• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 シャングリラ回教美術館:魅力・見どころ・ツアー予約方法まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月30日


こちらは、「ダイヤモンドヘッド」の麓の高級住宅地「ブラックポイント」に建つ超豪邸で「シャングリラ」の異名をとる故ドリス・デューク邸が、「シャングリラ回教美術館(Shangri La Museum of Islamic Art, Culture & Design)」として一般に公開されています。

ガイドブックにも詳しく記載されているものが少なく、聞き覚えのない方も多いかもしれません。「理想郷(ユートピア)」という名の意味をもつ「シャングリ・ラ」はその美しさと豪華さから「ハワイの宝」とも呼ばれています。

アメリカの大富豪であり慈善家でもあったドリス・デューク氏が1937年に建立した邸宅「シャングリラ」には、インドやイラン、スペイン、エジプト、モロッコ、シリアなど、イスラム文化の影響を強く受けた芸術品が約5,000点展示されています。

現在は写真撮影も可能になり、よりホットになった、今一番行きたい場所「シャングリ・ラ」について詳しくご紹介させていただきます。

【歴史・概要:ドリス・デュークの理想郷「シャングリ・ラ」 】

『Doris Duke’s Shangri la』(D.Dシャングリラ財団、ホノルル美術館監修)で紹介されたペルシャ詩の一節。

「If there be a Paradise on Earth, it is here, it is here, it is here.-もしこの地上に理想郷というものがあるとしたら ここにある ここにある ここにある。」

アメリカのタバコ王の一人娘「ドリス・デューク」はハワイの「ブラックポイント」に青い海と空とイスラムアートの織りなす美しい邸宅「シャングリラ」と呼ぶ「理想郷(シャングリ・ラ)」を作りました。

※「シャングリラ」とは小説『失われた地平線』に登場する理想郷の名前※

画像参照:Shangri La, Doris Duke Foundation for Islamic Art

「ドリス・デューク」は、1912年、アメリカの「タバコ王」と言われた大富豪の一人娘としてニューヨークで生まれました。

父は、タバコと電気会社の経営で成功を収め、一代にして巨万の富を築いた大実業家の「ジェイムス・ブキャナン・デューク」。しかし、ドリスが幼い頃に父「ジェイムス」が亡くなり、一人娘であった彼女は当時のお金で約1億ドル(現在の価値で約10億ドル)の遺産金を手にしました。

まだたった12歳だった「ドリス」は、「世界一リッチな少女」として世間から好奇の目にさらされ、注目されました。

常に世間の注目を集めていた「ドリス」は、旅行、芸術鑑賞、歴史や文化、サーフィン、カヌーパドリング、セイリングなどのマリンスポーツと、非常に多趣味であったといわれています。

21歳の時に「ドリス・デューク・ファウンデーション」を設立し、慈善家としての活動を始め、その活動は彼女の生涯を通じ、医療、環境保護など多岐にわたって行われました。

それから、「ドリス」は世界から注目を浴び続けて止まない日々を過ごし、1935年22歳の2月に「ジェームズ・クロムウェル」と結婚。9カ月の新婚旅行で訪れた中東の各地のイスラム芸術に興味を抱き、インド、モロッコ、エジプト、シリア、イラン、イラク、トルコなどの各国に芸術作品の収集目的として幾度となく足を運びました。

そしてハネムーンの最終地点であったハワイへ到着した「ドリス」は、ハワイ独自の多文化を受け入れる空気や、住んでいる人の人柄に心打たれ、ハワイに家を建てることを決意します。

1936年に青い海と熱帯の木々に囲まれた「ブラックポイント」と呼ばれる場所に私邸の建設を始め、彼女の言葉を借りると「アラビアンナイトの物語」のような内装で。

「ドリス」の友人が、彼女になぜハワイにイスラム風の家を建てたいのかと尋ねた時、「それは偶然二つのものに同時に恋に落ちたようなもの」と答えたそうです。

画像参照:Shangri La, Doris Duke Foundation for Islamic Art

そして、1937年に完成した「シャングリ・ラ邸」は、外側はダイナミックな海と緑豊かなガーデン、プールや噴水からなり、ハワイの自然と見事に調和させ、邸宅内には3500点以上ものアートを散りばめたイスラムアートの魅力であふれています。

