• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 マノアの滝

更新日:2020年12月30日


こちらは、ハワイ・オアフ島でトレッキングが楽しめるスポットとして非常に人気が高い「マノアの滝」です!

ハワイ・オアフ島は「海」だけでなく、「山」も楽しめることをご存じでしたでしょうか?

一般的にビーチというイメージがありますが、「ダイヤモンドヘッド」のようにトレッキングを楽しめるスポットがハワイにはたくさんあります。

その中でも、「ワイキキ」から近いおすすめのトレッキングスポットとして有名な「マノアの滝」をご紹介したいと思います。

【歴史】

「マノア」は他のエリアよりも雨が多いところで知られていて、「虹の谷」とも呼ばれています。

「マノア」はハワイ語で「広大」を意味し、「マノア渓谷」がいかに広いかということを表しています。

ちなみに、ハワイで最初にコーヒーの木が植えられたのが「マノア渓谷」の一帯で、世界的に有名となったハワイ島の「コナ・コーヒー」は、「マノア渓谷」で育った木を移植して育てられたものです。

【アクセス】

〖レンタカー〗

「マノアの滝」は、「ワイキキ」から車でたったの約20分で行けるところにあります。

「ワイキキ」から「アラワイBlvd.」→「カラカウアAve.」を山側に向かい、「サウス・キングSt.」を右折。

すぐ交差する「プナホウSt.」を左折し、そのまま「マノアRd.」ヘ。

「ワイキキ」から「マノアRd.」終点までは約15分です。

「マノアの滝」は、マノア・ロードをそのまま終わりまで行ったところにあります。

もちろん有料駐車場もあり、「トレイル」前の駐車場に停めた場合は1台$5かかります。

駐車したら、駐車場横にある「売店:Rainbow’s End Snack Shop」にて支払います。

駐車料金を払ったら、駐車チケットを貰えるので、車外から見える位置(ダッシュボード)に置いておくといった手順になります。

※人が増える時間帯の頃には、駐車場の誘導員もいます。

ただし、「マノアの滝」は有名観光スポットですので、駐車場も平日の午前9時30分頃には満車状態になってしまいます。

週末は特に混むので、車で来る場合はなるべく8時30分頃までに着くのがおすすめです!

ちなみに、カーナビやGoogle Mapで検索する場合は、「トレイル」を目的地にすると行き過ぎてしまうので、「Rainbow’s End Snack Shop」で設定するのが良いでしょう。

〖ザ・バス〗

ワイキキ」の「クヒオ通り」山側バス停から「8」・「19」・「20」・「23」・「42」番で「アラモアナショッピングセンター」へ。

「アラモアナショッピングセンター」山側バス停で「5番」バスに乗り換え、終点まで約20分です。

「マノア」の美しい住宅街を通り抜け、「Manoa Rd.+Opp Kumuone St. (バス停#3266)」で下車します。

このバス停が「5番」の終点であり、帰りのバス乗り場(始発)となります。

乗客が全員降りると、バスの表示が[5番:Ala Manoa Center行き]へ変わりますよ!

下車後、トレイル入口まで徒歩約10分になります。

「5番」バスは1時間毎の運行のため、「アラモアナショッピングセンター」で時間調整することをおすすめします。〖5番バス時刻表

バスの料金は、片道2.75ドルなので往復5.5ドルになります。

【ワイキキへの戻りのバス】

行きのバスで下車した「バス停#3266」から[5番:Ala Manoa Center行き]に乗車します。

目の前に「アラモアナショッピングセンター」がある「Keeaumoku St. + Kapiolani Blv. (バス停#821)」で下車します。

乗り換えのため、向かい側へ渡り「Kapiolani Blv. + Keeaumoku St. (バス停#999)」から[13番:Waikiki行き]に乗車します。

「ワイキキ」行きは他にも、「アラモアナショッピングセンター」の山側、あるいは海側のバス停からも出ています(8番、23番、E番、19番、20番、42番)。

「Kuhio Ave.+Seaside Ave. (バス停#151)」で下車すると、ワイキキ中心部へ戻ってきます。

〖UBER(タクシー)〗

ハワイでの移動手段として便利なのが、格安タクシーサービスの「UBER」です。

ワイキキ」のホテルから「UBER」で配車依頼して、「マノアの滝」までは約30分程。

料金は約20ドル程度で、混雑時間帯の場合は「UBER」の割増料金が取られて約22ドル程度になります。

「UBER」では往復40ドル(チップ込)と、一般の「タクシー」に比べても大分安くなります。

「タクシー」の場合、チップも別に支払う必要があるため、片道でも約30ドル程度必要になるかもしれません。

上記の情報は、「ワイキキ」でも遠い場所の「ダイヤモンドヘッド」側からの利用となりますので、「ワイキキ」中心地や「アラモアナ」側からの利用の場合は、もう少し安く行けるでしょう。

