• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 アラモアナセンター

更新日:2020年12月30日


こちらは、ハワイに来たら絶対に外せない場所「アラモアナセンター」です!

ハワイ限定のお土産はもちろん、日本よりも安く手に入れられるブランド品など、350以上のブランドやローカルショップが建ち並ぶハワイ最大級のショッピングモールです!

今回は、魅力溢れる「アラモアナセンター」をご紹介させていただきます!

【ショッピング】

ワイキキビーチ」の西隣に広がる「アラモアナビーチ」には、広大な「マジックアイランド(アラモアナ公園)」と共に、ローカルの方はもちろん観光客の憩いの場所として超が付くほどの人気スポット。

そんな「マジックアイランド(アラモアナ公園)」の目の前に建つ「アラモアナセンター」には、一流ブランドのブティック、日本未上陸のアメリカンブランド、4つのデパートなど350店舗以上の人気ショップがフロアに分かれて集結しています。

モールの中央のセンターコートは2013年に改装され、2015年にはモールの西側が拡張されました。

より一層美しくなった「アラモアナセンター」は魅力度も倍増しています!

ワイキキ」からのアクセスも、市バスやトロリーでわずか10分程度ととても便利です!

1日ではとても回りきることはできない広さ上に、ショップの数がものすごいので何度も足を通って、お気に入りのアイテムをゲットしてください。

また、「アラモアナセンター」はオープンエアの造りで、ハワイの日差しや風を感じながらショッピングが楽しめるのも魅力の一つです。

吹き抜けとなっている2~4階の中央部には鯉が泳ぐ池や花や緑が豊富で、ゆったりとした気分にもさせてくれます。

20万平方メートルの広大な敷地に、東西に延びた建物は、、、

〖1F〗:ストリートレベル

〖2F〗:モールレベル

〖3F〗:サードレベル

〖4F〗:アッパーレベル

〖1F〗:ストリートレベル

ページの左が海側でページ右が山側になります。

真ん中にある「センターステージ」を起点とし、左右に店舗が広がります。

「1F」には、「マカイマーケット」と「シロキヤジャパンビレッジウォーク」といったフードコートや、観光客にも大人気のスーパー「フードランド・ファームズ アラモアナ」などがあります。

また、山側のトロリー乗り場近くには、「サックス・フィフス・アベニュー」のアウトレット「サックス・オフ・フィフス」があります。

〖2F〗:モールレベル

「2F」は、有名ブランド・宝飾ブランド・ヨーロッパのブランドがたくさん揃うセンターでも最もハイエンドなフロアです。

また、「マウカウィング」の突き当たりに生活雑貨や服飾を扱うスーパー「ターゲット」や、「メーシーズ」側(ダイアモンドヘッドウィング)に、フードコート「ラナイ」があります。

〖3F〗:サードレベル・〖4F〗:アッパーレベル

「3F」には、スポーツウェア、シューズ、ローカルブランド、スポーツウェア、子供服、おもちゃなどのカジュアルでファミリーに人気のブランドが揃います。

またゲームセンターやボーリング場などの遊戯設備とカフェバーが一緒になった「ラッキー・ストライク ソーシャル」が2017年にオープンしています。

「4F」は、オープンエアの「ホオキパテラス」などのお店も多いレストランフロアです。

〖店舗数〗

全ての店舗:361

オープン予定店舗:8

アクセサリー:37

キッズファッション:21

シューズ:17

ジュエリー & 時計:23

スペシャルティー:48

スポーツ & フィットネス:8

デパートメントストア:7

フード:107

プロフェッショナルサービス:1

ヘルス & ビューティー:28

ホーム & 家庭用品:3

メンズファッションジ:52

レディースファッション:73

電化製品 & エンターテイメント:16

※2019年8月時点

以上の4フロアで構成されており、建物東側に「メイシーズ」、中央に海側に「ニーマン・マーカス」、その間を埋め尽くすように「リーテル・ショップ」が建ち並び、山側「ノード・ストローム」へと続く2~3階の「コンコース」にもたくさんの人気ショップがあります。

