• 私の旅行記

スペイン バルセロナ コルセローラの塔


こちらは、バルセロナ市を見下ろす「ティビダボ山」の頂にあるテレビ塔「コルセローラの塔(Torre de Collserola)」です!


「コルセローラの塔」は、1992年にバルセロナ・オリンピックの時に建築され、建築家はかの有名な「NORMAN FOSTER(ノーマン・フォスター)」。そのこともあり、建築関係の方も足を運ぶスポットです。


今回はそんな、「コルセローラの塔」の魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【コルセローラの塔:基本情報】

〖住所〗


Ctra. de Vallvidrera al Tibidabo, S/N, 08017 Barcelona,


〖電話番号〗


+34934069354


〖アクセス〗


【直通シャトルバスT2A】

「コルセローラの塔」のある「ティビダボの丘」への行き方で最もシンプルなのは、「カタルーニャ広場」から出ている「Tibibus(T2)」€3に乗ること。乗り換えがなく間違わずに行けるため、旅行者にとってとても安心です!


ただし、「カタルーニャ広場」からのバス乗り場がとてもわかりづらいのが難点。迷わないよう正確なバス乗り場の位置をお伝えします。

・カタルーニャ広場の前にあるDesigual付近(地図のがティビダボ行きシャトルバスT2Aの乗り場)

・バス停に大きな目印はなく標識1つのみ

・チケット売り場はなく乗車時に支払う


シャトルバスの運行時間は、10時から遊園地の閉園後30分まで。時刻表が読めなくても、30分間隔でバスが来るので安心してください!また、「ティビダボ」から「カタルーニャ広場」へ帰る際は、降りたバス停がそのまま帰りのバス乗り場になります。


【その他アクセス方法】

「シャトルバスT2A」以外ですと、「メトロL7:カタルーニャ」➡「アベニーダ・ティビダボ(乗換)」➡「196番バス:Av Tibidabo-La “Rotonda」➡「Pl del Doctor Andreu-Funicular del Tibidab(乗換):フニクラ/プラサ・ダル・フニクラ駅(€7.70)」➡「山頂:ティビダボ駅」という方法や、前述の「196番バス」の部分を「ブルートラム(€5.50)」というスペイン最古の路面電車にする方法もあります。

ただし、「ブルートラム」は季節運行ですので利用される場合は、事前に調べておきましょう。運休だった場合は「フニクラ駅」までかなりの坂になりますので、歩くよりはタクシーが無難です。€5.0もかからないでしょう。

丘の麓の駅名は「プラサ・ダル・フニクラ」と言いカクテルバー(昼間はカフェバー)「Merveye」の隣にある建物です。次の駅が終点の山頂「ティビダボ」駅で、目の前に遊園地や展望台(535m)が広がりますが入場は無料、アトラクションに乗る時だけお金がかかります。そしてすぐ隣にある「サグラット・コール教会」も無料、ただし展望台に上がるエレベーターは€2.0です。

【コルセローラの塔:魅力・見どころ!】

「コルセローラの塔」は、かの有名な「NORMAN FOSTER(ノーマン・フォスター)」が手掛けたということもあり、その独特の外観もさることながら、近くで見ると圧倒されてしまいます。

また、「コルセローラの塔」は中に入ることができ、展望台からはバルセロナの街並みを一望することができます!

ちなみに、「バス停」から「コルセローラの塔」までは若干歩くのですが、道中はバルセロナ市街地と反対側の景色を眺めることができます!景色は海ではなく山!という感じで、反対側の景色も素晴らしいです。

【基本情報】

コルセローラの塔(Torre de Collserola)

住所:Ctra. de Vallvidrera al Tibidabo, S/N, 08017 Barcelona,

電話番号:+34934069354

アクセス:【直通シャトルバスT2A】

「コルセローラの塔」のある「ティビダボの丘」への行き方で最もシンプルなのは、「カタルーニャ広場」から出ている「Tibibus(T2)」€3に乗る方法です。


※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。



#Spain #スペイン #Barcelona #バルセロナ #コルセローラの塔 #TorredeCollserola #テレビ塔 #歴史 #偉人 #建築

8回の閲覧0件のコメント
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

​海外でのインターネット利用に不安・不便さを感じている方に!➡