• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 マジックアイランド

更新日:2020年12月30日


こちらは、「ワイキキ」の隣「アラモアナ地区」にあるビーチ沿いの半島「マジックアイランド」です!

ハワイ最大のショッピングセンターとして有名な「アラモアナショッピングセンター」の南側に位置しています。

「マジックアイランド」は、海岸線から飛び出しているため、西側には何も遮るものがなく、ハワイの夕日スポットとして非常に有名です。

また、「マジックアイランド」のビーチは、透き通った美しい海で、波が穏やかです。「ワイキキビーチ」と比べると人も少なく、静かに楽しめるビーチです。

「ワイキキ」からのアクセスの良さや広大な広さから、様々な地元のイベントなどの開催地としても有名です。

今回は、そんな「ワイキキ」から徒歩でもアクセス可能な公園、「マジックアイランド」をご紹介します。

【アクセス】

「マジックアイランド」は、「ワイキキ」から近くにありアクセスが簡単です。

Googleマップで確認してもらうとわかる通り、「ワイキキ」の少し北西に「アラモアナショッピングセンター」があります。

「アラモアナショッピングセンター」までは、「ワイキキ」の中心にあるハワイ唯一の政府公認免税店「Tギャラリア・ハワイ by DFS」の前から、車で約10分・徒歩で約30分の距離にあります。

〖レンタカー〗

「ワイキキ」から「アラモアナブールバード」を進み、「アラモアナショッピングセンター」の手前の交差点で「アラモアナパークドライブ(Ala Moana Park Dr.)」に左折します。

左手の「ヨットハーバー」を過ぎて最初の駐車場(左側)に駐車、奥の方がビーチの近くになります。「マジックアイランド」の手前には、駐車場があるため簡単に訪れることができます。

また「アラワイ」➡「カラカウア」➡「カピオラニ」➡「アトキンソン」のルートでも行けます。

〖バス〗

Tギャラリア・ハワイ by DFS」には、「ワイキキ」のあらゆる場所へ「トロリー」や「ザ・バス」などの交通機関が出ているので簡単にアクセスできます。

「ワイキキ」の「クヒオ通り」山側から、「E」・「8」・「19」・「20」・「23」・「42」番のいずれかのバスに乗り、「アラモアナセンター」の海側で下車、道路(アラモアナブールバード)を渡って「ビーチパーク」を抜け、左手に「ヨットハーバー」を見ながら半島の先端まで歩きます。

【ビーチヨガでリフレッシュ】

「マジックアイランド」では早朝や夕方などに、「ビーチヨガ」を行っている方々も大勢います。

日本でも「野外ヨガ」などは行われていますが、やはり「マジックアイランド」は絶景が楽しめる場所として有名になっておりますので、いつもと違ったヨガを楽しむことができるようになっております。

自然の中で「ヨガ」をすることでより一層気分もリフレッシュすることがでますよ!すぐ横には「ヨットハーバー」などもあり、絶景を眺めながら優雅にヨガを楽しむことができますので、女性の方にとくに人気のヨガスポットです。

また、「サンセットヨガグループ」などもありますので、女子会などの際にはぜひ予約されてみてはいかがでしょうか。地元のみなさんと一緒に是非とも楽しんでみてください!

【大人気のジョギングコース】

「マジックアイランド」は「ジョギングコース」としても人気のスポットになっいます。

ハワイ旅行の際には、早起きをして朝からハワイのグルメや観光を満喫する方なども多いのですが、グルメや観光を楽しむ前に早朝ジョギングやウォーキングをマジックアイランドで楽しんでみてはいかがでしょうか。

少し身体を動かすことでより一層ハワイグルメも美味しく味わえますし、その日1日の充実度をグッと上がりますよ!

また、また夕方などはサンセットを眺めながらのウォーキングがおすすすです!

是非ともハワイの絶景を眺めながらゆっくりと「マジックアイランド」内を散策されてみてはいかがでしょうか。非ともハワイの絶景を眺めながらゆっくりと「マジックアイランド」内を散策されてみてはいかがでしょうか。

【静かで落ち着いているのが魅力的なビーチ!】

「マジックアイランド」の魅力は、静かで落ち着いた雰囲気にあります。「ワイキキビーチ」は、やはり人が多く混雑の避けようがありません。

しかし、「マジックアイランド」は「ワイキキビーチ」と比較して人が少なく、静かに過ごせることができます。

また、訪れる時間帯を選び、朝方や午前中に行くとかなり人は少なく、時にはほぼ「プライベートビーチ」と思えるほど人が少ないこともあります。

1キロメートルにも及ぶ砂浜が続く「アラモアナ・ビーチパーク」は、「ワイキキビーチ」よりもずっと透明度も高く、平日はこのようにプライベートビーチのように静かです。

リーフ内なので波が少なくお子様も安心して遊ぶことができますよ!ですので、「ワイキキビーチ」のような人混みを避けたい人、特に小さいお子様連れの方などにおすすめです。東側には、シャワーとトイレが完備されています

【魚釣りでのんびりと!】

続いておすすめする「マジックアイランド」での過ごし方は「魚釣り」です。

「マジックアイランドの「ヨットハーバー」付近などでは魚釣りを楽しんでいる方を見かけることもあります。

「ダイヤモンドヘッド」などを眺めながら魚釣りを楽しむことができるようになっておりますので、絶景スポットでの魚釣りはまた別格と喜ばれる方も多いようです。

ただし、よく釣れるスポットではないので、釣ることだけに重点を置く方にはあまりおすすめできますせん。

また、「マジックアイランド」のあちこちで近所の子供たちが、「魚釣り」をしているところを見かけることもあります。

地元の子供たちにとっても「マジックアイランド」は、気軽に魚釣りを楽しむことのできるスポットでもあるのです。地元の釣りをしている方々と一緒に釣りを楽しんだり、釣れる魚の情報やポイントなどを教えてもらうのもおすすめですよ!

【バーベキューで楽しもう!】

「マジックアイランド」で「バーベキュー」するのもとてもおすすめです!

「マジックアイランド」では、広い芝生広場で「バーベキュー」をすることができるようになっており、ハワイ感をより一層感じることのできるスポットになっています。

ただし、休日などはすぐにいっぱいになってしまうこともありますので、早めに場所取りをしておくと安心です。

また、リーフ外でサーフィンなどを楽しんでいる方々もいますので、遠目にサーファーたちの姿を眺めながらバーベキューは雰囲気をより一層楽しむことができますね!

お子様連れのご家族の方はもちろんのこと、ご友人同士での旅行の際にもおすすですよ!

【初心者におすすめのダイビングスポット!】

「マジックアイランド」は、防波堤に囲まれた海で、波の影響を受けにくく優雅に水泳ができるほど穏やかなのも魅力です!