• 私の旅行記

スペイン バルセロナ カンプ・ノウ・スタジアム:試合観戦チケット・スタジアムツアーチケット購入方法・アクセス・当日の流れ・お土産・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:1月15日


こちらは、収容人員数9万8,000人とヨーロッパ最大級の規模を誇るスタジアムで「FCバルセロナ」のホームスタジアム「カンプ・ノウ(Camp Nou)」です!数々の名勝負が繰り広げられたこちらのスタジアムには、サッカーファンならずとも一度は訪れてみたいのではないでしょうか。


「カンプ・ノウ・スタジアム」は「UEFAエリートスタジアム(欧州サッカー連盟によるサッカースタジアムの分類のこと)」でも☆5つの最高得点を獲得しており、「FCバルセロナ」の快挙のおかげで、今や「バルセロナ」といえば「アントニオ・ガウディ」と「サッカー」といっても過言ではありません。

試合を見るのがもちろん1番おすすめなのですが、サッカーに興味はないけどスペインに行くからには「カンプ・ノウ」を間近で見たい!という方にもおすすめの「カンプ・ノウ・エクスペリエンス」という見学ツアーも催行されています。


今回はそんな、「カンプ・ノウ」の魅力・見どころ・観戦チケットの予約方法・見学ツアー・アクセス方法などについて詳しくご紹介させていただきます!

【カンプ・ノウ・スタジアム:基本情報】

〖歴史・概要〗

ここは誰もが知っている「メッシ」・「イニエスタ(現・ヴィッセル神戸)」 選手が所属している(いた)「FCバルセロナ」の専用スタジアム。世界最高峰のサッカーリーグである「リーガ・エスパニョーラ」で23度の優勝を果たしている名門クラブで、クラブの見せる攻撃的なプレーにより世界中に多くのファンを持っており、同時に地元「カタルーニャ州」の象徴としても絶大な支持を得ています。なお、「FCバルセロナ」は世界のサッカークラブ収入ランキングでは2位につけるほどのビッグクラブです。


以前のスタジアムは「レス・コルツ」にありましたが、年々増え続けるバルサファンを収容するための新しいスタジアムが必要になって来ました。そこで、現在の場所に新たにスタジアムを建設。3年後の1957年9月24日(メルセのお祭りの日)に落成式が行われ、「レス・コルツ」のスタジアム(元々の正式名称は「エスタディ・デル・エフシー・バルセロナ(Estadi del Futbol Club Barcelona)」)と区別するために使われていた、カタルーニャ語で新しいスタジアムを表す「カンプ・ノウ」という通称が2001年に「Socio(バルサの会員))による投票によって正式名称となりました。

2016年3月8日には、日本の「日建設計」と「FCバルセロナ」の本拠地「カタルーニャ」にある「ジョアン・パスクアル−ラモン・アウシオ建築設計」が提案したスタジアムの改修デザイン案が採用されることが決定。さらに2016年4月21日には改修により生まれ変わる「ノウ・カンプ・ノウ(新カンプ・ノウ)」がどのようなデザインになるのかがわかるイメージやムービーが公開されました。工事は2019年5月に始まり、完成は2023~24年頃を予定、その際には収容人数は更に増え10万5000人となる予定です。


そして「FCバルセロナ」は、インターネット通販大手の「楽天」と2017-18シーズンから4年間のメインスポンサー契約を結んだことが日本のメディアでも大きく取り上げられており、「Rakuten」の胸ロゴが入ったユニフォームもお披露目、スタジアムにも大きく「Rakuten」のロゴが掲げられ、日本人にとってはより親しみやすいチーム・スタジアムになっていますね!

そしてこの町の人々は「自分はスペイン人」と思っている人はほとんどおらず、フランコ政権時代に無理やりスペインに併合され、カタラン語使用禁止など弾圧を受けた恨みがあり、今でも「バルセロナはカタルーニャだ」と強く思っています。その象徴が「FCバルセロナ」であり、自然と応援にも熱気が入るのです。特に伝統の1戦「エルクラシコ(首都マドリードを拠点とするレアルマドリードとの戦い)」の盛り上がりは凄まじいものがあります。ちなみに、建設後の初戦「FCバルセロナ」対「レギア・ワルシャワ」の親善試合が行われ、4対2で「FCバルセロナ」が勝利し、新スタジアムに花を添えました。1999年には、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦の舞台となり、その後も数々の伝説を残し続けています。


