• 私の旅行記

スペイン バルセロナ グエル公園:魅力・見どころ・アクセス方法・チケット予約方法まで徹底ナビ!


こちらは、バルセロナ市街北部の山の手にある公園で、スペインが世界に誇る建築家アントニ・ガウディの作品群の1つ「グエル公園」です!


「アントニ・ガウディ」といえば有名なのは、やはり「サグラダ・ファミリア」ですが、「グエル公園」も1984年に【ユネスコ世界遺産】に登録された人気の観光地であり、毎年日本からはもちろん、世界中からたくさんの観光客が訪れます。


また、公園内は緑がとても豊かで、バルセロナ市民の憩いの場でもあり、公園は高台になっているのでバルセロナ市内全体、またその先に広がる海を見渡せる絶景が臨めます。今回はそんな、「グエル公園」の魅力・見どころ・アクセス方法・チケット予約方法まで詳しくご紹介させていただきます!


※2020年6月よりコロナの影響で無料ゾーンは無くなり、全て有料となりました。早朝・夜間の入場もできなくなり、入場にはチケットの購入が必須で通常の営業時間にしか入れません。今後も状況は非常に変わりやすくなっていますので、随時情報更新していきます。※

【グエル公園:基本情報】

〖歴史・概要〗

「グエル公園」は元々、「ガウディ」のスポンサーであった「グエル伯爵」の依頼により、1900年から1914年の間かけて建設されたブルジョア階級向けの分譲住宅でした。「ガウディ」と「グエル伯爵」は工業化の進むバルセロナ郊外のこの場所に、工業化とは相反した自然に囲まれて暮らせる庭園住宅作ろうとしていました。


これを「田園都市論」といい、イギリスの社会改良家「エベネーザー・ハワード」が1898年に提唱した人間の生活の在り方に関する理論で、「都市生活の良い点を残しながらも、自然と共生した生活が大切」という考え方です。

しかし、その価値観は当時の人々に理解されず、場所の利便性も悪かったこともあり住宅は全く売れず、60戸(建設予定)のうち売れたのは2軒(建設が実現)のみで、買い手は「ガウディ」と「グエル伯爵」の2人だけでした。そして「グエル伯爵」の埋没後は建設も中断されてしまい、その後1918年に「バルセロナ市」が買い取り、4年後の1922年には「グエル公園」として一般公開が開始され、1984年には【ユネスコ世界遺産】にも登録されます。


公園内には「ガウディ」が1906年から1926年、亡くなる数か月前まで実際に住んでいた自宅が博物館として残されており、「ガウディ」自身がデザインした家具などが展示されています。当時が再現されている空間で、「ガウディ」の生活を垣間見る事ができる貴重なスポットです。


〖住所〗


08024 Barcelona, バルセロナ スペイン


〖電話番号〗


+34934091831


〖アクセス〗

「グエル公園」は、バルセロナ市内の中心部からやや離れたところにあります。以下では「無料シャトルバス」・「地下鉄」・「タクシー」・「無料シャトルバス」でのアクセス方法をご紹介します。


【無料シャトルバス】

公式サイト】などから、「グエル公園」のチケットを事前にオンライン予約すると、行きと帰りで「無料シャトルバス」を利用することができます。


料金:チケット予約者は無料

運行区間:「アルフォンスX駅」〜「グエル公園東口」

バスの運行間隔:1本/7分

所要時間:駅とグエル公園を直通15分で結んでいます。

「無料シャトルバス」は地下鉄「L4線」の「Alfons X(アルフォンスX駅)」の前から発着しており、「アルフォンスX駅」から「無料シャトルバス」の「Bus Güell(バスグエル)」を利用した場合、約15分ほどで「グエル公園南東側」の入口近くに到着します。


【地下鉄】


〖地下鉄レセップス(Lesseps)駅から徒歩〗

地下鉄「L3線」の「Lesseps 駅」出口から約20分歩くと「グエル公園」・「グエル広場・左入場門」に到着します。道は分かりやすく、途中いくつかの案内標識があります。ただし「グエル公園」に行くまでには上り坂があり、夏場の炎天下に歩く場合は注意が必要です。


〖地下鉄L4・Joanic駅からミニバス116番〗

地下鉄「L4線」の「Joanic駅」のすぐ近くにあるバス停から「116番」のバスに乗って「グエル公園」に行く方法。「Joanic駅」がバスの始発のため座って「グエル公園」まで行くことができます。ミニバスが到着する場所は「グエル公園・正面門前」。観光客がたくさんいる場所が「グエル公園」なので、降りる場所はすぐにわかると思います。


【タクシー】

「タクシー」は交通機関に比べると割高になりますが、最も楽なアクセス方法になります。「サクラダファミリア」から「タクシー」を利用した場合、「サグラダファミリア・生誕の門」の近くにタクシー乗り場があり、正面口の右手のチケット売り場から入場します。値段は7〜12€で日本よりタクシー代は安いのと、時間の節約にもなります。


〖主要スポットからグエル公園までのタクシー料金目安〗

・サグラダファミリア:7〜12€(約3km)

・カサミラ:7.5〜12.5€(約3.2km)

・サンパウ病院:8〜13€(約3.5km)

・カサバトリョ:10〜15€(約4.9km)

・カタルーニャ広場:11〜16€(約5.6km)

・ピカソ美術館:13.5〜18.5€(約6.3km)

・グエル邸:15〜20€(約7.2km)


