• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク:「ウミガメ」遭遇率№1ビーチ!

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島の「ノースショア」にあり、毎年プロの大会が行われるほど「サーフィン」で有名なビーチ「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク(Haleʻiwa Aliʻi Beach Park)」です!

また、「ノースショア」で「ウミガメ」に会うことができるビーチと言えば、「ラニアケア・ビーチ」が有名ですが、「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」は砂浜に「ウミガメ」が上がってくる確率が高く、「ラニアケア・ビーチ」よりも「ウミガメ」を見ることができると最近注目されているビーチです。

今回はそんな、ローカルな雰囲気漂うハレイワの街とロコに人気のビーチでゆったり過ごす「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」の魅力・見どころ・アクセス方法などについて詳しくご紹介させていただきます!

【アクセス】

「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」は、オアフ島の「ノースショア」の「ハレイワ・ロード」沿いにあるビーチです。

「マツモト・シェイブアイス」や「ハレイワ・ジョーズ」などの有名店がある「ハレイワ・タウン」からも徒歩で10分程度とアクセスもよ良く、ロコに人気のビーチです。

〖レンタカー〗

「ワイキキ」からですとフリーウェイの「H1 West」・「H2 North」を利用し、約1時間です。

「ハレイワ」の町のメインストリートである「カメハメハ・ハイウェイ(Kamehameha Hwy)」を「ワイメア」方面へ向かって進み、左手の「マツモト・シェイブアイス」を通り過ぎたら、次を「ハレイワ・ロード(Haleiwa Rd)」へ左折します。その先右手が「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」になります。

「レンタカー」は会社によって価格はバラバラ。ガソリン代は「ワイキキ」から「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」まで往復(寄り道無し)で、約11ドル(約3.3ガロン=約12リットル)。

※ミッドサイズSUVを使用した場合。

ちなみに、ハワイでは日本の運転免許証でレンタカーの運転が可能です! 駐車場は「ハレイワ・ロード」沿いに2箇所あります。

〖バス〗

「バス」で行く場合は、「クヒオ通り」にある「オハナ・ワイキキ・マリア」正面のバス停「Kuhio Ave + Lewers St」から「2番」のバス「School St – Kalihi Transit Center行き」に乗り、「S Beretania St + Punchbowl St」で下車します。

降りたバス停で「52番」のバス「Wahiawa – Haleiwa行き」に乗り換えて「Kamehameha Hwy + Haleiwa Rd」下車します。

降りたバス停から北(バスが走って来た方向)に戻って西に向かう「ハレイワ・ロード」を歩くと右手側に「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」の看板が見えます。所要時間は約2時間30分。

【ハレイワ・アリイ・ビーチ・パークの設備について】

「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」は、「ハレイワ・サーフ・センター」を挟んで東側(A)のビーチと西側(B)のビーチがあります。

サーファーがいるのが東側(A)のビーチで、西側(B)にウミガメがいます。

※良い波が来るのは冬の11月から3月。サーフィンの大会が行われている時期に訪れると人が多いので避けたほうが良いでしょう。

「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」は、人が一定数集まるビーチであるためか、シャワーやトイレなどの施設はきちんと整備。また、ビーチ手前は舗装された道路と芝生が広がり、徒歩でも車でも行きやすいのがポイント!ライフガード常駐しており監視も行われています。

ただし、近隣に飲食店はありませんので、飲み物や軽食は事前に購入しておくのがおすすめです!これは「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」に限ったことではありませんが、ハワイのビーチは公共の場扱いとなるため、喫煙や飲酒は禁止されています。

ビーチでのんびりお酒を飲みたいという気持ちはグっとこらえ、ハワイのルールに従いましょう!

海水浴だけでなく、ビーチで優雅に日光浴や読書を楽しみたい人に関しても「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」は最も最適な場所となり得ます。特に「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」内の芝生や木陰は穏やかな時を過ごす場所としてはとてもおすすめです!

〖これがあれば安心・便利!持ち物リスト〗

  • サングラス

  • ハンドタオル

  • 絆創膏・バンドエイド

  • エコバック

  • 防水スマホケース

  • デジカメ

  • デジカメ予備のバッテリー

  • メモリーカード

  • モバイルバッテリー

  • *日焼け止め*

  • サンダル

  • マリンシューズ

  • 水着

  • ラッシュガード

  • 帽子

  • 防水バック

  • バスタオル

  • レジャーシート・ピクニックシート

  • 保冷バッグ

  • 日除けテント(サンシェード)

  • 飲み物/軽食

※ハワイ州では2021年1月1日より、珊瑚礁に悪影響をおよぼす日焼け止めの販売や使用が法律で禁止されます。日焼け止めの中に紫外線吸収剤のオキシベンゾンとオクチノキセートが、サンゴ礁の白化現象や弱体化、ひいては死滅に繋がるとして、これら2種の成分が入った日焼け止めは全面的に禁止されます。ハワイの自然を保護するためにも、今から自然素材の日焼け止めを使いましょう!

【魅力・見どころ!】

「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」の最も魅力となるポイントは「ウミガメ」を見ることが出来ることです!以下では、どの時間帯に「ウミガメを」見ることが出来るのか、また、「ウミガメ」を観察する際の注意点などに関してご説明していきます。

また、もう一つのポイントはサーフィンをする人には非常に良い場所として認知されています。海水浴もそうですが、サーフィンをする人にも前述の通りシャワーやトイレがあることは非常に重宝しているようです。

ちなみに、「ハレイワ・タウン」から一番近いビーチですので、プレートランチを仕込んでピクニックすることも可能です!

①.〖幸運の象徴「ウミガメ」に高確率で出会える!?〗

「ハレイワ・アリイ・ビーチ・パーク」は、「ウミガメ」が甲羅干し にやってくるビーチとしても有名です!

「ウミガメ」が見られるビーチとしては「ラニアケア・ビーチ」が有名なのですが、「ラニアケア」は付近の道路が駐車禁止となったことから、こちらのビーチで「ウミガメ」に会いに来る方が多くなっているそうです。