マップ:https://www.alamoanacenter.com/ja/parking/

ショップリスト:http://www.alamoanacenter.jp/shops/index.aspx

【ダイニング】

ダイニング関連の充実さも、「アラモアナセンター」の魅力の一つとして欠かせないものです。

軽食から本格的なダイニング、ナイトクラブに至るまで、目的のお食事がきっと見つかります。

「アラモアナセンター」内には、、、

・センター中央にあり、ローカルフード・和食・中華・メキシカン・イタリアンなど各国料理が楽しめる「マカイマーケット」。

場所:アラモアナセンター1階の中央付近。JCBカード利用で無料になる「ピンクトロリー」もしくは「レインボートロリー」の停留所の目の前

・落ち着いた雰囲気でちょっとグルメな「ダイヤモンドヘッドウィング」の「ラナイ@アラモアナセンター」。

場所:ダイヤモンドヘッドウィング2階

・そば・うどん・たこ焼きなど30もの和食テナントが入る「エヴァウィング」の「シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク」。

場所:エヴァウィング1階

以上の3つフードコートがあります。

1階海側の「マカイ・マーケット」は、ショッピングの合間の軽食にぴったりな70軒を超えるお店がひしめき、各自好きな物を選ぶのは楽しいですが、全部が美味しそうなので、選ぶのに時間をかけ過ぎないように気を付けて下さいね。

また、軽食というもののボリューム満点ですので、十分満足感のある食事ができます。

また、4階「ホオキパ・テラス」には、本格的なダイニングが楽しめる人気レストレンやバーが勢ぞろいしています。

もちろん4階「ホオキパ・テラス」以外にもレストランやカフェが点在しているので、迷ったら「アラモアナショッピングセンター」にたくさんなるインフォメーションに相談してみて下さい。

もちろん日本語対応してくれます!

レストランリスト:http://www.alamoanacenter.jp/shops/index.aspx?cate=20

【アラモアナ・ショッピングセンターで楽しめるアクティビティ!】

〖ハワイ文化に触れられるフラショー!〗

さらに、「アラモアナセンター」の楽しみはまだまだあります!

それは「アラモアナセンター」のセンターステージで常時無料で行われるエンターテイメントです!

毎日10時から、約20分の無料「フラダンスショー」が行われ、日曜日には子供たちによる「ケイキ・フラダンスショー」が行われます。

ショッピングの合間にハワイのエンターテイメントを楽しむことができます。

また、全館あげてのサイドウォークセールも年に4階開催され、人気商品が店頭にズラリと並び、いつも以上に賑わいを魅せます。

※開催は1月・4月・7月・10月です。

他にも、毎年3月に行われるショッピングイベント「ショップ・ア・レア」、7月恒例の独立記念日の花火、11月の感謝祭明けセール「サンクスゲッティングデー」なども行われます。

また、季節ごとのイベントも盛りだくさんなので、いつ何時訪れてもとにかく楽しいのが「アラモアナショッピングセンター」の魅力なのです!

イベント情報:http://www.alamoanacenter.jp/event/index.htm

〖鯉の餌やり体験〗

「アラモアナセンター」にて、すべての年齢のお子様たちが楽しめる、ファミリー向けのアクティビティが「鯉の餌やり体験」がスタートしました。

「ダイヤモンドヘッドウィング」と「エヴァウィング」にある2ヵ所の鯉の池で、「錦鯉の餌やり体験」がスタートし、「ダイヤモンドヘッドウィングの鯉の池(モールレベル2F、バリー前)」では毎日午前10時30分と午後4時、「エヴァウィングの鯉の池(モールレベル2F、ディオール前)」では毎日午前10時に実施しています。

「アラモアナセンター」は1959年以来、鯉の世話を続けており、その年齢は2歳から30歳までと幅広いです。

赤松葉(あかまつば)、茶鯉(ちゃごい)、ドイツ紅白(どいつこうはく)、ドイツ昭和(どいつしょうわ)、羽白(はじろ)、張り分け黄金(はりわけおうごん)、輝黒竜(きこくりゅう)、菊水(きくすい)、紅白(こうはく)、孔雀(くじゃく)、白無地(しろむじ)、白写り(しろうつり)、昭和三色(しょうわさんけ)、墨衣(すみごろも)、大正三色(たいしょうさんけ)、山吹黄金(やまぶきおうごん)と、16種類が揃います。

【基本情報】

鯉の餌やり体験

場所:ダイヤモンドヘッドウィングの鯉の池(モールレベル2F、バリー前)

日時:毎日午前10時30分 / 午後4時

場所:エヴァウィングの鯉の池(モールレベル2F、ディオール前)

日時:毎日午前10時

公式サイト:https://www.alamoanacenter.com/en/events/FeedtheFish.html

〖アラモアナセンター・アートウォーク〗

「アラモアナセンター」内には、「アラモアナセンター・アートウォーク」と呼ばれるアート作品の展示が行われています。

インスタ映え確実の敷地内に散りばめられたアート作品の中には、日本からも「草間彌生」さんの作品が展示されています。