• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 ラニカイ・ピルボックス・トレイル

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島でピルボックストレイルといえば多くの人が最初に名前を挙げる人気のトレイル「ラニカイ・ピルボックス・トレイル (Lanikai Pillboxes Trail) 」です!

ラニカイ・ビーチ」を見下ろす絶景広がることから、「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」と呼ばれていますが、正式名称は「カイヴァリッジ・トレイル(Kaiwa Ridge Trail)」。

2つのピルボックスをたどるコースになっており、特に必見なのが岬の先端にある2つめ!到着したらピルボックスによじ登って、足を放り出して座るのがお約束!

今回はそんな、「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」について詳しくご紹介させていただきます!

【そもそもピルボックスとは?】

「ピルボックス」とは、戦時中に建設された鉄筋コンクリート製の「見張り台(通称トーチカ)」で、島に上陸する敵を監視する目的で見晴らしの良い山や丘の上につくられたのが特徴です。

相手の軍が攻めてきたかどうか見張る役目を持った建物なので、見晴らしのいい開けた場所に建てられていることが多くなっています。戦争が終わった今でもその姿は島の至るところで確認することができ、「ピルボックス」から海を眺める絶景を目当てに、多くの観光客が訪れています。

「ピルボックス」は徒歩約20~30分程度で辿り着けるものがほとんどで、体力に自信のない方や登山初心者の方でも安心して挑戦できるのも人気の一つ!

ではなぜ、もともと戦時中に作られた「ピルボックス」が今となってハワイを訪れる観光客の間で話題になっているのでしょうか。以下では、「ピルボックス」が注目を集める理由とその見所についてご紹介します。

〖とにかく眺望が素晴らしい!〗

上陸する敵を見下ろせるように、見晴らしのいい場所に建てられることが多い「ピルボックス」は、そこから見られる景色がとにかく美しいので、観光スポットとして注目されています。

特にオアフ島にある「ピルボックス」となれば、眺望は絶景そのもの!目の前に美しい青い海が一面に広がっています。

高い場所から見下ろすビーチの景色は、他からでは見られない雄大さが魅力で「ピルボックス」まで来てよかった!と感動する景色を目の当たりにできます。

〖フォトジェニックなスプレーの落書き!〗

「ピルボックス」の魅力は、見晴らしが素晴らしいことだけではありません。「ピルボックス」自体もアーティスティックで観光スポットとして注目されているのです。

オアフ島のあちこちにある「ピルボックス」は、スプレーによって派手に落書きが施されたり、原色に近い派手なカラーリングが施されたりと、芸術的な佇まいのものが多くなっています。

魅力的な建物と一緒に写真を取れば、インスタ映え!旅の思い出に残ること間違いなし!派手で人工的な「ピルボックス」が、手付かずの大自然と融合する景色は芸術品としてゆっくりと鑑賞するができるのです。

〖トレッキングが楽しめる!〗

「ピルボックス」は、その性質上から高台の上に位置しているため、そこにアクセスする道はトレッキングコースとして、地元の人たちがハイキングを楽しむ場所として親しまれています。

ホノルル観光を楽しみにオアフ島に訪れたのなら、ビーチでゆっくり過ごすのもいいですが、ちょっと体を動かして「ピルボックス」までハイキングを楽しんでみるのもおすすめです!

島内にいくつかある「ピルボックストレイル」の中でも特に観光客に人気なのが、今回ご紹介する「ラニカイ・ピルボックス」なのです!

人気の秘密は「ピルボックス」がある頂上から眺める美しい海岸線とオアフ島の緑鮮やかな自然、戦後スプレーペイントが施されたアーティスティックなトーチカ、そして所要時間が約20~30分(往復3.2キロ)という手軽さにあります。

このトレイルで訪れることが出来る「ピルボックス」は2箇所で、それぞれ入り口から550m(高さ100m)、730m(高さ120m)の距離にあります。

はじめの5~10分程は少し急勾配な上に足元が整備されていなく、「最後まで行けるかな?」と思われる方がいるかもしれませんが、最初の難関をクリアすれば後は絶景を眺めながら「ピルボックス」を目指すだけです!