〖住所〗


C. d'Arístides Maillol, 12, 08028 Barcelona,


〖電話番号〗


+34902189900


〖アクセス〗

「カンプ・ノウ」はバルセロナ中心部から少し離れた西側にあり、「カタルーニャ広場」からですと地下鉄を使って30分くらいの距離にあります。


スタジアムへ行くのに利用する地下鉄路線は2本あり、青のラインの「L5」と緑のラインの「L3」です。青のライン「L5」ですと「コルブラン駅(Collblanc)」、また緑のライン「L5」ですと「パラウ・レイアル駅(Palau Reial)」が最寄り駅になります。

※オレンジ色の場所が最寄り駅※


日本のガイドブックの中には最寄り駅「マリア・クリスティーナ駅(Maria Cristina)」と書かれているものがありますが、それは情報が少し古く、現在では「Palau Reial」駅が完成し、そちらの方が駅から直線の1本道で行け、更に駅からスタジアム入り口が見えるのでよりわかりやすいです。


そして「コルブラン駅(Collblanc)」と「パラウ・レイアル駅(Palau Reial)」どちらも「カンプ・ノウ・スタジアム」までは徒歩で約10分弱。どちらの路線を使うかについては上記路線図を参考に、自身の滞在されるホテルの最寄り駅で決められるのが良いでしょう。


【コルブラン駅からカンプ・ノウまで】

「コルブラン駅」駅に着いて下車すると、ホームには大きく「FC Barcelona-Camp Nou」の表示が出ていますので、この方向に進みます。

改札を出て10メートルほど進むと「Sortida Travessera de les Corts」「Camp Nou 」の案内があるので案内通り左に進んで下さい!そして地上に出ると目の前に「ガソリンスタンド」がありますので、左脇の通りを直進してください。

200メートルほど歩くと大きな通りに出るのでここを左折しましょう。ちなみに角にはカフェテリアがあります。そしてしばらく直進すると「カンプ・ノウ」の入り口が見えてきます。

すると十字路がありますので、オレンジの矢印通りに横断歩道を渡って行きましょう!ピンク印がスタジアムの入り口になります。

横断歩道を渡ると「チュロス屋」さんがあり、ここを通り過ぎるとスタジアムの入り口に到着です。入り口は複数ありますが、「コルブラン駅(Collblanc)」から行く場合は、以下の15と書かれたゲートから行くのが近いと思います。

ゲートでは、試合日がある日にチケットのチェックをしますが、試合の無い日は素通りで中へ入ることができます。


【パラウ・レイアル駅からカンプ・ノウまで】

「パラウ・レイアル駅」に着いたら階段を上がって改札へ向かい、改札を出たらを左方向に進み階段もしくはエスカレーターに乗って上がって地上に出ましょう。

地上に出たら左側の下り道をひたすら真っすぐ進むだけ!5分程歩くと入り口ゲート9番に到着します。

【目的はどうあれまずはメガストアへ行こう!】

試合観戦する・しない。スタジアムツアーに参加する・しない。に関わらず「カンプ・ノウ・スタジアム」に来たら、まずはスタジアム隣接(メインスタンド側)の「メガストア」に行くことをおすすめします!

街中やサンツ駅構内など、バルセロナショップは至る所にありますが、「メガストア」はとにかく品揃えが豊富で、どなたでも入ることできます。ただし、試合がある日は大変混雑しますし、試合開始までのオープンとなりますので、できれば試合日は避けましょう!特に試合観戦する方は、前日までに目的のユニホームやグッズなどを揃えておくと、当日スムーズに観戦することができます!

中に入ると、各選手のユニフォームを着たマネキンがお出迎え。「ホーム」・「アウェー」・「サード」など各種揃っています。主な選手のネーム入りユニフォームが並んでいますが、やはりメッシの占有率が断トツです!

試着室もありますので、ユニフォームは試着して購入すると良いでしょう。そして、地下に降りると子ども用品コーナーと旧デザインなどの衣類コーナーがあります。一角には、ガラスで仕切られた工場のようなスペースがあり、ここでは好きなネームをプリントしてくれます。日用雑貨もたくさんあり、2階には「女性用コーナー」・「シューズコーナー」があります。

試合のない日でも人はもちろん多いですが、比較的ゆっくり見て回れるので試合日はなるべく避けましょう!特に試合観戦する方は前日までに一通り目的の品を揃えておきましょう!※大事なことなので2度※


〖営業時間〗


1月2日~1月6日:09:30~19:30(月曜日~土曜日)/09:30 - 19:30(日曜日)

1月7日~4月13日:10:00~18:30(月曜日~土曜日)/10:00~14:30(日曜日)

4月4日~10月12日:09:30~19:30(月曜日~土曜日)/09:30~19:30(日曜日)

10月13日~12月31日:10:00~18:30(月曜日~土曜日)/10:00~14:30(日曜日)