• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 サンセットビーチ

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島「ノースショア」にある、サンセットが美しく静かで人気のあるビーチ「サンセットビーチ」です!

夏場は海が穏やかで、泳いだりシュノーケリングをすることができ、冬は大きい波が入ってくるため、サーファーのビーチとなり、サーフィンの大会が開かれることでも有名です。

白いサラサラな砂と、長く続く海岸線は3.2キロメートルほどもあり、オアフ島の中でも1番長いビーチの1つです。

「サンセットビーチ」は、水平線が180度以上見渡せ、海の水は澄み切っており、青い空と白い砂浜は静かで心も身体もリラックスできます。

【夏場と冬場の違い】

ハワイのビーチで遊ぶ予定を立てる際の基本として、知っておきたいのが、夏場と冬場の波の違いです。

簡単に説明すると、夏場にはオアフ島の南側が高く、北側の波が穏やかになります。

冬場には、その反対で、南側の波が穏やかになり、北側の波が高くなります。

つまり、夏場はオアフ島の北側、「ノースショア」のビーチは、穏やかに過ごせる環境にあるわけです。

更に、この時期は、冬の高い波目当てのサーファーもいないので、混みにくいというメリットもあります。

ですので、夏場の「ノースショア」のビーチは、リラックスして過ごせるので、観光客にとってはおすすめのビーチスポットとなります。

「ワイキキ」の賑やかな喧騒を離れて、静かにボーっとしたい。という方にはとても良いですね。

【サンセットビーチが1番おすすめ!】

ノースショア」のビーチと言っても、たくさんありますが、その中でも私が1番におすすめしたいのが、「サンセットビーチ」です!

「ワイキキ」からは車で約1時間弱の距離にあります。

なぜおすすめかというと、ビーチの景色がとにかく美しいからです!

奥行きあるサラサラとしたパウダーな砂浜が広がり、海はエメラルドグリーンに輝いた美しい景色を見られます。

そして、ビーチ全体の幅も広く、美しいカーブを描いた海岸線を見ることができます。

【サンセットビーチは夏場がおすすめ!】

上記でもご説明した通り、「サンセットビーチ」は、夏場と冬場でその様子が一変します。

冬場の「サンセットビーチ」は、サーフィンの世界大会が開催されるほどの高波が押し寄せます。

そのため、その波目当てのサーファーで混雑するだけでなく、海水浴しようものなら危険が伴います。

ちなみに、冬場の波はこのくらいの高さの波が押し寄せます。

また、サーフィンの大会が開催される時期は特に混雑し、車を駐車する場所を探すのに苦労します。

一方で、夏場の「サンセットビーチ」は、穏やかな波となり、大きく広がる美しい砂浜、美しいエメラルドグリーンの海を眺めているだけでリラックスできます。

オアフ島で美しいビーチと言うと、南東部にある「ラニカイビーチ」がとても有名です。

しかし、夏場の「サンセットビーチ」は、その「ラニカイビーチ」引けを取らないくらい美しいビーチです。

特に、広く綺麗な砂浜に関しては、「サンセットビーチ」の方が美しいです。

【海水浴する際の注意点】

夏場の「サンセットビーチ」は、穏やかなので海水浴もできますが、波際から先が急に深くなっていますので、泳げない方などは特に注意が必要です。

また、「サンセットビーチ」には、原則としてライフガードがいますが、夏場の日中にはいない可能性もあります。

実際に、ライフガードの監視塔に誰もいないこともあります。

ですので、海水浴する場合は、海に入る前に監視塔にライフガードがいるのかを確認してから入ったほうが良いでしょう。

また、「サンセットビーチ」には売店がないため、食べ物や飲み物は持って行ったほうが良いです。

近くにパイで有名な「テッズ・ベーカリー」というお店がありますので、車で訪れる方は、ここでお弁当やパイ、ケーキ、ドリンクを買っていくのも良いかもしれません。

【サンセットビーチのサンセット(夕日)】

「サンセットビーチ」は、その名が示す通りハワイで観られるサンセット(夕陽)の中でも綺麗で美しい場所として有名です。

長い水平線と広い空に消えていく太陽の光のグラデーションは、日本では見ることができないものです。

ハワイは、日の入りが最も遅いのが7月で、最も早いのが12月になります。

【サンセットを見に行く際の注意事項】

〖帰りの運転には要注意!〗

美しい「サンセット」と見た後は、気を付けることが多々出てきます。

「日が沈んだ後は、真っ暗な道を進むことになる。」ということです。

この注意点に関しては、夕日が沈んだ後ですので、辺りが暗くなるのは当然ですが、ただ暗いだけではなく、真っ暗になります。

なぜなら、「サンセットビーチ」から「ワイキキ」までの帰り道の道沿いは、日本の道路のように道路脇に電灯がないからです。

更に、走っている車も少なく、日が沈むと完全に真っ暗になります。

そのため、「フリーフェイ」に乗るまでの下道は、コワいくらい真っ暗な道を運転することになります。

そうは言っても、防ぎようのないことですので、くれぐれも運転にはご注意ください。

</