ハワイ オアフ島 ワイキキビーチ

更新日:2020年12月31日


こちらは、皆さまご存知「ワイキキビーチ」!この海を見ずしてハワイは語れません!

遊歩道の整備も進み近年さらなる魅力を増したハワイの王道ビーチです。海水浴はもちろんのこと、サーフィンやパドルボードもできます!

様々な遊具のレンタルショップやサーフィンのレッスンなどアクティビティも満載です!!!

また、不思議とあまり知られていませんが、「ワイキキビーチ」にも「パワースポット」があるのです!

「デューク・カハナモク」像の近くには〖魔法石〗とよばれるヒーリングストーンがあったり、「ハレクラニホテル」前あたりの海は古代から病を治すと言われてきた海なんです!!!

運が良ければウミガメに出会うこともでき、もちろんよーく見るとお魚だって見えますよ!

また、満月の夜などは月明かりの下でのんびりと海水浴している人もいます。ワイキキビーチで遊ぶ際は事前に下調べをして自分なりの楽しみ方を見つけると楽しさがグッと増して来ます!!!

逆に下調べなしになんとなくで訪れると、ワイキキビーチの印象が「何だか人が多すぎて落ち着かないな〜」「なんか思ってたのと違うな~」なんて言う結果になってしまうかもしれません。

楽しめるのは間違いないと思うのですが、せっかく行くのであれば全力で楽しみたいですよね!!!

そこで今回は、「ワイキキビーチ」の魅力・楽しみ方・おすすめスポット・注意点などなど、詳しくご紹介させていただきます。

【ワイキキビーチを構成する8つのエリア(ビーチ)】

実はあまり知られていない情報ですが、「ワイキキビーチ」は8つのエリア(ビーチ)によって構成されています。

以下では、西から東に向かって順にご紹介していきます。

〖デューク・カハナモク・ビーチ(Duke Kahanamoku Beach)〗

「ワイキキ」の中心部からは徒歩で約20分の場所になりますが、何度も「全米ベストビーチ」の上位に選ばれているほど、安全性・設備・利便性・景観もピカイチなビーチです!

ここは「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」の目の前にあるため治安も良く、シャワーやトイレも完備、ライフセーバーも常駐しているのでとにかく安全です。

そして、何より嬉しいのが、このビーチのすぐ奥には「ヒルトン」が運営している人工の海水池「ヒルトン・ラグーン」があり、まだ海に入るのは少し早い小さなお子様がいらっしゃる方にはとてもおすすめです!

宿泊者以外でも自由に入ることができ、波がないため、小さなお子様連れのファミリーがカヤックなどのアクティビティを楽しんでいる方も多いです。

また、日本人の利用者も多いのも安心できるポイントです!更に、この「ラグーン」の裏には無料の駐車場もありますので、レンタカーの際にも非常に便利ですし、多くの観光客が宿泊する「ヒルトン」ですので、公共バスの利用も非常に便利です!

このエリアは本当に治安がいいため、波の音を聞きながら夜の散歩をするのもとてもロマンチックですよ!

ですが、いくら治安が良いとはいえ女性1人での行動は避けましょう。

人通りも多く、ホテルやお店の街灯もあり明るいので、危険を感じることはほぼありませんが、やはり「国外」・「観光客」ということを忘れずに安心・安全に行動するようにしましょう。

更に、金曜日の夜はここから花火が打ち上げられますので、是非ともお楽しみください!

【基本情報】

営業時間:6:00~22:00

設備:駐車場(無料)・レンタルショップ・シャワー・トイレ

〖フォート・デ・ルッシー・ビーチ・パーク(Fort DuRussy Beach)〗

「フォート・デ・ルッシー・ビーチ・パーク(Fort DuRussy Beach)」は、「ワイキキビーチ」の西側、米軍の保養地前に広がる一番閑静なビーチです。

アメリカ陸軍専用ホテル「ハレコア・ホテル」の前にあるビーチのため、そこに宿泊しているアメリカ人が多く利用しているビーチです。

観光客があまりいないので、混雑も少なく、ファミリーにおすすめの穴場ビーチと言って良いでしょう。

奥行きのある広い砂浜が特徴で、整備や清掃も比較的行き届いており、シャワーも完備されています。

「フォート・デ・ルッシー公園」という公立公園があり、公園内の広い芝生や木陰、広い砂浜でゆっくりと安心して過ごせるおすすめの場所です!

ビーチバレー用のネットやバスケットゴールなども設置してあるため、外国の若者たちが楽しんでいる姿もよく見られます。

【基本情報】

設備:レンタルショップ・シャワー・トイレ

〖グレイズ・ビーチ(Gray’s Beach) 〗

「グレイズ・ビーチ(Gray’s Beach) 」は、「フォート・デ・ルッシー公園」の隣に建っている「アウトリガー・リーフリゾート」とハネムーンで大人気の高級ホテル「ハレクラニ」の前に広がる、小さな空間のビーチ。

「ハレクラニ・ボードウォーク」という遊歩道で、ビーチが一部途切れているため2箇所に分かれていますが、実は「ハレクラニ」前の小さなビーチは「カヴェヘヴェヘ(KAWEHEWEHE)」と呼ばれるパワースポットなのです。

地層から真水が湧き出ているため珊瑚礁のない透き通ったゾーンができており、海水と真水が合流する神秘的な場所です。

古代ハワイアンが病気を治すために浸かっていたこの聖なる「カヴェヘヴェヘ」にぜひ体を浸してみてください。

パワースポット好きには堪らないプライベート気分を味わえる場所です!また、「グレイズ・ビーチ」最西端にある沖に向かって伸びている堤防は、前に遮るものが何もないのでサンセットを眺めるには最高の場所です!

