• 私の旅行記

スペイン バルセロナ サンタ・エウラリア大聖堂


こちらは、旧市街のゴシック地区にそびえる「バルセロナ」唯一の「大聖堂(カテドラル)」・「サンタ・エウラリア大聖堂(La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulalia)」です!


「バルセロナ」に地区ごとにあるたくさんの教会の中で「司教座聖堂」と呼ばれ、「カテドラル(大聖堂)」と呼ばれるのは「バルセロナ」ではここだけ。「バルセロナ」で「教会」といえば、現在は「サグラダ・ファミリ」ですが、最も格式が高く、スペイン人にとっての一番の教会は「サンタ・エウラリア大聖堂」なのです。


今回はそんな、「サンタ・エウラリア大聖堂(カテドラル)」の歴史・魅力・見どころ・入場方法・入場料・アクセスなどについて詳しくご紹介させていただきます!

【サンタ・エウラリア大聖堂:基本情報】

〖歴史・概要〗

「サンタ・エウラリア大聖堂」は、「バルセロナ」の守護聖人である「聖エウラリア」に献堂された教会で、地元「バルセロナ」の人々からは親しみを込めて「ラ・セウ」と呼ばれています。


この場所には4世紀既に初期キリスト教の「バシリカ」が建設されており、その後「イベリア半島」が「アラブ」の占領下に堕ちた際に一度破壊されてしまうのですが、キリスト教徒による「レコンキスタ(国土回復運動)」の後、11世紀にロマネスク様式の大聖堂が再建されます。

その後、更に「ロマネスク」の聖堂を飲み込むようにし、ゴシック様式の現在見る「カテドラル」へと建て替えられたのです。現在のゴシック様式の大聖堂は13世紀の終わり、1298年5月に建設が始められ、落成したのは1450年と150年もの歳月がかかっています。


当初はレリーフも何もないシンプルな教会でしたが、「サンタ・エウラリア大聖堂」の顔とも言えるネオゴシック様式のファサードが1888年の「バルセロナ万博」のために造られ、2014年に修復工事が完了しました。1913年には両サイドに聳える2つの塔が建てられ、現在の壮麗な大聖堂へと生まれ変わったのです。


〖住所〗


Pla de la Seu, s/n, 08002 Barcelona,


〖電話番号〗


+34933151554


〖アクセス〗

「サンタ・エウラリア大聖堂」は、中世の面影が残る「ゴシック地区」にあります。地下鉄で行く場合は、「4号線」の「Jaume I (ジャウマ・プリメ)駅」が最寄り駅になります。


このエリアは「ゴシック地区」と呼ばれており、「サンタ・エウラリア大聖堂」以外にも「王の広場」・「カタルーニャ音楽堂」・「ピカソ美術館」・「ダリ美術館」・「ピカソの壁画」などの見所がありますので、まとめて観光するのがおすすめです!


〖入場料金〗

7€

※平日8:00~12:45/17:15~19:30:無料

※屋上テラス・聖歌隊席はそれぞれ別途3€かかります。

観光の入口は広場に面した正面エントランスにあり、宗教施設ですのでタンクトップやハデな服装は厳禁!入場にそぐわない服装の場合は、セキュリティチェックを受ける際に羽織る物を2€でレンタルする事になります。入場チケットは中へ入ると窓口がありますので、そちらで購入してください。


〖営業時間〗

【観光での訪問】:

月曜日~金曜日:12時30分~19時45分

土曜日:12時30分~17時30分

日曜日・祝日:14時00分~17時30分


【礼拝と祈り】:

月曜日~金曜日:8時30分~12時30分/17時45分~19時30分

土曜日:8時30分~12時30分/17時15分~20時00分

日曜日・祝日:8時30分~13時45分/17時15分~20時00分


〖公式サイト〗


https://www.catedralbcn.org/


〖MAP〗

まず教会のMAPを見てみると、大聖堂の造りは、幅40メートル、奥行き93メートル、高さ28メートルの聖堂部分とその右の中庭を取り囲む様に作られた回廊が合体した建物となっています。聖堂の入り口を入るとまず正面に「聖エウラリア」の「レリーフ」が見え、その後方に「聖歌隊席」。その先を越えた所に「聖エウラリアの棺」が収められた「地下礼拝堂」があり、更にその上に大聖堂の一番奥となる「主祭壇」と言う配置になっています。


「主祭壇」の手前、左側の「礼拝堂」の一つに屋上テラスへ登るエレベーターがあります。また、「聖歌隊席」を越えた所を右に行くと扉があり、そこを出ると修道院の中庭に繋がっており、博物館、売店、出口などは中庭を取り囲む回廊に沿って位置しています。観光順路としては、先に教会を見てから回廊の方へ進む形になり、正面エントランスは入口専用で出口は別の所にあります。


※注意事項※

・帽子の着用はマナー違反とされますので入場の際はお脱ぎください。

・写真撮影は可能ですが、フラッシュの使用は禁止されています。

【サンタ・エウラリア大聖堂:魅力・見どころ!】

〖正面のファサード〗

正面のファサードには8枚のステンドグラスがあり、モダニズム様式とルネッサンス様式のものがあります。ファサードには繊細な彫刻が施されており、門の上には合計100体にもなるキリストや聖人、天使の像が並んでいます (アーチ型になっている部分)。

ちなみに、大聖堂のファサードに付き物の「キリスト12使徒」ですが、ここでは裏切り者の「ユダ」の後任として選ばれた「マテオ(マタイ)」ではなく、本来は「最後の晩餐」に連なった「12使徒」の中には数えられないはずの「パウロ」が「12使徒」の一人に入っています。


〖バルキーノ(水道橋)〗

こちらはあまり知られていないのですが、「バルセロナ」が「古代ローマ帝国」の支配のもと、「バルキーノ」と呼ばれていた2千年前に街に水を送っていた「水道橋」が聖堂の横にあります。