• 私の旅行記

スペイン バルセロナ カサ・ミラ:魅力・見どころ・チケット購入方法・アクセス方法・基本情報まで徹底ナビ!


こちらは、「アントニ・ガウディ」の傑作の1つで、バルセロナのグラシア通りにある実業家「ペレ・ミラ夫妻」のために建築した邸宅兼アパート「カサ・ミラ(Casa Milà)」です!


「アブストラクト彫刻」といわれ、建物内に直線は使用されず曲線の多用され、夜のライトアップや屋上の煙突も印象的。現在も住人がいる集合住宅で、館内には「ガウディミュージアム」があり、ガウディ作品について細部まで知ることができます。

奇抜すぎるデザインが当初は理解されず「石切場(ラ・ベドレラ)」と呼ばれ揶揄されましたが、「ガウディ」の偉大さが理解された現在ではバルセロナ有数の人気観光地になっています。


今回はそんな、「カサ・ミラ」の魅力・見どころ・チケット購入方法・アクセス方法などについて詳しくご紹介させていただきます!

【カサ・ミラ:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ガウディ」の建築物は、世界遺産に「アントニ・ガウディの作品群」として、「サグラダ・ファミリア(一部)」・「グエル公園」・「カサ・ミラ」・「カサ・バトリョ」・「グエル邸」・「コロニア・グエル教会地下聖堂」・「カサ・ビセンス」が登録されています。しかし、最初(1984年)に世界遺産登録された際は「グエル公園」・「グエル邸」・「カサ・ミラ」の3つのみと、それだけ「カサ・ミラ」は「ガウディ建築」の中でも代表作と言えるのです。


「カサ・ミラ」が建設された20世紀初頭、ブルジョワ階級の間では自身の財力誇示を目的に、豪華な邸宅を有名建築家に設計・建築させるのが流行りでした。「カサ・ミラ」の施工主「ペラ・ミラ」も、そんなブルジョワ階級の1人で1906年に完成を迎えた「ガウディ設計」の「カサ・バトリョ」に建設段階から強い衝撃を受けていました。


そして、「カサ・バトリョ」の様な邸宅を持ちたいと考えていた「ミラ夫妻」は、1905年に「グラシア通り」沿いに土地を購入し、その物件の建設を「ガウディ」に託しました。この頃の「ミラ氏」は、実業家として財を成していただけでなく、妻の「ルゼー」にも前夫から相続した莫大な遺産がありました。また、依頼を受けた「ガウディ」自身も、当時54才とキャリアの絶頂期にありました。

正に最高の条件下で着工されたかに見えた「カサ・ミラ」の工事でしたが、「ガウディ」は建設開始から完成後まで、多くのトラブルに見舞われます。それは、工事期間の遅延よる予算オーバーにはじまり、建物の構造を巡る市役所からのクレーム、建物の造形を巡る「ミラ夫妻」との争いなど、多岐に渡ります。


こんな状況に嫌気が差した「ガウディ」は、完成間近にも関わらずついに「カサ・ミラ」の工事から手を引いてしまいます。最終的には、弟子の「ジョジュール」が工事を引き継ぎ、「カサ・ミラ」は1910年に無事完成を迎えますが、設計報酬を巡って法廷闘争に発展するなど、「ガウディ」にとっては最初から最後まで踏んだり蹴ったりの仕事となりました。


「ガウディ」はその後、1883年から携わっていた「サグラダファミリア」の設計に没頭したため、「カサ・ミラ」は「ガウディ」が手掛けた最後の個人住宅として知られています。「ミラ」の妻「ルゼー」は夫が亡くなった6年後の1946年に、「カサ・ミラ」を不動産会社に売り渡しましたが、彼女はその後も自宅フロアに1964年に亡くなるまで住み続けました。

そんな「カサ・ミラ」の最大の特長はなんといっても、「地中海」をイメージして造られた、白い壁と波のような曲線の外観。建設当初はこの奇抜すぎるデザインが時代の先端を行き過ぎており、バルセロナ市民からは嫌われ「石切場」というあだ名で呼ばれていました。そのため、「石切場」を意味する「ラ・ペドレラ(La Pedrera)」が現地では「カラ・ミラ」の正式名称になっています。ちなみに、「カサ(Casa)」はスペイン語で「家」を意味するため、「カサ・ミラ」=「ミラ邸」となります。


完成当初こそ様々な批判を受けた「カサ・ミラ」でしたが、いつしかその画期的な建設構造や有機的で斬新なデザインは、「ガウディ」の民間建築の最高傑作と評されるまでになりました。1984年には【ユネスコ世界遺産】にも登録されています。


更に「カサ・バトリョ」の2軒分以上に相当する敷地面積があり、地下から屋根裏部屋まで8フロアー、更に当時バルセロナ初となる地下駐車場を備え合計の窓数は150、住宅としては他に類をみない大規模な建物でした。また、建築費に至っては「カサ・バトリョ」の10倍にも達し、この場所がバルセロナで一番と言える一等地を占める事でも分かるように、建物のオーナーの「ミラ夫妻」は当時バルセロナのブルジョワの中でも、トップクラスの資産家だったというのが分かります。

また「カサ・ミラ」は、「ミラ一家」の住居としてだけなく、貸し出す部屋も作られていたため、「世界遺産のカサ・ミラの部屋を借りて住んでいる人が今もいる」というのは有名な話です。1912年から賃貸可能となり現在でも3世帯が借りており、一番長い家族は70年以上に渡って住んでいるそうです。


家賃は月1,200ユーロ(日本円で約15万円)と世界遺産にしては驚きの低価格!これにはもちろん理由があり、建設当初は奇抜なデザインと高額な家賃が敬遠され借り手がおらず、長期間(3世代に渡って)値上げをしないという取り決めで借り手を募集したため、今でも安い家賃になっているのです。


〖住所〗


Passeig de Gràcia, 92, 08008 Barcelona,


〖電話番号〗


+34932142576


〖アクセス〗

「カサ・ミラ」は、「バルセロナ」の目抜き通りである「グラシア通り」に面した場所にあり、最寄り駅の地下鉄「3号線」・「5号線」の「ディアゴナル駅(Diagonal)」から徒歩1分でアクセスすることができます。

もう一つの「ガウディ建築」・「カサ・バトリョ」からも近く、徒歩5分ほどで行けます。ただし、道中は「Casa Milà(カサ・ミラ)」という表記より、「La Pedrera(ラ・ペドレラ)」という表記の方が多いので注意してください。


【カサ・ミラへ入場方法】

「カサ・ミラ」の入口は2か所あり、正面入口は「優先入場チケット予約者」の入口で、「一般チケット予約者」と「当日券購入者」の入口は、正面向かって右側の「プルベンサ通り沿い」にあります。一般チケット保持者は「Online Tickets」と書かれた列、当日券購入者は「To buy tickets」の列に並びます。

ちなみに、事前に予約(購入)していくと行列に並んでいる人を横目にスラスラと入場することができます。手荷物検査を受けて入場し、カウンタ