• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 ホールフーズ・マーケット・クイーン:おすすめアイテム・グルメ・お土産27選!攻略方法・魅力・アクセスまで徹底ナビ!

更新日:2020年12月30日


2018年5月9日、全米で270店舗以上を展開するナチュラル&オーガニック系スーパーマーケット「ホールフーズ・マーケット」が、「カカアコ地区」にハワイ州最大の2階建て店舗をオープンしました!

オアフ島の「カハラ」・「カイルア」に続き、「ホノルル」の「ワード・カカアコエリア」にオープンした「ホールフーズ・マーケット・クイーン(Whole Foods Market Queen)」は、900種類以上のハワイ産食材やオーガニック商品を扱う超人気のスーパーマーケットです!

生鮮食品はもちろん、お土産にも最適なエコな雑貨、根強い人気のコスメ、長期滞在に便利な品まで幅広いラインアップが自慢の「ホールフーズ・マーケット」は、見て回るだけでも楽しくてワクワクします。

今回はそんな、ハワイ州で一番新しくて最大【店舗面積:7万2,000スクエアフィート(約6万7,000平方メートル)】、「アラモアナセンター」からも徒歩圏内の「ホールフーズ・マーケット・クイーン」のおすすめアイテム・グルメ・お土産27選!攻略方法・魅力・アクセス詳しくご紹介させていただきます!

【ホールフーズ・マーケットとは?】

「ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)」は1978年、テキサスの州都オースティンにオープンした小さな自然食料品店が発祥。2年後の1980年、地元のグロサリーストアと合併し、「ホールフーズ・マーケット」第一号店が誕生しました。

健康や環境に配慮した鮮度の良い食料品から日用雑貨が充実し、地元の生産者を応援する取り組みも注目され、またたく間に人気店に!現在ではハワイを含めたアメリカ国内に400店舗以上、カナダ、イギリスにも進出しています。

人気の理由は、独自の品質基準(人工調味料、合成着色料、防腐剤は不使用など)に照らし合わせ、それに見合った自然食やオーガニック食材や雑貨の充実度もさることながら、見て回るだけでも楽しくてワクワクするようなディスプレイ!各店舗のオリジナルアイテムも多く、各地のホールフーズ巡りを楽しむマニアも少なくありません。

オアフ島ではハワイ1号店として2007年、「カハラモール」にオープンした「カハラ店」、東海岸の「カイルア店」、ハワイ随一の規模を誇るワードエリアの「クイーン店」の3店舗があり、【マウイ島】の「カフルイ」にも出店しています。

その中で最新で最大の大きさを誇るのが2018年5月にオープンした「クイーン店」。他の3店舗は少し「ワイキキ」から離れた位置にあるのですが、「クイーン店」はワイキキ中心地からも車で15分、「アラモアナセンター」からも徒歩圏内の場所にあり、長期滞在の時こそここで食料品の買い出し、さらには土産品なども買えることが魅力的です!

ちなみに、2017年に「アマゾン」が137億ドルで買収し、現在はアマゾン傘下の企業になっています。

【アクセス】

「ホールフーズ・マーケット・クイーン(Whole Foods Market Queen)」は近年開発が進められている「カカアコ地区」にあるショッピングセンター「ワードセンターズ」の一角にあります。

〖アラモアナセンターからの行き方〗

「アラモアナセンター」から「ホールフーズ・マーケット・クイーン」までは徒歩10~15分程度で行くことができます。

途中に「サウスショアマーケット」など、ほかにもショッピングが楽しめる場所もありますので、「アラモアナセンター」でのショッピングついでに、少し足を延ばして「ホールフーズ・マーケット・クイーン」に寄ってみるのも良いでしょう!

〖ワイキキからの行き方〗

【ザ・バス】

「ワイキキ」から路線バスである「ザ・バス」で行くには、「クヒオ通り」の山側バス停から「アラモアナ方面」へ行く、「19番」・「20番」・「13番」・「42番」・「E」いずれかに乗り、約30分乗車後、最寄りのバス停「アラモアナ・ブルバード」と「カマケエ・ストリート」で下車し徒歩4~5分くらいです。

・「19番」・「20番」・「42番」:「Ala Moana Bl + Kamakee St」バス停下車/徒歩4分

・「13番」・「E」:「Kapiolani Bl + Opp Kamakee St」バス停下車/徒歩5分

下車後は、「アラモアナ・ブルバード」をバスの進行方向に進み、「カマケエ・ストリート」を右折して直進。「アウアヒ・ストリート」を過ぎて「クイーン・ストリート」の角、左手側が「ホールフーズ・マーケット・クイーン」です。

【トロリー】

各社が運営している「トロリー」でも「ホールフーズ・マーケット・クイーン」まで行くことができます。

・【HIS】の「レアレアトロリー」➡〖ワード/カカアコ/ダウンタウンライン〗

・【JTB】の「オリオリトロリー」➡〖ダウンタウンルート〗

・【JALパック】の「レインボートロリー」➡〖ダウンタウンルート〗

どれも「ダウンタウン」を巡るルート上に停留所があり、「ワイキキ」から行く場合、「ホールフーズ・マーケット・クイーン」の最寄りのトロリー停留所は「ワード16シアター」の前にあります。

