• 私の旅行記

スペイン バルセロナ モンジュイック:魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報まで徹底ナビ!

更新日:2021年5月21日


こちらは、スペインのバルセロナ市西側にある小高い丘「モンジュイック(Montjüic)」です!


「モンジュイック」は、ケーブルカーやロープウェイでのアクセスも楽しく、見どころ・名所がギュッと詰まった観光スポットとして人気があります。


今回はそんな、「モンジュイック」の魅力・見どころ・アクセス方法・基本情報などについて詳しくご紹介させていただきます!

【モンジュイック:基本情報】

〖歴史・概要〗

「モンジュイック」は、カタルーニャ語の発音に近い「ムンジュイック」と表記されることもある、バルセロナの南西にある標高185mの小高い丘です。「モンジュイック(ムンジュイック)」というのは「ユダヤ人の山」という意味だと考えられており、その歴史は古く、紀元前3世紀から紀元前2世紀頃のイベリア人の集落跡が発見されています。


実際に「モンジュイック」にはユダヤ人が埋葬されているお墓もあり、各国が領地をめぐって争っていた時代、「ナポレオン戦争」のときにはフランス軍の侵攻を食い止めるため、この丘の上に城塞が築かれました。

17世紀には、マドリードの「フェリペ4世」に対する独立戦争で勝利をおさめ、1930年代の内戦時には独裁政府に反抗した多くの市民が犠牲になりました。


また、1992年にバルセロナでオリンピックが開催された際には、主な競技の中心として利用されるなど、まさにバルセロナでは歴史の要の地。この地をなくして歴史を語れないほど、大切な場所なのです。


〖モンジュイック城(丘の頂上)までのアクセス方法〗

「モンジュイックの丘」は、観光のメインストリートである「ランブラス通り」の西に位置しており、まず地下鉄2号線の「パラレル(Parallel)駅」から「フニクラ(Funicular)」と呼ばれるケーブルカーに乗り、中腹にある「パルク・ダ・モンジュイック駅」を目指します。途中にある3つの駅でも乗り降りができるためのんびり観光ができるのもポイントです!

※地下鉄からフニクラへの乗り換えは改札口を出ないでOK!どちらもバルセロナ交通局TMBが運営しているため乗り換え料金はかかりません。

「パルク・ダ・モンジュイック駅」から頂上までは「ゴンドラ」を利用します。ちなみに、「ゴンドラ」からの眺めの良さだけで、ここに来て良かったと思えるほどの美しい景色が広がっています。

徒歩でも向かうことができますが、頂上にたどり着くまでは、なだらかですが上り坂があるので要注意!履きなれた靴やスニーカーで行くのが良いのはもちろんのこと、天候が悪くなったり日陰に入ったりすると体感温度が下がるため、暑くなる夏でも油断せずに薄めの上着を1枚持っておいてください。また、水分補給もこまめに摂ることを忘れずに!


〖モンジュイック城(丘の頂上)の入場料金〗

大人:€5(約630円)

シニア66歳以上&17~29歳: €3(約360円)

16歳以下:無料

※毎週日曜15:00〜と毎月第一日曜は終日無料


〖モンジュイック城(丘の頂上)の営業時間〗


10:00~18:00(10月~3月)/10:00~20:00(4月~9月)


【ツアーを予約する】

個人での移動・観光が不安な方は、日本語予約できるツアー会社を利用するのをおすすめします!日本語で購入でき、サポートも日本語ですので安心ですし、またホテルまでの送迎もあるのも嬉しいポイントです!➡

【無料コインロッカー】

チケットブースの手前には無料のコインロッカーもあります。コイン返却式タイプですので、帰りは取り忘れないように注意しましょう!


〖定休日/休業日〗

なし/1月1日・12月25日


〖公式サイト〗


http://www.bcn.cat/castelldemontjuic/ca/welcome.html

【モンジュイック:魅力・見どころ!】

〖モンジュイック城〗

「モンジュイック城」は「城」と名がつくものの、王族が住んだ居住地ではなく、町を守る要塞としての役割が主でした。16世紀に監視塔として建てられたのがはじまりでしたが、17世紀には監視塔としての役割のみならず、他国の攻撃から町を守っていくのが目的の軍事施設でした。

城壁のところには、当時使用した砲台が置かれており、城塞の中には軍のための食料庫や調理場、地下には貯水庫が設置されていました。貯水庫は戦いの最中に兵士達へ与えるための飲み水と、大砲を冷やすための水を確保するため。大砲は1度打つと砲台がかなり熱くなり、それを冷やしてから再度打った方が弾がよく飛ぶため、より多くの水を確保しておく必要があったわけです。

なお、この時に