• 私の旅行記

ハワイ オアフ島 戦艦ミズーリ記念館

更新日:2020年12月30日


こちらは、オアフ島の「パールハーバー」に停泊している1944年1月29日に進水式を迎え、アメリカ海軍最後の戦艦として就役していた「戦艦ミズーリ」です!

「パールハーバー」と言えば、太平洋戦争時に日本が奇襲攻撃を行い、開戦のきっかけとなった場所ですが、現在でもアメリカ太平洋艦隊の司令部となっています。

「戦艦ミズーリ記念館」はオアフ島の「パールハーバー」に係留する歴史的な記念館です。

「パールハーバー」は、ホノルル国際空港から約5km、「ワイキキ」から約18kmの位置にあります。

今回は、そんな「パールハーバー」に停泊している「戦艦ミズーリ記念館」についてご紹介していきます。

【戦艦ミズーリの歴史】

「戦艦ミズーリ(BB-63)」は、「マーティー・モー」の愛称でアメリカ民に親しまれており、アメリカにおいては最後に完成し、最後に退役したため「最後の戦艦」と呼ばれています。

昭和16年1月6日に、ニューヨークブルックリンの「ニューヨーク海軍造船所」で造船が開始され、3年後の昭和19年1月29日に進水式を迎え、その際に命名者となったのが、当時ミズーリ州選出の上院議員であった「ハリー・トルーマン」の愛娘「マーガレット・トルーマン」でした。

同昭和19年に就役した後、第二次世界大戦中は主に太平洋を中心に活動していました。

昭和19年12月24日、「パールハーバー」に寄港し、昭和20年に空母「レキシントン」率いる艦隊に加わり、同年2月19日からの硫黄島上陸作戦を支援しました。

更に3月には沖縄での攻撃作戦、4月の沖縄上陸作戦に参加し、海上から砲撃を行っています。

4月11日、初めて特攻隊戦闘機(一機)の攻撃を受け、右舷甲板後部(フレーム165付近)に破損を生じました。

昭和20年8月29日に、「ミズーリ」の艦上にて「マッカーサー元帥」率いる連合軍側と「重光葵」全権率いる日本政府代表との間で調印式が行われました。

〖神風特攻機衝突跡〗

「戦艦ミズーリ」右舷甲板後部(フレーム165付近)には、「神風特攻機衝突跡」が今でも見ることができます。

1945年(昭和20年)4月11日、沖縄海域にて上空約30メートルから1機の神風特攻機が「ミズーリ」に向けて突入し、右舷艦尾付近に衝突したのです。

翌日、当時の艦長「ウィリアム・キャラハン」の命令により、特攻隊員の水葬が「戦艦ミズーリ」の甲板上で行われます。

〖降伏文書調印式会場〗

1945年(昭和20年)9月2日、東京湾内に停泊していた「戦艦ミズーリ」の右舷01デッキにて調印式が行われました。

「マッカーサー元帥」を始めとする連合軍代表と、日本からは政府全権「重光葵」外務大臣、大本営全権「梅津美次郎」参謀総長の他、総勢11名が出席しました。

これにより、第二次世界大戦が公式に集結を迎えたのです。

この事件から70年の2015年4月11日に、「戦艦ミズーリ保存協会」は「知覧特攻平和会館」との提携、及び「戦艦ミズーリ」上での特別展示を発表しました。

ご来館されるお客様は特攻隊員が母親や子ども、恋人へ書き残した遺書や手紙、遺物など19点と写真80枚をご見学頂けます。

【アクセス】

〖パールハーバー内のアクセス〗

「戦艦ミズーリ記念館」は、米軍基地の「フォード・アイランド」の中にありますので、一般の通行が禁止されています。

「パールハーバー・ビジネスセンター」からのシャトルバスを利用します。

シャトルバスの料金は観覧用パスに含まれており、「パールハーバー・ビジネスセンター」から8:00から約15分おきに毎日運航しています。

シャトルバス乗り場は「ボーフィン潜水博物館」の山側(アリゾナ記念館の入り口から、海軍のロケットの方向へ進んで右手)にあります。

〖パールハーバーまでのアクセス〗

〖レンタカー〗

「H1」フリーウェイで「ダニエル・K・イノウエ国際空港」方面へ「パールハーバー(Pearl Harbor)」の標識に従い進みます。

しばらく進み、「アリゾナ・メモリアル/スタジアム(Arizona Memorial/Stadium)」と書かれた「15A」出口を出ます。

※「NAMAL BASE」の出口ではないので注意してください。

「パールハーバー・ヒストリックサイト(Pearl Harbor・Historic Sites)」と書かれた茶色の道路標識に従い進むと、「パールハーバー・ビジターセンター」へと到着します。

  1. 最寄りのフリーウェイ入り口から「H1 West」に進む。

  2. 「H1」を「Airport方面」に向かい、車を走らせる。

  3. 15A「Arizona memorial, Stadium」でフリーウェイを降りる。

  4. そのまま真っ直ぐ99号「カメハメハ・ハイウェイ」を進む。

  5. 「kalaloa」の交差点を左折したところにビジターセンターがあります。

「レンタカー」を利用すると、約30分程度で到着しますので、「レンタカー」を利用した方が効率よく観光を楽しむことができます!

〖ザ・バス〗

ワイキキ〗から〖パールハーバー〗

「20番」または「42番」の西方面行きのバスを利用します。

このバスはフリーウェイには乗らずに「ダウンタウン」などを通りながら運行します。

1時間前後乗車の後、バスは「パールハーバー・ビジターセンター」の駐車場に入って停車するので、そこで下車します。

午後のバスの中には、「パールハーバー・ビジターセンター」敷地内に入らず一般道沿いのバス停にのみ停車するものもありますのでご注意ください。

バスの料金は大人$2.75、1DAYパスは$5.50です。

バスには両替機がなく、お釣りも出ませんので運賃はきっちり用意しておきましょう!

「1DAYパス」を購入する場合は、料金ボックスにお金を入れる前に運転手に申し出てください。

「20番バス」と「42番バス」の違い、、、

「20番バス」と「42番バス」は基本的に「ワイキキ」から「パールハーバー・ビジターセンター」までのルートはほぼ同じです。

しかし「20番バス」は、途中「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に寄るため「42番バス」よりも10分ほど多く時間がかかります。

〖アラモアナ〗から〖パールハーバー〗

「20番」または「42番」のバスをご利用する場合:

ご乗車の際は、海側バス乗り場を利用します。

フリーウェイには乗らずにダウンタウンなどを通りながら運行します。

45分前後乗車の後、「パールハーバー・ビジターセンター」の駐車場に入って停車するので、そこで下車します。

午後のバスの中には、「パールハーバー・ビジターセンター」敷地内に入らず一般道沿いのバス停にのみ停車するものもありますのでご