〖オプショナルツアー〗

「マノアの滝」へは、「オプショナルツアー」を利用して訪れることもできます。

「マノアフォールズ・ハイキング・ツアー」や「マノアの滝 ハイキングツアー」のようなツアー名で、「ワイキキ」発のツアーがたくさんあるのでそれを利用します。

現地に着いてから予約したい!という方は、お泊りのホテルなどにあるパンフレットなどで確認してみてください。

英語だとちょっと不安という方はホテルのコンシェルジュスタッフに聞くなどすれば、全く問題ありません。

ツアーの費用としては、旅行会社を通した場合、大人$60、子供$40が相場となっています。

レンタカーやザ・バスで行く場合に比較すると費用は高くなってしまいます。

しかし、ツアーの場合は、ガイドが登山の道々に様々な説明をしてくれますので、よりこのトレッキングを楽しむことができますよ。

【マノアの滝をトレッキング】

ワイキキ」の賑やかなところからたった20分程度のところに本当に滝なんてあるの?たいした観光スポットじゃなんじゃない?と少し疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、「マノアの滝」はまるで熱帯のジャングルのような美しい大自然となっています。

その美しい大自然の森をかき分けるかのように進み辿り着くのが「マノアの滝」なのです。

まず「マノアの滝」に行くためには、マノアの静かな住宅街を抜け、途中「Manoa Rd」を登って行くと住宅街から大自然へと変わっていきます。

あまりの突然の変化なので驚かれると思いますよ。

トレッキング自体片道1時間もかかりません。

登山というほど険しい山道ではないので初心者でも安心して楽しむことができます。

しかし、靴などは確実に泥だらけになりますので汚れてもいい靴を履いて行ってくださいね。

汚れもなかなか落とせないので。

「マノアの滝」の水量は、もちろん雨量によって異なりますので迫力ある滝を見る事ができる日もあれば、ちょろちょろと少ない日もあります。

せっかく来たんだからちょろちょろした滝はちょっと嫌だな。と思うかもしれませんが全然そんなことありません。

トレッキング自体、自然を感じながら登山することができるのでそれだけでも十分満足できます!

【トレイル入り口~マノアの滝までの道】

バス停から「マノアの滝」入口までは道なりに歩いて約10分です。

歩道橋が見えたら、レストラン 「Treetops」 と同じ建物にある、売店「Rainbow’s End Snack Shop」で、帰りのバス時刻をチェックし、トイレを済ませてからハイキングをスタートしましょう!

「トレイル」入口には「MANOA FALLS TRAIL」の看板があり、右側の門から入ります。

ここからは、木々だけでなく、雰囲気もジャングルのようになっていき、急に涼しくなりますよ!

最初の方は、整備された道が続くため、この時点では全然楽勝です!

入口から少し歩くと、開けた場所に出るのですが、驚くべきはその自然のスケールの大きさと美しさです。

木の一つ一つに年齢を感じ、葉っぱのカーテンをまとった巨木や苔むした木々がうっそうと生い茂る様は、まさに圧巻で、海外ドラマ「LOST」や映画「ジュラシック・パーク」のロケ地であるのも納得です。

この辺の景色はとにかく素晴らいの一言につきます。

その後、道はだんだんと狭く、登りも増え、徐々に険しくなっていきます。

生い茂った草をくぐり抜け、小川を渡り、大木の間を掻い潜っていくと、「マノアの滝」へ来たら、たくさんの方が写真を撮る「バニヤン・アーチ」が現れます!

ここまで来るとハイキングもあと半分で、これを通り抜けると竹林が待っています。

しかし、この辺から道は急に厳しくなり、地面も湿って滑りやすくかなり急です。

途中、手を付かないと登れないくらいの小規模な崖もあり、「マノアの滝」へ近づくにつれ、岩もゴツゴツで、地面はべっちょりべちょべちょで非常に歩きづらく、人によってペースの違いがはっきりとしていきます。

「マノアの滝」は、人気の観光スポットのため、朝一に行ったとしてもツアー観光客などが大勢います。