• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 ワイメア渓谷

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島「ノースショア・ハレイワ」の近くにある、大自然に恵まれた自然公園「ワイメア渓谷(Waimea Valley)」です!

「渓谷(バレー(Valley))」というからには、滝あり、渓谷有り、森林と植物園、小動物など、緑豊かな大自然のパノラマが広がっており、広さはなんと229万坪、1875エーカーにも及びます。

古代ハワイアンから受け継がれてきた文化遺産と美しい自然に触れることができ、広大な敷地内は一日中でも遊んでいられるほど魅力的で雄大な大自然の公園であり、世界各国からの観光客に人気のスポットです!

片道約1.2kmのトレイルの両側はハワイの熱帯植物の植物園になっていて、カラフルなトロピカルフラワーが咲き、古代ハワイの史跡もあります。

トレイルの終点の「ワイメアの滝:ワイメア・フォールズ(Waimea Falls)」は、古代ハワイアンにとって治癒のためや祈りのために使われていた神聖な場所であり、スピリチュアルなパワースポットとして有名です!

以前は「ワイメア・フォールパーク」として営業していたこともあり、「ワイメア・フォールズ」が最大の見どころとなっています!

訪れたほとんどの人が水着を着て泳いでおり、ライフガードが滝の近くにいて、無料でライフジャケットを貸してくれます。

また、この滝はアメリカの人気TVシリーズ「LOST」の撮影地の一つでもあります。

※注意事項※

当記事でご紹介しているのは、オアフ島にある「ワイメア渓谷公園(Waimea Valley Park)」です。

最近注目されている「ワイメア・キャニオン州立公園(Waimea Canyon State Park)」は「カウアイ島」にあります。

また、「ワイメア」という名称はハワイ各地で使われていますので、スポットを調べる際はどの島にあるかを確認頂くことをおすすめします。

【歴史】

ハワイの歴史を語る上でも、この「ワイメア渓谷(Waimea Valley)」は外せません!

「Waimea(ワイメア)」とは、ハワイ語で「赤い水」の意味だそうで、ハワイ独特の粘土質の赤土で造られた、この「ワイメア・バレー(Waimea Valley)」の渓谷は、まさに「グランドキャニオン」のような景観です。

古代ハワイアン達が祭事に奉った「ヘイアウ(ハワイの守護神・豊穣の神Lono・ロノが祀られている)」が、この公園の駐車場の横に再現されています。

元々は1090年頃に、オアフ島の支配者が、神官の中でも一番高い「カフナ・ヌイ(kahuna nui)」に与えた場所と言われ、1886年までは子孫が管理していましたが、現在は「Hiipaka LLC」が管理運営しています。

「ワイメア・フォールズ(Waimea Falls)」は、そんな古代ハワイアンの神官の中でも一番高い「カフナ(霊力者、僧侶、祈祷師)」が、病気を癒やす為に祈祷を行った場所で、別名「カフナの渓谷」と呼ばれていたそうです。

【トレイル:ハワイの歴史文化・自然に触れよう!】

滝へ続く「トレイルコース」は、片道3マイル、移動時間の目安は30分ほどとなります。

日本では見たことのないような珍しい木々、花、鳥たちに出会いながらのトレイルはとても心地よいですよ!

普段植物にはそれほど興味がない。という方も日本ではまず見られないような色や造形の数々に思わず感銘してしまいます。

散策路は全体的に平坦なコースで、坂があったとしてもとても緩やかです。

ほかにも脇道や小道が枝分かれしているので、舗装道だけでは物足りない人は脇道にそれて楽しんでみるのもいいでしょう。

古代ハワイアンの住居を復元したエリアもあるので、ハワイの歴史文化に触れることもできます。

蓮の花やイエローロリポップ、ハイビスカスなどいろいろな花々を楽しむことができ、豊富な種類の草花が育てられているので、いつ訪れても花々を楽しむことができそうです。

「ワイメア稽古」では無料Wi-Fiスポットがありますので、植物の名前を調べるアプリなどをインストールしてから訪ねると、楽しい学びのひとときが過ごせることでしょう。

※公式サイトFAQより:3GやLTEなど、いわゆる携帯電話回線は受信できないとアナウンスされているため、ご家族やグループで行かれる方は道中ではぐれないようにご注意ください。

また園内では、非常に珍しい鳥も保護されており、木々や水辺を覗いて珍しい鳥を見たり、歩くたびに景色が次々に変わっていく姿を楽しんでください!

散策路のゴールとなる滝の滝つぼでは泳ぐことができます!

ライフジャケットも借りることができるので、泳ぎたい人はあらかじめ水着を着ていくと良いでしょう。

「ワイメア渓谷」特有の赤土の粒子が細かいため濁って見えますが、流れている滝の水そのものはとても綺麗です。

また、その景観の美しさから、海外ドラマなどのロケ地としても有名ですね!

【ワイメア渓谷(Waimea Valley)でしかできない体験!】

オアフ島の「ワイメア渓谷(Waimea Valley)」でしかできない体験、それが「滝つぼでの水泳体験」です!

なぜこの滝つぼでの水泳体験が、ここでしか体験できないのかというと、基本的にハワイの川や池などの自然水には、人間にとって危険なバクテリアが含まれているからです。

そのため、原則としてハワイでは川や池で泳ぐことは禁止され、実際そのバクテリアに感染して死亡する事故も起きています。

このように泳ぐのが危険な滝つぼとしては、例えば「ワイキキ」の近くでは「マノアの滝」の滝つぼがあります。

「マノアの滝」は、その滝までのジャングルを抜けながらのハイキングを楽しめる人気のスポットです!

その「マノアの滝」の滝つぼは、ちょっとした池になっていますが、「バクテリアで汚染されている」という理由から、滝つぼでの水泳が禁止されています。

ですので、管理スタッフがいるときに「マノアの滝」の滝つぼに入ろうすると、そのスタッフに止められます。

中には、その制止を振り切って滝つぼに入る強者もいるのですが、そのバクテリアに感染して死亡する可能性があることを知っているのか知らないのかはわかりません。

「マノアの滝」に限らず、ハワイの滝つぼでは泳げないことが基本です。

それが、「ワイメア渓谷」では例外的に泳げる滝つぼとなっており、つまりここでしかできない体験と言うわけなのです!

〖滝つぼで泳ぐための準備〗

「ワイメア渓谷」の滝つぼで泳ぐための方法をご紹介します。

まず水泳をするので、当然ですが水着の準備が必要になります。

「ワイメア渓谷」の公園内には、更衣室があるのでそこで水着に着替えられます。

ただ、それが面倒な人は、服の下に水着を事前に着るなどしておくのが良いでしょう。

また、上がった時に体を拭くためのタオルも用意しておきましょう。

上記でも述べた通り、この滝つぼまでは川沿いの遊歩道を歩いて行くことになりますが、舗装された道路なので、足元はスニーカーでなくても大丈夫です。