• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 ウェット&ワイルド・ハワイ

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島の西、晴天率が高い「カポレイ」にある、常夏ハワイの1番の人気テーマパーク「ウェット&ワイルド・ハワイ」です!

東京ドームの約3倍、約3万5000坪のトロピカルな敷地の中に、日本では味わえないエキサイティングな体験をすることができます。

絶叫スライダーや水のジャングルジムなど、子供から大人まで幅広い年齢層の方々にお楽しみ頂ける25種類以上のアトラクションが用意されています。

巨大な波の出るプール「ハワイアン・ウォーターズ」・スリル満点の「トルネード」・お子様が安心して楽しく遊べる「ウォーターワールド・プレイグランド」など。

パッケージも「ウェット&ワイルド・ハワイ」と「オプショナルツアー」を組み合わせた各種コンボなど、お得なパッケージも上手に活用したいですね。

また、深水設定やハイレベルのライフガードの配置の他、高い安全性への配慮も確保されていてとても安心です。

【人気アトラクション】

「ウェット&ワイルド・ハワイ」では、「リラックス系」「エキサイト系」「絶叫系」とアトラクションを3種類にカテゴライズしています。

その中でもおすすめのアトラクションをそれぞれご紹介していきます。

〖カポレイ・クーラー〗:「リラックス系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗

約260メートルの流れるプールを浮き輪でゆったりと下るアトラクション「カポレイ・クーラー」。

流れが速くなったり・滝に出くわしり・水が噴出したり。とメリハリがあるので、子供から大人までとても楽しむことができます。

【基本情報】

身長制限:なし。※小さいお子様はライフジャケット着用要

オープン時間:12:30~閉園1時間前まで。

〖ウォーター・ワールド〗:「リラックス系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗

7種類ものファミリースライド・水に浮かぶ蓮の葉を渡るゲーム・ミニアトラクションが楽しめる巨大アクティビティプール「ウォーター・ワールド」。

小さなミニゲームをたくさんクリアしていく感覚で楽しんでみてください。

【基本情報】

身長制限:なし。※中央に位置するスライドのみ身長102cm未満のお子様は滑ることができません。

〖ハワイアン・ウェーターズ・ウェーブ・プール〗:「エキサイト系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗

ハワイ唯一の造波プール「ハワイアン・ウォーターズ・ウェーブ・プール」。

61cm~122cmの波を楽しむことができ、子供から大人まで楽しめること間違いなしです!

浮き輪の持ち込みはNG・園内貸し出し(一部有料)のものを利用してください。

【基本情報】

身長制限:なし。※身長122cm以下はライフジャケット(無料)着用要

〖ワイメア・ワール〗:「エキサイト系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗

2015年5月にオープンした比較的新しいアトラクション「ワイメア・ワール」。

らせん状のチューブを浮き輪で滑り降りた後、大きなすり鉢状のボウルへと落下していきます。

【基本情報】

身長制限:あり。122cm以上。

体重制限:あり。1人乗りは体重113キロまで、2人乗りの場合は合計体重181キロまでです。

〖ダ・フローライダー〗:「絶叫系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗

園内唯一の有料アトラクション「ダ・フローライダー」。

特殊なボードに乗って、人口の波に乗ったり、ターンしたりとサーファー気分を満喫味わえ、初心者でも簡単に体験できるのが魅力。

【基本情報】

料金:

ボディボード又はスタンドボード:$2.00/回

ボディボード乗り放題:$5.00/日

ボディボード&スタンドボード乗り放題:$10.00/日

・チケットは「デイビー・ジョーンズ・ロッカー/カスタマーサービス」(地図7番)にて。

・スタンドボードをご利用の場合、「Liability Release Form」にご署名のうえ、身分証明書(パスポートのコピー可)を提示。

身長制限:

ボディボード:107cm以上

サーフィン:132cm以上

〖シャカ〗:「絶叫系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗

世界一大きなハーフパイプのスライド「シャカ」。

障害物など何もなくただU字型のスライドを落ちていくというシンプルな構造ですが、日本ではなかなか味わえないスリリングなアトラクションです。

【基本情報】

身長制限:あり。122cm以上。

〖トルネード〗:「絶叫系」

〖画像:ウェット&ワイルド・ハワイ公式サイトより〗