【アクセス】

〖レンタカー〗

「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」は、全米1美しいビーチに選ばれた事もある「ラニカイビーチ」にほど近い山にあります。

「レンタカー」でアクセスする場合、まずは「ワイキキ」から「カイルア」へ目指し「パリ・ハイウェイ(Pali Highway)」を利用します。「パリ・ハイウェイ」へは「ワイキキ」から「H-1ウエスト」の入り口に乗り「パリ・ハイウェイ出口」で降りるか、または「アラモアナ・ブルバード(Ala Moana Blvd.)」または「サウス・ベレタニア・ストリート(South Beretania St.)」を通り、「ダウンタウン」の「アラケア・ストリート」で右折後、「サウス・ククイ・ストリート(South Kukui St.)」に左折、すぐ「パリ・ハイウェイ」に右折して「カイルア」まで直進します。

「パリ・ハイウェイ」は「カイルアタウン」で「カイルア・ロード(Kailua Road)」に変ります。そのまま右側に進む「カイルア・ロード」、あるいは直進して「クウレイ・ロード(Kuulei Road)」を通り「サウス・カラへオ・ロード(South Kalaheo Road)」とのT字路で右折するのが簡単です。そのまま進み、「カイルア・ビーチパーク」を左側に望んで「モクルア・ドライブ(Mokulua Drive)」へ!

「ラニカイ地区」に入ったら「アアラパパ・ドライブ(Aalapapa Drive)」に進みます。しばらく進んで「カエレプル・ドライブ(Kaelepulu Drive)」で右折すると、左側にトレイルの入り口を示す看板が見えてきます。

※「カイルア・タウン」から自転車をレンタルして「ラニカイ」まで行く場合、車と同じルートをたどります。(自転車のレンタルは下記にて紹介しています)

【駐車場について】

車でアクセスする場合、注意していただきたいのが駐車場所です。実は「ラニカイビーチ」近辺には、有料&無料とも公共の駐車場がありません。

そのため、以前はビーチやトレイルに行くときに一方通行の道路沿い(アアラパパ・ドライブとモクルアドライブ)に駐車をする人も少なくなかったのですが、現在はNG。

ハワイ州では日本と同様に駐車違反の取り締まりが行われており、自転車専用レーン上の駐車も取り締まりの対象になります。少し歩いてでも路上ではなく必ず駐車場に車を停めるようにしましょう!違反をすると$200の罰金が、またその他の駐車違反の場合は$35の罰金が課せられます。

そのため、「レンタカー」で「ラニカイビーチ」や「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」に行く場合は、「カイルアビーチパーク」の駐車場(無料)に停めて、そこから歩くのが最もおすすめです!

また、「ラニカイビーチ」や「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」周辺にはトイレがない為、「カイルアビーチパーク」で済ませておくと良いでしょう。

【カイルアビーチパークの駐車場~ピルボックス・トレイルの入り口まで】

「カイルアビーチパーク」の駐車場に停車してから「ミッド=パシフィック・カントリー・クラブ」というゴルフ場を目指して15分ほど歩くと、「トレイル」の入り口を示すカラフルな看板が見つかります。

暑い中これだけの距離を歩くのは少し大変かもしれませんが、道中の景観も良く、「トレイルの準備運動にぴったり!」とポジティブに考えれば、問題なく歩けますね!

しかし、「トレイル入り口」は少々わかりにくい所にあります。「カイルア」方面から歩いてくる場合を想定して書きますが、まず「カイルアビーチ」の景色を一望できる「アララポイント(坂を登ったところにある塔)を起点として、そのまま「ラニカイ」方面へ進みます。

すると道が2つに分かれますので右手に進んでください(左手は「ラニカイビーチ」へ、右手は「ラニカイトレイル」へアクセスできる道路)。

※よく分からない場合は、少し上り坂になっている一方通行を逆走しないルートへ行ってください。

しばらく進むと十字路がありますのでそこを右に曲がります。右側に「ミッド・パシフィック・カントリークラブ(ゴルフ場)」が見え、「ゴルフ場」の近くまで来たら、突当り付近を左に曲がると登り口のカラフルな看板があります。平日、休日ともにハイキングコースを目指している人たちがいるので迷うことなく見つけられると思います。

このように、登り口まで案内は何もないので、非常に分かりづらいです。事前に地図を十分確認してから行くようにしましょう!

