• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 カカアコ地区

更新日:2020年12月30日


こちらは、 町全体がウォールアートで彩られたハワイ屈指のフォトジェニックなスポット「カカアコ地区」です!

真っ青な空と壁一面に描かれたカラフルなアートのコラボレーションは、まさにインスタ映え必至で、人気急上昇中の観光スポット!

嬉しいことにここ「カカアコ地区」は、ホノルルの中心地「ワイキキ」からも近く、気軽にアクセスすることができるのです!

今回はそんな、ハワイの話題のスポット「カカアコ」をご紹介させていただきます!

【カカアコとは?】

「カカアコ地区」は、ウォールアート・グルメ・スーパー・住居など、再開発が急速に進む注目のエリアです。

「アラモアナ」・「ワイキキ」からも近く、トロリーやバス、biki(シェア自転車)でも行くことができる距離にあり、「アラモアナショッピングセンター」から歩いても20分程度と、気軽にアクセスできる場所にあります。

そのため、ウォールアート観光、カフェでランチ、ショッピング、夕方のちょっとした呑み、複合商業施設・SALT(ソルト)やワードビレッジなど、気軽に「カカアコ地区」を堪能することができるのです。

もともとは自動車整備工場や倉庫街が建ち並ぶ地区でしたが、「ダウンタウン」や「ワイキキ」へのアクセスが便利なことから現在も「カカアコ再開発プロジェクト」が進められ、高級コンドミニアムなどが建ち並ぶ注目のスポットとなっています。

そんな「カカアコ」には2つのエリアが存在し、それぞれに下記の特徴があります。

〖ソルト(SALT)・ウォールアート〗

・インスタ映えするウォールアートが沢山集まるエリア

・可愛いカフェ・レストラン・ビアホール・オーガニックスーパーなど、お洒落で新しいお店が続々登場するエリア

・「人気B級グルメ店」も健在

・倉庫街で、近年になって開発され始めたエリア

〖ワードビレッジ〗

・ローカルから人気のレストラン・プレートランチ店が存在

・ショッピングも楽しいエリア

・ノードストロームラック(一流ブランドのアウトレット店)

・T.J. Maxx (一流ブランドが最大60%オフで買える)

・ホールフーズマーケット・クイーン店(2018年5月新規オープン)

〖カカアコのウォールアートはPOW! WOW! HAWAIIから始まった!〗

「カカアコ」がインスタジェニックなウォールアートの町として有名になったのは、地域の活性化を目的に始まった「POW! WOW! HAWAII(パウワウ・ハワイ)」というアートイベントがここで行われるようになってからのことです。

この「パウワウ・ハワイ」は2011年にスタートし、毎年2月に行われているアートイベントで、地元のアーチストだけでなく、世界中から集まったアーティストたちがカカアコ地区の様々な場所で、1週間かけて巨大なウォールペインティングを行います。

「パウワウ・ハワイ」開催期間中は、アーティストがウォールアートを描いているところを見学したり、路上でのアート・パフォーマンスを楽しむことができます。

「パウワウ・ハワイ」は毎年開催されるため、前年に書かれた大多数のアートは、新しいアートに上書きされてしまいます。

そのため、「カカアコ」にあるウォールアートのほとんどは毎年入れ替わっており、インターネットでお気に入りのアートを見つけて行ってみたら、もう違うアートに変わっていた!なんてことも十分あり得るのです。

「カカアコ」のウォールアートはまさに「今」しか見られないモノで、お気に入りを見つけたら、それが書き換えられる2月の「パウワウ」前に行く必要があります。

しかし、それゆえに毎年違うアートが見られるのも、とても魅力的です!

【SNS映えするウォールアート】

「カカアコ地区」に点在する「ウォールアート」は、様々なアーティストがイラストを描いたアート作品です。

「カカアコ」のウォールアートはオシャレで色鮮やかな作品が多く、写真映えがすると若い女性を中心に大人気!

「Instagram」や「Pinterest」などのSNSでは、「カカアコ」のウォールアートがズラリと並びます。

フォトジェニックなスポットとしても名高いことがよくわかります。

中でも特に人気なのが、New York在住のアーティスト「Kevin Lyons」さんの描く「カラフルモンスター」です!

人気かつ話題として取り上げられることも多いため、「雑誌やSNSで見たことがある!」という方も多いかもしれません。

ポップで明るい色彩は、画面映えもバッチリで、色鮮やかなハワイらしさを象徴した作品とも言えるでしょう。

場所や絵柄は変わりますが、このカラフルでファンキーなモンスターたちのアートはここ数年、「カカアコ」のどこかで見ることができます。

アートの前では記念写真を撮る女子たちでいつも賑わっていて、まさにインスタ映えする場所がココなのです!

※2019年8月時点での「カラフルモンスター」の場所はここです!⇓⇓⇓

そのほかにも魅力的なアートはたくさんありますが、「カカアコ」のウォールアートの特徴は、壁全面を使ったスケールの大きなアートが多いこと。

透き通るような青空と壁一面のカラフルなアートとのコラボレーションはまさにハワイならではで、見ているだけで幸せな、明るい気持ちになってくるのが不思議ですね!