1993年、80歳にして生涯を閉じた時には、彼女の不動産の資産を含む9割は彼女の名前を冠した財団に寄付され、生涯をかけてひとつひとつの美術品を集め、自身の好みを追及して創り上げた「シャングリ・ラ」は、彼女にとっての「理想郷」であり、宝物、そして彼女の生涯そのものであるのです。

そして、これまでは限られた人しか立ち入れなかったのですが、「ドリス・デューク」氏の没後、2002年にイスラム文化の芸術や建築様式を展示する美術館として一般公開されました。

邸宅内には同氏が1912年から93年の間にかけて、北アフリカや中東、南欧、東南アジアを旅した際に集めたイスラム芸術のコレクションが多数展示されています。また邸宅内ではタイルなどの装飾も中東文化の深い影響を受けています。

【シャングリラ・ツアー:予約方法・注意事項など】

「シャングリラ・ツアー」は、「ホノルル美術館」が主催する人気のツアー!「ホノルル美術館」から、シャトルバスで移動しイスラム芸術を集めた豪邸を見学するものです。

「シャングリ・ラ」は現在、「ドリス・デューク慈善財団」によって管理されているため、「ホノルル美術館」が主催する小人数・完全予約制の鑑賞ツアーでのみ一般公開されています。

【英語ツアー】は、毎週水曜日~土曜日の午前9時、10時30分、そして午後1時の3回。【日本語ツアー】は、毎月最終金曜日の正午からの約90分間のツアーになります。

まずは正午に「ホノルル美術館」で受付、その後12時15分にツアー・バスが出発します。12時30分~2時まで「シャングリラ邸」の見学ツアーが行われ、午後2時15分に「ホノルル美術館」に戻ってきます。参加費は1人$25で、12才以下の子どもは参加できません。

ただし、こちらは大変人気のあるツアーなため、予約なしでは参加が難しく事前予約が必要となります。ご参考にこのツアーについて詳しくは、こちらの「ホノルル美術館」の公式サイトをご覧ください!➡〖ホノルル美術館のシャングリラ・ツアー(一部日本語)

〖日本語シャングリラ・ツアーの予約が難しい理由〗

このツアーには、曜日は限定されるのですが、日本語ができるガイドが案内する日本語ツアーがあります。しかし、その日本語ツアーの予約の仕方が、英語が苦手な人には少し難しいのです。

その予約の仕方については、〖ホノルル美術館のシャングリラ・ツアー(一部日本語)〗のページにあり、具体的にはこのツアーの予約用の電話番号、もしくは、メールアドレスに連絡ください。となっています。

ですがその電話番号は、808始まりのハワイのローカル電話番号となっています。そのため、日本から予約したい場合は、国際電話をかける必要があり、慣れていない人には難しいのです。また、電話の受け手に日本語が通じるとも限りません。

次に、予約用のメールアドレスは、詳しい情報がないためにこちらも「予約のために何を書けば?日本語で書いて良いの?」と色々と疑問が出てきて、初めてだと予約するのが難しいんです。

更に、このツアーはネット上を確認した限りでは、このツアーの予約を代行する旅行会社がありません。そのため、このツアーを予約するには「英語でホノルル美術館に直接問い合わせるしかないの?」と言う状況になります。

これが、英語が苦手な方にとって「ホノルル美術館」の【日本語シャングリラ・ツアー】の予約が難しい理由になります。

そこで以下では、初めての方でもなるべくスムーズに予約ができるよう、予約方法を詳しくご紹介させていただきます!