〖ザ・バス(The Bus)〗

「ワイキキ」から「カイルア」まで「バス」でアクセスする場合、まずは「ワイキキ」から「アラモアナセンター」まで行き、「アラモアナセンター」前からでている「バス」に乗りましょう。

「アラモアナセンター」からは「56番」、または「57番」の「バス」に乗り、「カイルア」へ向かいます。所要時間は交通量により「カイルアタウン」まで約40~50分程度です。

※「ワイキキ」からの所要時間は約1時間半。

ちなみに、「アラモアナセンター」での乗車は「山側」が始発駅となります。海側からも乗車することはできますが座って移動したい方には「山側」からの乗車をおすすめします!

「カイルアタウン」に着いたら降り、「カイルア・ロード」上で「70番」の「ラニカイ行きバス」に乗り換えます。「57番」の場合、「70番」のバス停が時刻表に載っていて分かりやすい「オネアワ・ロード(Kailua Rd + Opp Oneawa St)乗換地点 ID: 1126」で乗り換えるのがおすすめです!

「56番バス」に乗車した場合、「オネアワ・ロード」で左折して「カネオヘ」方向に行きますので、その手前のバス停「(Kailua Rd + Hamakua Dr)乗換地点 ID: 1125」で降りて「70番」に乗り換えてください。

「70番」の「バス」に乗り、10分前後で目的地に到着します。「アアラパパ・ドライブ」と「カエレプル・ドライブ」の角でバスを下車し、右折して上がっていくと左側に「トレイル入り口」があります。

【バスの利用方法】

「ザ・バス」は、1回乗車(片道)2.75ドル、2回以上乗車するなら「1-DAY PASS」のバス券5.5ドルを購入すると、どこへ行くのも何度でも1日中乗り放題です。バスに乗るときにバスのドライバーに「ワンデイパスプリーズ」と言えば券をくれます。

また、ハワイのローカルバス「ザ・バス」の利用は、「ザ・バス」のアプリ「DaBus2」(無料)が便利です!現在地からの最寄りバス停、移動ルート、バス番号、路線図、時刻表を表示してくれます。

ハワイの「ザ・バス」は、時間通りに来なかったり、突然消えたりすることがあります。海外あるあるですがそんな時に「DaBus2」のアプリがあるとチェックできるので便利です!

到着予定のバスが「No GPS」になっていたら要注意!ドライバーが途中休憩に行く時もあり、遠出をして最終バス時刻のチェックや道に迷ったときに便利です!

また、ハワイのローカルバス「ザ・バス」では、お釣りが出ませんので予めコインを用意しておく必要があります。

・DaBus2 – The Oahu Bus App➡【App Store

・DaBus2 – The Oahu Bus App➡【Google play

【カイルアタウンからレンタルサイクルを利用する場合】

「カイルアタウン」から「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」の入り口までの別の交通手段としては、レンタサイクルも利用でき、10分ほどで「トレイル入り口」に着くことができます。

おすすめのレンタサイクル店は「KAILUA BICYCLE(カイルア バイシクル)」で、「カイルア」で唯一の日本人経営のレンタサイクルショップです。日本語対応のため利用しやすく きめ細かいサービスでも評判が高いお店です。

料金は2時間:12USD〜となります。「レンタサイクル」は後輪を逆回転させてブレーキをかける現地仕様のものから、ハンドブレーキの日本仕様のものも選ぶことができ、日本仕様のものの方が料金は少し高くなります。

とは言え、普段自転車にあまり乗り慣れていない方は、現地仕様のものだと慣れるまでがやや大変かと思いますので、日本式のレンタサイクルをおすすめします!

もちろん、自転車部品の盗難保険に加入することもできるため、万が一の時にも安心です!

駐輪場は、「ミッドパシフィック・カントリークラブ(Mid-Pacific Country Club)」を通り過ぎ、ゴルフ場沿いの道を少し進むと右手にあります。「BICYCLE PARKING ONLY」の看板があり、レンタル自転車たくさん止めてあるのですぐにわかるでしょう。

※鍵は必ず閉めて行きましょう。

【基本情報】

KAILUA BICYCLE(カイルア バイシクル)

住所:18 Kainehe St, Kailua Hawaii

営業時間:9:00-17:00