• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 ハワイ州立美術館:魅力・見どころ・アクセス・人気カフェ&ショップ情報まで徹底ナビ!

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島のダウンタウン「No. 1キャピタル・ディストリクト・ビルディング」の2階にある入館料無料の美術館「ハワイ州立美術館」です!

【歴史文化財】にも登録されている「ハワイ州立美術館」は、ハワイのアーティスト達による「絵画」・「彫刻」・「塑像(粘土像)」・「陶芸品」・「金属」の芸術品など、個性豊かな作品約360点が展示されています。

また、同美術館1階に併設されているカフェ「アーティゼン・バイ・エムダブリュー」は、有名レストラン「MW」の姉妹店で、ランチタイムになるとごった返すほどの人気店です。

今回はそんな、「ハワイ州立美術館」の魅力・見どころ・人気カフェ&ショップ情報などについて詳しくご紹介させていただきます!

【ハワイ州立美術館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「ハワイ州立美術館(Hawai‘i State Art Museum、略称:HiSAM)」は、「イオラニ宮殿」と隣接しており、「重厚な白亜の建物」が印象的な美術館です。

「ハワイに生きる人々の歩みを形にしたい」という長年の住民の願いが叶い、王室のゲストハウスとして建てられた初代「ロイヤルハワイアンホテル」を1928年にスパニッシュ様式に建て替えられた建物を改装し、2002年11月3日にオープンしました。

ハワイの芸術家たちによる作品数では最大コレクションを誇るこの美術館では、力作の数々がハワイならではのユニークな文化を浮き彫りにしています。

ハワイで建物を建造する際、「建設費の1%を環境美化のために彫刻や絵などの視覚芸術に費やさなければならない」とする州法が全米で初めて1967年にハワイで施行されて以来、「ハワイ州立文化芸術財団」は1400人の芸術家から約5000点の芸術品を収集しました。

同州立美術館では、この中から厳選した360点を通じ、1115平方メートルのギャラリーを「ハワイの遺産」・「アジア移民のルーツ」・「芸術家の社会的意識」・「伝統と価値観」・「大地や海に触発された芸術家」と6つのテーマに分け、ハワイの多彩な芸術的、文化的遺産を見せてくれます。

〖営業時間〗

火曜日~土曜日:10:00〜16:00

※毎月第一金曜は18:00〜21:00にもオープン。美術館前の芝生では無料コンサートが開催。

〖休業日〗

日曜日・月曜日・祝日(ハワイ州、連邦)

〖入場料〗

無料ですが、入口には寄付用のボックスがあるので、気に入ったのならぜひ寄付をしてください。

〖公式サイト〗

https://hisam.hawaii.gov/

【アクセス】

「ハワイ州立美術館」は、「イオラニ宮殿」と道路を挟んだはす向かいに位置しており非常に近いので、交通アクセスもほぼ同じになります。

「イオラニ宮殿」の詳細は、こちらの記事にて紹介しています。是非とも合わせてご覧ください!➡

ハワイ オアフ島 イオラニ宮殿

〖ザ・バス(The Bus)〗

「ワイキキエリア」から「ハワイ州立美術館」へ行く場合は、「ザ・バス(TheBus)」で行くのが一番オーソドックスな行き方です。「クヒオ通り」の任意のバス停から乗り換えなしで行けます。

利用できるバス路線のうち、運行本数が多くしかも下車するバス停が目的地に一番近い(チケット売り場の最寄りバス停)のは、「2番バス」になります。「13番バス」も「2番バス」と同じバス停に停車しますので、基本的にこれらのバスを利用すれば、問題なくスムーズにアクセスできます。

「2番」・「13番」の「バス」で行く場合には、「クヒオ通り」の任意の「バス停」から乗車し、「サウス・ホテル・ストリート+アラケア・ストリート(S Hotel St + Alakea St。バス停ID:46)」で下車します。

※「イオラニ宮殿」の西側(美術館の南側)にあります。

「2番バス」は、5~10分おきに出ているため大変便利です。「13番バス」も、約15分おきに出ているので、こちらも使い勝手は良いです。

所要時間は、両ルートとも約27分~30分程度で、「2番」と「13番」は途中のルートが若干異なりますが、両方とも前述の「バス停」に停車します。

「ハワイ州立美術館」は、下車した「バス停(サウス・ホテル・ストリート+アラケア・ストリート)」のほぼ目の前にあります。下車後、戻る方向へ歩くとすぐ左手に白い洋館が見えます。敷地の端っこに小さい入口がありますので、そこから中へ入れます。

【帰りのバス停について】

帰りの「2番」・「13番」の「バス停」は、「サウス・ホテル・ストリート+リチャーズ・ストリート(S Hotel St + Richards St、バス停ID:130)」になります。

行きに下車した「バス停」よりも「イオラニ宮殿」に近い場所にある、反対車線側の「バス停」。行きに下車した際に、目の前を通りますので、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

〖トロリー〗

旅行会社などが運営する「トロリー」も「ザ・バス」同様、大変便利です。往路(行き)は、どの「トロリー」も「イオラニ宮殿」の北側にある「ハワイ州庁舎/州政府」の「バス停」で降りると、早く到着できます。

また、復路(帰り)は「イオラニ宮殿」南側にある「カメハメハ大王像」の「バス停」から乗ると、余分なルートを走らずに早く「ワイキキ」中心地へ戻れます。

「ダウンタウン」方面のルートの都合上、各社とも「行きと帰りのバス停を変えると乗車時間を短縮」できますので、覚えておくと便利です。

【レアレアトロリー】

「レアレアトロリー(HIS、ANAハローツアーの一部、トロリーチケット購入者が対象)」を利用される方は、「ワード/カカアコ/ダウンタウン・ライン」で行けます(30~40分間隔で運行)。

【往路(行き)】:

同ラインの出発地点は、「ワイキキ」の「ロイヤル・ハワイアン・センター」です。行きは「ハワイ州庁舎前」のバス停で下車すると、所要33分で到着します(州議会議事堂の敷地を横切って宮殿の裏手へ辿り着けます)。

一番近いバス停は「カメハメハ大王像」ですが、この「バス停」まで乗車していると、1時間17分もかかってしまいますので、下車バス停をうまく選択すると時間短縮できます。

【復路(帰り)】:

帰りは、「カメハメハ大王像」から乗車すると早く帰れます。同バス停から「ロイヤルハワイアンセンター」までの乗車時間は34分です。ちなみに、復路も「行きに下車したバス停」から乗車すると、余分に48分もバスに揺られる羽目になりますので、ご注意ください。

【オリオリウォーカー】