上記は、グーグルマップで取得した距離を元に算出した、おおよその料金目安になります。料金は曜日や時間帯によっても変動しますが、基本料金「2.2~2.3€」で、以後は1kmごとに「1.4~1.7€」づつ加算されます。


【園内MAP・入場口】

「グエル公園」の敷地は広大で、入口は4か所ありチケット売り場が3か所あります。MAPの濃い内側の部分が「有料ゾーン」で外側のエリアが全て「無料ゾーン」になります。


有料ゾーン入口:ピンク枠の①~④。無料シャトルバスの「バス・グエル」や市バス「116番」・「V19」を利用する場合は①と②の入口が便利です。

チケット売り場:青枠

トイレ:赤枠の2か所


当日券が必要な方はまずチケット売り場に行きましょう!なお、当日券は地下鉄「レセップス駅」と「バイカルカ駅」にある自動券売機でも売られています。入場口のゲートには係り員が立っているので、スマホ上の電子チケットもしくは印刷したチケットを見せて入場しましょう!公園の地図もゲートで貰えます。


※入口によっては有料エリアまでたどり着くのに約30分かかるので、予約時間の30分前までに入場してください。


〖入場料金〗

「グエル公園」のチケットは、「自由見学」・「団体ツアー」・「少人数ツアー」の3種類がありますが、一般の方の9割以上が「自由見学」で園内を見学します。以下は「自由見学」のチケット「Admission ticket(General Admission)」の料金になります。


・一般(13〜65歳):10ユーロ

・7〜12歳の方・66歳以上の方・障害者の付き添いの方:7ユーロ

・6歳以下の子供・障害者の方:無料


【無料ゾーンと有料ゾーン】


「グエル公園」は、「無料ゾーン」と入場チケットが必要な「有料ゾーン(モニュメンタルゾーン)」に分かれています。「グエル公園」全体の総面積「19ヘクタール」のうち、「有料ゾーン」はわずか「1.7ヘクタール(全体の9%)」のみになりますが、ガイドブックにも載っているような人気の見どころは「有料ゾーン」にあります。「波打つベンチ」・「トカゲの噴水」・「お菓子の家」も全て「有料ゾーン」にありますので、「有料ゾーン」への入場は必須と言って良いでしょう。以下ではチケットの予約に関して詳しくご紹介させていただきます。


【チケット予約方法】


「グエル公園」のチケットは、以下の方法で購入することできます。


①「グエル公園」の【公式サイト(英語)】から購入(以下で購入手順を紹介)

② 現地のチケットオフィスで購入

③【オプショナルサイト(日本語)】から購入


「グエル公園」の観光は事前のオンライン予約が絶対におすすめです!観光当日はチケット購入の混雑に巻き込まれる事なく、予約した日時にスムーズに入場が可能となります。


またオンライン予約の場合、【公式サイト】での購入は英語での購入になりますが、日本語予約できるツアー会社を利用するのもおすすめです!日本語で購入でき、サポートも日本語ですので安心。また、【公式サイト】とほぼ同額で購入できるのも嬉しいポイントです!➡


【公式サイトでの購入方法】


公式サイトから購入される場合、英語での手続きとなりますので、以下では「一般チケット・Admission ticket(General Admission)」の購入手順・注意点などについてご紹介させていただきます。


〖(1)チケット種類の選択〗

公式サイト】にアクセスしチケット購入画面を開いたら、まず「一般チケット・Admission ticket(General Admission)」を選択します。


〖(2)購入枚数・日付・時間帯の選択〗

続いて「チケットの枚数」を選択。通常の大人のチケット(General ticket)の他に、幼児(0-6歳)、子供(7-18歳)、シニア(Over 65:65歳~)などの種類があります。枚数を選択したら右下の「Next」をクリックします。


次は「チケットの日付・時間帯」を選択。入場時間は30分単位で設定されており、時間帯の横に表示されているアンテナのようなものは、チケットの残り具合を表しています。残りがほとんどない場合は「赤」、少なくなっている場合は「黄色」、十分ある場合は「緑」で表示されます。日付・時間帯を選択したら右下の「Next」をクリックします。


〖(3)購入者情報の入力〗

続いて、予約内容が表示されます。間違えがなかったら画面を下にスクロールし、購入者情報を入力します。


購入者情報で入力必須なのは、【Name:名/Surname:姓/County:国(JAPAN)/Telephone:電話番号/E-mail:電子メール/Confirm e-mail:電子メール(確認)】。これらを入力すると電子メールアドレス宛に電子チケットが届くので、間違がないかよく確認してください。入力したら画面左下の利用規約の同意をチェックして、右下の「Pay」をクリックします。


〖(4)カード情報の入力〗

支払いはVISA/MASTER/JCBなど主要なクレジットカードに対応しています。なお、クレジットカードにパスワード登録(3Dセキュア)していない場合は、決済に失敗することがあるようです。


支払いは、通常のクレジット決済の画面と同じで【カード番号/有効期限(月/年)/カード裏の3桁数字/カード所要者氏名(ローマ字)】を入力します。入力したら「PAY NOW」をクリックします。


〖(5)パスワードの入力画面〗

続いて、パスワードの入力画面なのですが、入力画面がでない場合はクレジットカードのページでパスワードを設定してください。そして最後に、支払い通貨を「EUR(ユーロ)」か「JPY(円)」で選択します。少額なので悩むほどではありませんが、一般的には「JPY」を選択すると手数料の差で少