〖メールで予約する方法〗

メールで予約する場合は、〖ホノルル美術館のシャングリラ・ツアー(一部日本語)〗のページにある、予約用アドレスにメールで申し込みます。

その際には、残念ながら日本語ではなく、英語でメールを書く必要があります。ちなみに、「ホノルル美術館」の予約用のメールアドレスに「メールは日本語でも大丈夫でしょうか?」と確認した際、「日本語の場合は翻訳ソフトでテキストを翻訳して読みます」と言う回答でした。

つまり、翻訳ソフトの誤訳で誤解されるのを避けたければ、英語で書いた方が無難です。以下では、英語の予約メールで伝えること4点をご紹介します。

※「ホノルル美術館」の担当者によるもの。

①.The tour date you are requesting / ツアーの参加希望日

②.The number of people in your party / 参加希望人数

③.A billing address (a home address in Japan) / 請求先住所(日本の自宅の住所)

④.The name of your hotel in Honolulu / 宿泊するホテル名

例):以下のようにメールを送れば大丈夫です!

[件名]

Japanese language tour request

[本文]

Hello, I would like to reserve a ticket for Japanese language tour.

My information is,

The tour date you are requesting: 2020/Sep/15

The number of people in your party: 2

A billing address (a home address in Japan): 1-1-1 Chiyoda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan

The name of your hotel in Honolulu: Sheraton Waikiki hotel

Thanks,

Taro(予約者の名前)

以上が、予約メールの例文になります。念のためですが、日付、人数、住所、ホテル名、自分のファーストネーム(上の例文のTaro)は、ご自身のものに差し替えてくださいね。

そして、この4点を伝える内容のメールを送ると、予約の可否について英語のメールで返信があります。希望日に空きがあれば、予約が完了します。

一方、「希望日の予約人数が埋まっており予約できない場合」または「まだ希望日の予約を受けてつけていない場合」も考えられますので、返信のメールの内容はよく確認してください!

〖ハワイのJCBプラザに国際電話で予約代行を頼む〗

この方法は、「JCB」のクレジットカードを持っている人限定となりますが、日本語で行えるため英語が苦手な方にとってはより簡単な方法と言えます。

まず、「シャングリラ・ツアー」の予約代行をお願いするハワイの「JCBプラザ」の電話番号は、こちらののページから確認できます!➡【JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

上のページには状況に応じて、かけるべき電場番号がいくつかあるため、「オアフ島外からおかけの場合」は下4桁が「8111」となっている電話番号を利用しましょう。

この電話番号に日本から国際電話で電話をかけて、ハワイにいる現地の「JCBプラザ」のスタッフを通じて「シャングリラ・ツアー」の予約をお願いすることができます。

ただし、国際電話をする際には日本とハワイは時差があるのでご注意ください。日本時間の午前中、可能であれば朝の8時か9時くらいに電話をするのがおすすめです!

「JCBプラザ」に国際電話をかけると、自動音声で「日本語対応を希望するか」が選択できます。そのため、一切英語の不安を感じることがなく、本当に気軽に日本語で電話で予約代行をお願いすることができます。

自動音声で日本語を希望すると、日本語ができる現地スタッフにつながりますので、あとは「ホノルル美術館のシャングリラ・ツアーの予約代行をお願いしたい」ことを伝えれば、あとはお任せすることができます。

※その際には少額ですが事務手数料がかかりますので、ご注意ください。

また、予約時に「JCB」のカードでチケット代を決済することになるので、手元に「JCBクレジットカード」を用意し、カード番号や有効期限を確認できるようにしておく必要があります。

ちなみに、この方法では「ホノルル美術館の予約状況の確認ができたら、日本の電話番号に折り返し電話をもらえる」対応をして貰うこともできます。

この方法は、事務手数料はかかってしまいますが、英語が苦手な方が安心して「シャングリラ・ツアー」を予約する方法としては、本当におすすめの方法と言えます。「JCB」のカードがある