【基本情報】

設備:売店・シャワー・トイレ

〖カハロア&ウルコウ・ビーチ(Royal Hawaiian Beach) 〗

「カハロア&ウルコウ・ビーチ(Royal Hawaiian Beach)」は、「ロイヤルハワイアンホテル」や「モアナ・サーフライダー」などの高級ホテルが並ぶ前のビーチです。

ホテル宿泊者用の豪華なパラソルやチェアーは立ち並び、リラックスできるビーチスペースです!

もちろん誰でも利用でできるビーチではありますが、やはり各ホテルの宿泊客が多いので、専用ビーチのような雰囲気になっているため、人口密度も高めです。

シャワーやトイレなどの施設もたくさんありますが、各ホテル宿泊客専用のものが多いです。

ここの中央からは「カタマラン」のクルーズが出発しますので、興味のある方は予約をして「ワイキキビーチ」の沖へ出発しましょう!ダイヤモンドヘッドも綺麗に見える絶好のロケーションです。

【基本情報】

設備:シャワー・トイレ

〖プリンス・クヒオ・ビーチパーク(Prince Kuhio BeachPark) 〗

「プリンス・クヒオ・ビーチパーク(Prince Kuhio BeachPark)」は、「ワイキキビーチ」の中心「ビーチ交番」から「ワイキキウォール」と呼ばれる防波堤まで続くビーチです!

波を止める防波堤で囲まれているエリアは池のように穏やかですので、お子様でも安心して海水浴が楽しめますし、初挑戦のアクティビティにトライするにもちょうどいい穏やかさです。後方に高い建物がないのでとても開放感があり、「ワイキキ」の中でも多くの観光客が集まるポピュラーなビーチです。

また、ここはなんといっても、ハワイと言ったらこの像!「伝説のサーファー・デューク・カハナモク像」があるところです。

そして「デューク・カハナモク像」のすぐそばにはフラステージがあり、地元のフラ教室の生徒達が出演する「クヒオ・ビーチ・フラショー」も無料で楽しめます!

ディナーの前後に本場のフラを堪能し、ロマンチックなハワイの夜を楽しんで見て下さい!他にも、「ウィザード・ストーン・オブ・カパエマフ(ワイキキの魔法石)」と呼ばれるパワースポットもあります。

こちらは、「交番」と「デューク・カハナモク像」の間にある4つの石ですが、16世紀にハワイを訪れたタヒチの祈祷師4人が、この石に病を治す治癒力を封じ込めたそうです。

お散歩がてら、健康を願ってそのパワーを浴びに行ってみましょう!

ただし、海水浴の際は、「ビーチ交番」の近く(デュークカハナモク像)が一番混むので、少し離れて場所を確保しましょう!

【基本情報】

設備:売店・シャワー・トイレ・ロッカーレンタル

〖クヒオ・ビーチ・フラショー〗

開催曜日:火・木・土・日

開催時間:18:30~19:30

〖クイーンズ・サーフ・ビーチ(Queen’s Surf Beach)〗

「クイーンズ・サーフ・ビーチ(Queen’s Surf Beach)」は、「ワイキキウォール」のすぐ向こうから「ワイキキ水族館」付近までのビーチエリアです。

ここまで来るとワイキキの中心部とは少し離れているため、少し静かな雰囲気となっています。ここは、サーフィン禁止のエリアなので、ボディーボードをしている方を多く見かけます。

また、海中を泳ぐ魚が上から見えるほど海の透明度が高く、ゆっくりと海水浴を楽しみたい人におすすめのビーチです!

ただ、こちらはゲイのカップルが集まるビーチでもあるため、知らずに男性だけで行くと周りからはそう思われてしまうかもしれません。また、お子様連れの方は少し気になってしまうかもしれませんね。

【基本情報】

設備:売店・シャワー・トイレ

〖カイマナ・ビーチ(Kaimana Beach)〗

「カイマナ・ビーチ(Kaimana Beach)」は、「サン・スーシ・ビーチ(San Souci Beach)」とも呼ばれるビーチで、「クイーンズ・サーフ・ビーチ」よりも更に静かな雰囲気です。

100mほどの小さなビーチですが、砂の質がきめ細かくサラサラとしているので、観光客の少ない静かな場所でお子様と一緒に砂遊びを楽しむのにおすすめです!

また、ここの遊歩道から見るサンセットはとても美しく、夕日を浴びながら静かな音楽でも聴いて散歩するのも良いですね。施設はトイレとシャワーのみですので、食べ物や飲み物を買ってからビーチへ向かいましょう!

【基本情報】

設備:シャワー・トイレ

〖アウトリガー ・カヌークラブ・ビーチ(Outrigger Canoe Club Beach)〗