあげると「マリリン・モンロー」のコスプレをしたお姉さんがスカートをパタパタとさせながらベランダでセクシーに踊っています。


〖入場料金〗

一般料金:10ユーロ

オーディオガイド付きチケット:15ユーロ

※その他にも各種チケットはありますが、バルセロナ観光客向けのスタンダードなものは上記2タイプになります。


〖営業時間〗


10:00〜24:00(定休日なし)

※12月25日は休み


〖公式サイト〗


https://www.erotica-museum.com/en/rooms?lang=en

【エロティック・ミュージアム:魅力・見どころ!】

ランブラス通り沿いにある「エロティック・ミュージアム」の入り口。入るといきなりエロティックな階段があり、ここを上ると入場受付があります。

エロティックな受付場で入場手続きを済ましたらいざ内部へ!

中に入ってみると、まず昔の官能作品がたくさん展示されています。また、ここ「エロティック・ミュージアム」は色んな国の歴史が展示され、どれも興味深いものばかりです。


〖日本の春画コーナー〗

日本のエロアートといえば「春画」。小さくプリントしたものが展示されており、日本の「春画」はスペイン出身の画家「ピカソ」も影響を受けているそうです。

また、神奈川県川崎市で行われる「かなまら祭」の写真もあります。

更には、「ジョン・レノン」と「オノ・ヨーコ」さんの作品も飾られてました。


〖中国のエロアート〗

中国のエロアートは立体物の展示品が多く、絵やデザインが可愛いのが特徴的です。


〖イタリア・ポンペイの遺品〗

火山の噴火によって一夜にして灰に埋もれた古代都市「ポンペイ」。「ポンペイ」は快楽の都市とも呼ばれ、当時は娼婦の館が多くありました。こちらはその娼館で使われた通貨。また、娼婦が待つ部屋の扉にはそれぞれ指定の対位のフラスコ画が飾られていたといわれています。


〖ローマの彫刻作品〗

こちらは、ローマの彫刻「Pan and the Goat」という作品のレプリカ。雌ヤギに恋をするセックス狂の神「パンを描いたという衝撃的な作品です。


〖インドの寺院のセックス彫刻〗

世界遺産にも登録されているインドの「カジュラホ遺跡群」には、エロティックな像が掘られた寺院がたくさんあり、ここ「エロティック・ミュージアム」にもたくさんの絵画や彫刻が展示されています。


〖SMのコーナー〗

SMプレイに使う器具や雑誌などもあり、中には男尊女卑な考えが色濃く残っているものもあるため圧倒されてしまうものもあります。


〖大人のおもちゃ〗

大人のおもちゃの歴史も紹介され、色んな形の物が壁から突き出ています。椅子に座ってするタイプの器具などもあり、「これがあればパラダイスへの道のりを自分でコントロールできます」と説明されています。

また、バイブレーターも展示してあり、なんと当初は医療用の為に作られたという説明もされています。精神不安定などの症状時に、医師が直接患者にバイブを使いオーガズムに達する治療法があったと記録されています。


〖休憩室(テラス)〗

「エロティック・ミュージアム」の休憩室はテラスになっており、座る場所もたくさんあります。

ここはフォトジェニックな場所でもあり、アダルトバージョンのディズニー作品も上映されています。


〖ギネスコーナー〗

ギネスコーナーには、マスタベーションの世界記録保持者「佐藤雅信」さんの写真が飾られています。2009年に樹立した耐久時間9時間58分という驚きの記録は、未だに誰にも破られていないようです。

佐藤さんは、デザイン性の高いアダルトグッズに定評のある「典雅(TENGA)」社の取締役を務めていて、いわばマスタベーションのスペシャリストといえるでしょう。


〖ミュージアムショップ〗

ミュージアムを周り終えると、最後はお土産コーナーへ。お土産コーナーといっても大半がアダルトショップのようなものです。アダルトグッズや下着やお菓子などが売られています。

いかがでしたでしょうか。


「エロティック・ミュージアム」は真面目に歴史の解説も交えながら、面白さも映えも提供してくれる場所です。


観光雑誌などには取り上げられない内容だと思いますので、話のネタとしてでもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】

エロティック・ミュージアム(Museo Erótico de Barcelona)

住所:La Rambla, 96 bis, 08002 Barcelona

電話番号:+34933189865

アクセス:

「エロティック・ミュージアム」は、バルセロナの代表的な観光地「コロンブスの塔」と「カタルーニャ広場」を繋ぐ、巨大な観光ストリート「ランブラス通り」にあります。

入場料金:

一般料金:10ユーロ

オーディオガイド付きチケット:15ユーロ

※その他にも各種チケットはありますが、バルセロナ観光客向けのスタンダードなものは上記2タイプになります。

営業時間:10:00〜24:00(定休日なし)

※12月25日は休み

公式サイト:https://www.erotica-museum.com/en/rooms?lang=en


※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。



#Spain #スペイン #Barcelona #バルセロナ #エロティック・ミュージアム #MuseoEróticodeBarcelona #ランブラス通り #LasRamblas #メインストリート #市場 #広場 #歴史 #博物館 #photo


3回の閲覧0件のコメント
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

​海外でのインターネット利用に不安・不便さを感じている方に!➡