• 私の旅行記

スペイン バルセロナ ミロ美術館:魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報まで徹底ナビ!


こちらは、バルセロナ市街を一望に見下ろす「モンジュイックの丘」に、スペインの画家「ミロ」が作った美術館「ミロ美術館(Museo De La Fundacion Joan Miro)」です!


「ミロ美術館」では彼の絵画、彫刻、スケッチなど「ジョアン・ミロ財団」が管理している作品1万点のうち、約300点を展示しています。展示会場、ホール、図書館、野外展示場で随時いろいろな催しものがあり、真っ白な箱のようなミニマリズムの近代的な外観もミロらしく、ミュージアムショップも充実しています。


今回はそんな、「ミロ美術館」の魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【ミロ美術館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ピカソ」・「ダリ」と共に前衛美術における世界的なスペイン人巨匠の1人と呼ばれる「ジョアン・ミロ」。その「ミロ」が1968年に構想、7年後の1975年6月10日に親友の「ジョアン・プラッツ」と共に、「ミロ美術館」を「モンジュイックの丘」に開館しました。


建物は1986年に増築され、講堂と図書館が加わり、「ミロ美術館」は「ミロ」の作品を所蔵・展示するに留まらず、現代芸術活動のセンターともなっています。なお、美術館を運営する「ミロ財団」のコレクションは14,000点以上のオブジェクトで構成され、そのうち225点の絵画、169点の彫刻、9点のテキスタイル作品、4点の陶器がその中に含まれます。


また、開館するにあたり、「ミロ」は自分の作品を展示するだけの美術館ではなく、芸術家たち、特に若い世代のアーティストをサポートできる、新しい施設を作りたいと昔から考えていました。その想いが叶い、美術館の一角にある13番の展示場「エスパイ13」は、若い芸術家たちの作品の発表場所として使われています。


【ジョアン・ミロについて】

「ジョアン・ミロ」は、20世紀に活躍したバルセロナ出身の画家。元々美術学校に通っていた「ミロ」でしたが、18歳の時にチフスを患い、長い療養生活を送ったことをきっかけに画家を目指すようになりました。


その時に訪れていた美しい「モンロッチ」の風景は、彼に大いなる影響とインスピレーションを与え、特に初期の頃の作品に多く描かれています。27歳になりパリを訪れた「ミロ」は、芸術革命運動「ダダ」に出会い、1920年代半ばになると「シュルレアリスム」に傾倒していきます。「シュルレアリスム」とは、思想革命運動の一つで「超現実主義」のこと。


この時期から、「ミロ」は作品の中で記号やなどをを多く使い始め、100以上もの「夢の絵画」を描きあげました。1929年に36歳で結婚した「ミロ」はスペインに戻り、「マヨルカ島」の「パルマ・デ・マヨルカ」にアトリエを構えます。絵を描く傍ら彫刻や陶芸、壁画などにも取り組み始めた「ミロ」。第二次世界大戦中に描かれた「星座シリーズ」や「ミロ美術館」のシンボル「財団のタペストリー」など、数多くの作品を残しています。


〖住所〗


Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona,


〖電話番号〗


+34934439470


〖アクセス〗

「スペイン広場」から「50番」のバスで約5分、ケーブルカーの「パルク・デ・モンジュイック(Parc De Montjuic)駅」から徒歩1分。


駅前には「ミロ美術館」への案内標識が出ており、標識の行き先は「Fundacio Joan Miro (ジョアン・ミロ財団)」になります。まっすぐ歩いた所にあるので迷うことなくたどり着けます。


〖入場料金〗

大人:13.00

シニア:7.00

子ども(15歳まで):無料


チケットは前もって予約購入することもできます!➡【公式サイト


ただし英語でのチケットの予約が不安な方はオプショナルツアーへの参加がおすすめ!自分の旅程にあったツアーを日本語で予約できますし、お問い合わせなども日本語で行えるので、旅前の不安もしっかり解消できます。


チケットの予約や移動の手配も全てお任せすることができるので、当日は観光だけに集中して旅行を楽しむことができます。➡

〖営業時間〗


11月~3月:10:00~18:00(日曜日10:00~15:00)

4月~10月:10:00~20:00(日曜日10:00~18:00)


〖定休日/休業日〗


月曜日/12/25・26、1/1、その他の一部祝日


〖公式サイト〗


https://www.fmirobcn.org/es/

【ミロ美術館:館内MAP】

〖1階〗

1:池、月・太陽・星

2:オリーブの木がある中庭

3:オーディオガイド・カウンター

4:チケット売り場

5:ギフト・ショップ

6:地下1階への階段

7:キャロブの木がある中庭

8:2階からの階段

9:コイン・ロッカー

10:トイレ

11:2階へ

12:地下1階(特別展)へ

13:カフェテリア、カフェ

14:ギフト・ショップ


〖2階〗