日本でも見たことのある、大人気キャラクターを発見することもできるかも!

「カカアコ地区」のアートは毎年入れ替わるものもありますので、みなさんが訪れる頃にはまた違った作品が楽しめるかと思います!

【アクセス】

「カカアコ」は「ワイキキ」の中心部から「アラモアナ・ブールバード」を西へ約5キロ、「アラモアナ」と「ダウンタウン」の間に広がる地区です。

実際に「カカアコ」のウォールアートを見たい場合、アクセス手段は「ザ・バス」・「トロリー」・「Biki」・「徒歩」・「レンタカー」・「タクシー」・「ツアー」などです。

「カカアコ」はハワイの中心地「ワイキキ」やハワイ最大級のショッピングモール「アラモアナセンター」から歩いて20分ほどの距離にあります。

比較的アクセスの良い場所にある観光地なので、少し時間ができた際に、気軽に足を運ぶことできます。

まずは、ウォールアートに出かける場合に知っておきたいポイントをご紹介します。

〖まずはwebサイトでウォールアートの場所をチェック!〗

拡大してみると、地図上には数多くのマーキングが見受けれられます。

この1つ1つのマーキングは、それぞれウォールアートの場所を表しており、マーキングの数がウォールアートの量を物語っていますね。

ただ、一口に「ウォールアート」と言ってもこれだけの数があるので、あらかじめどのエリアを見るのか決めておいても良いでしょう。

また、「カカアコ・ウォールアート」の火付け役となったイベント「パウワウ・ハワイ」のwebサイトでは、現在「カカアコ」で見ることのできるウォールアートが掲載されています。

どんな作品があるのかあらかじめ知りたいという方は、ぜひご覧ください。

〖ザ・バス〗

ワイキキからソルト(カカアコ)へ】

「ワイキキ・クヒオ通り・山側バス停」から、「19番」・「20番」・「42番」のいずれかに乗車すると、乗り換えなしで「ソルト」まで行けます。

また、「ワイキキ」から本数の多い「8番」に乗って「アラモアナセンター海側バス停(下記)」で乗り換えるのもおすすめです!

アラモアナセンター(海側バス停)からソルトへ】

「アラモアナセンター・海側バス停」から乗車する場合は、上記の「19番」・「20番」・「42番」に加え「56番」・「57番」・「57A」・「60番」のいずれかでも行くことができます。

バスは「アラモアナセンター海側バス停」を出ると「ワードヴィレッジ」へ行き、その後右手に事務用品店「Office Max」が見えたら次の停留所で降りますので、降車サインを出しましょう。

バスを降りると目の前に、緑色の外観が目立つレストラン「ハイウェイイン」があり、停車の直前に確認出来ます。(進行方向・右手に見えます)

このバス停は、「アラモアナセンター」海側の次から数えて6個目になります。

【帰り方】

帰りのバス停は、行きで降りたバス停の目の前・大通りを挟んだ向かい側にあります。

路線は行きと同じで、「ワードビレッジ」・「アラモアナセンター」までなら「19番」・「20番」・「42番」・「56番」・「57番」・「57A」・「60番」(この停留所で停まる全てのバス)になります。

「ワイキキ」までは、「19番」・「20番」・「42番」になります。

また、「カカアコ」から「アラモアナセンター」までなら路線が多いので、とりあえず「56番」・「57番」・「57A」・「60番」で終点の「アラモアナセンター」山側バス停まで行き(#426で下車)、「8番」か「E」に乗り換える手も(#760から乗車)おすすめです!

〖トロリーバス〗

「カカアコ(ソルト)」へは、下記の各社トロリーで行く事も出来ます。

※停留所の場所は全て同じですが、各社で呼び名が異なります。

※「トロリー利用券付ツアー」の方など、利用できる方は是非チェックしてみてくださいね。

・レアレアトロリー「ダウンタウンライン」:ソルト・アット・カカアコ停留所

・JTBオリオリウォーカー/トロリー「ワード/ダウンタウンルート」:カカアコ停留所

・レインボースカイ/トロリー「ダウンタウンルート」:ソルト・アット・カカアコ停留所

・ワイキキトロリー「レッドライン」:ソルト(カカアコ)停留所

※上記トロリーは都度払い制度は無く、専用チケットが必要です。

〖Biki〗

シェア自転車「Biki」は、短時間だけのちょい乗りにおすすめの「レンタサイクル」です!

「アラモアナ」から「カカアコ」まで気軽に行けるのはもちろんのこと、「アラモアナ」まで帰る際や「カカアコ」のウォールアート巡りにも便利です!

「Biki」の乗り方は、「Bikiストップ」で借りて➡行きたいところまで行く➡近くの「Bikiストップ」で返却する。というとてもシンプルで簡単です!

一般的なレンタサイクルと違う所は、、、

・セルフサービス

・bikiストップから、bikiストップへ

・bikiストップなら、どこで返してもOK

・短時間の移動に最適

【料金】:

シングルライド:$3.5+税

・1回のみの都度払い