停留所名は、「レアレアトロリー」と「オリオリトロリー」が〖ワード・シアター〗・「レインボートロリー」は〖ワード映画館前〗になります。

「トロリー」を降りたら、進行方向とは逆へと進みます。「トロリー」の停留所から徒歩3分くらい(約210m)で着きます。

※「ワイキキ」へ帰る時の「トロリー乗り場」※

ワイキキ方面へ帰る場合は「ワードセンター」が最寄りの停留所で、場所は「カカアコキッチン」の少し先にあります。

ダウンタウンを巡って来るルートで、次の停留所が「アラモアナセンター」になります。

〖駐車場〗

「ホールフーズ・マーケット・クイーン」の駐車場は、建物に向かって左側の道路から侵入します。

車線は建物に沿った一本のみですが、途中に横断歩道がありますので、くれぐれもご注意ください。

駐車場内は通路も駐車スペースもかなり広めで、駐車場にはカート置場がありますので、大量購入をしても安心です。

パーキングの2階、3階からは直接店内に続く入り口があるのでとても便利です。エレベーターはありませんので、カート用のエスカレーターを利用します。

駐車料金は無料です!

【広い店内を効率よく回るには?】

広大な店内を効率よく回るなら、まずは一番外側の生鮮品や乳製品、ドリンク類の売り場をさらりと見て回り(外側は生鮮品が多いので不要な方は割愛しましょう。)、その後で内側の通路を目的別に見ていくのがおすすめです!

コスメ類はレジ近くの中心部にあるので、比較的見つけやすいです!もちろん、お目当ての商品が決まっている場合は、お店のスタッフに確認しましょう!

奥の方にある量り売りのホットバーやサラダバー、ピザやケーキ類のコーナーは、一番後に立ち寄るのがスムーズです。最後に、2階にあるオリジナルグッズの専門ショップやフードコーナーも必ずチェック!

【まずは1階をチェック!】

「ホールフーズ・マーケット・クイーン」は2フロアで構成され、ハワイ州内にある店舗のなかでも最大規模を誇ります。面積は72,000平方フィートあり、「カハラ店」が28,000平方フィートなので倍以上の広さです。

広々とした店内はモダンな雰囲気で、1階のエントランスは「カマケエ・ストリート」に面した海側にひとつと「クイーン・ストリート側」にひとつの計2つ。駐車場の入口は「クイーン・ストリート」沿いにあります。

1階には、ハワイの人気フレッシュジュース店の「ラニカイジュース」があり、搾りたてのジュースやアサイボウルなどを販売。テーブルや椅子も店内に設置されています。

その奥には生鮮食品や日用品の売り場が広がり、新鮮なハワイ産の野菜や果物のほか、肉、魚など、ローカルにこだわった900を超えるハワイ産フードやアイテムを取り扱っています。

更に、軽食をとれるプレートランチや丼もの、麺類を注文できるコーナー、タッチパネルで注文できるデリ・コーナー、セルフサービスのポキ・ステーションを設置。

海側のエントランスの近くには、購入品が12点以下の場合に利用できるエクスプレスレジが並び、スムーズにショッピングができるのも嬉しいです!

〖1階の注目ポイント!〗

①:【ポケバー】

ハワイの名物料理ポケ(刺し身の漬け)は、ほとんどのスーパーでは対面式のカウンターで欲しい量を伝えて容器に詰めてもらうシステムですが、ここではセルフ方式。

ハワイでは量の単位がパウンドですので、日本人にとってはなかなか量の感覚がつかみにくいですが、自分で好きなだけ詰められるので心配は不要です!

地元の漁港から仕入れたマグロやサーモンなどのポケは新鮮そのもの! 1パウンド(約454g)$16.99です。

②:【豊富なチーズ&お酒のセレクション】

量り売りもOKなチーズ売り場では約600種類ものチーズがずらりと並んでおり、そのすぐ横には、世界中のワインを揃えたコーナーがあります。

更に、ビール一つとっても、地元のハワイのビールからハイネケンなど有名どころ、さらに日本のスーパードライや一番搾りなどが販売しています。

ワイン、ビール、焼酎、日本酒などなんでも揃っているのでお酒の種類で困ることはないでしょう。

③:【量り売りのデリコーナー(ホットバー)】

温かい食べ物のデリコーナーを「ホットバー」と呼びますが、ここ「クイーン店」は、実はハワイだけでなく「リージョン(南カリフォルニア、アリゾナ、ネバダ州南部、ハワイ州の4州)」内にあるホール・フーズ・マーケットで最大の品揃えなんです。

燻製肉からマック&チーズまでバラエティ豊かなメニューがあり、全部で43種類の惣菜が並んでいます。