• 私の旅行記

ハワイで気を付ける10のこと!

更新日:2020年12月31日


今回は、ハワイでやってはいけないこと、気をつけることを紹介します!

〖①ビーチでの喫煙、お酒の飲酒〗

ハワイの美しい「ビーチ」で美しい海を眺めながらビールやカクテルでも、、、なんて至福の瞬間をつい妄想してしまいますが、残念ながらハワイでは公共の場所での飲酒&タバコは禁止されています。

ビーチパークでバーベキューやピクニックをする時にも飲酒はできません。また、路上でアルコールのビンやカンを袋に入れずに持ち歩くことも禁止されているので気を付けてください。

屋外でお酒が飲めるのは私有地のみで、そして日本では20歳以上が飲酒OKとされていますが、ハワイでは21歳からなのです。

もちろんアイコス、電子タバコもダメですよ!日本とは厳しさの次元が全然違います。

タバコは、非喫煙者の健康を間接喫煙の害から守ることを目的とし、州や郡が定める公共の場所が禁煙区域となる「新禁煙法」が定められました。

違反者には100ドルの罰金、再犯の場合は最高500ドルまで引き上げられ、禁煙となる主な公共の場所は、、、

・州や郡が所有する建物

・レストラン、バー、ナイトクラブ

・ショッピングセンター

・空港内、公共交通機関 (バス、タクシー等)

・ホテルのロビーや通路

・スポーツアリーナ、屋外アリーナ、スタジアム、円形競技場等の座席部分

・チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居

・ビーチ、公園

・テニスコート、ソフトボール用のスタジアム、公共プール など

また、上記の禁煙となる場所の出入口より20フィート(約6メートル)圏内も禁煙区域で、ホテルでは、喫煙ルームを全室数の20%まで設定できるよう定められているものの、全室禁煙、もしくは、全館禁煙のホテルがほとんどです。

〖②世界初! 日焼け止めが規制!〗

ハワイ州は、サンゴ礁に悪影響を及ぼす成分を含む日焼け止めの販売・流通を禁止する日焼け止めの規制法を2021年1月1日に施行します。

販売禁止の対象は、サンゴ礁の白化現象や遺伝子損傷の原因になると指摘されている紫外線吸収剤の「オキシベンゾン(Oxybenzone)」と「オクチノキサート (Octinoxate)」を含む日焼け止めです。

「オクチノキサート」は、「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」という名称で、日本で販売されている日焼け止めにも広く使われています。

2019年6月現在、 旅行者に対する日焼け止めの持ち込みや使用については言及されていませんが、ハワイの海やサンゴ礁を守るために少しでも配慮したいですね。

〖③ウミガメや保護動物、植物には決して触ってはいけない〗

「ウミガメ」に関することでハワイでは絶対にタブーなことがあります!!!

ハワイでは「ウミガメ」に触れることは州法で禁じられていて、万が一にも違反すると高額な罰金を支払うことになります。。。

もちろん、エサをやったり、上に乗ったり、すぐ隣までいってセルフィー(自撮り)するなんて言語道断です!!!

「ウミガメ」との距離はだいたい2m以上は保ってくださいね。それ以上近すぎるのもダメなので。。。

写真はフラッシュをたかずにウミガメがビックリしないようにしてあげてください。「ウミガメ」はハワイでは特別保護動物とされるくらい、とっても大切にされています。

また、「ウミガメ」の産卵場所などでは、産卵中のウミガメを周りを柵で囲ってあることがありますが、この柵内に入るのも絶対にNGです!

「ウミガメ」以外にも保護動物は色々といるので、野生の動物やサンゴなどの動植物には基本的に触れないのが良い判断です。

珍しい動物、植物だからといって触らないように気を付けてくださいね。

〖④クラクションを鳴らす〗

ハワイのドライバーの方はとても親切です。アロハ精神の一つかもしれなですね。

運転中腹を立てることが合っても、その気持ちを抑えてください。

もちろん、危険を知らせるために「クラクション」を鳴らすことことはやむ得ませんが、何かある度についつい「クラクション」を鳴らしてしまう癖がある方は要注意です。

どの国でもそうですが一番は、揉め事になった時はとても大変です。日本で問題を起こすのとは訳が違いますし、中にはとても気性の荒い方もいないとは限りませんから。

〖⑤お酒を買うとき、レストランで飲食する時は身分証(外国の方もわかる物)を持って行く〗

ハワイでのお酒、タバコは21歳からとなっています。

特に日本人は若く見られますので、レストランでのアルコール注文、コンビニやリカーショップなどでお酒を購入する場合は、大抵パスポートの提示を求められます。

30代、40代の方でも年齢確認をされることは珍しくことではありません。20代は、ほぼ確実に年齢確認されるといってもいいでしょう。

「せっかく良いレストランきたのに身分証持ってきてなくてお酒飲めなかった。」なんてことありますからね。後悔しないようちゃんと準備し、管理をしましょう!

ですので、レストランでアルコールを注文、ABCマーケットやスーパーでの購入時は忘れずにパスポートを持参しましょう!

そして、0時以降はお酒の販売が終わってしまいますので、ホテルの部屋でお酒でもと思っている方はあらかじめ買っておきましょう!

〖⑥歩きスマホは違反、罰金になる〗

ハワイでの道路横断中の歩きスマホは違反・罰金です。

ハワイの「ホノルル議会」で2017年7月12日に、道路横断中の歩きスマホを違反とする法案が賛成多数で可決されました。

スマートフォンのほか、タブレットやノートパソコン、ゲーム機器、デジタルカメラも対象に。

2017年10月に施行されたばかりで、15ドルから99ドル(約2000円から約12000円)で違反回数によって異なりますが、最大500ドル(約6万円)までとなっています。

※初犯15~35ドル、1年以内に2回目は35~75ドル、3回目以降は75~99ドルの罰金が科せられます。

日本人も罰金の対象なので要注意です!日本で歩きスマホが習慣になってしまっている方は、十分気をつけてください。

また、「ジェイウォーキング (JAYWALKING)」をご存知でしょうか?

アメリカでは、横断歩道以外の道路を渡ることをこう呼び、ハワイでは「ジェイウォーキング」が原因で歩行者が交通事故にあうケースが多く、新交通規則を施行。

横断歩道以外での横断のほか、横断歩道の「DON'T WALK」サイン点滅中の横断についても130ドルの罰金が科せられてしまいます。

〖⑦ベランダに洗濯物を干してはいけない〗

世界的な観光地であるハワイは景観をとても大事してしているので、ホテルやコンドミニアムのベランダ(ラナイ)に洗濯物を干すという行為は、県間を損ねるという理由から禁じられています。