• 私の旅行記

ハワイ ハワイ島 ケアラケクア湾

更新日:2020年12月31日


こちらは、「カイルア・コナ」から約19 ㎞南にある「海洋保護区域」に指定されている「ケアラケクア湾」です!

「ケアラケクア」の意味は「神の通り道」という意味で、「コナコースト」を一望でき、シュノーケリング、スキューバダイビング、カヤックに最高のスポットです。

「キャプテン・クック」の「上陸記念碑」があり、湾の光り輝く水の中は、多くのサンゴや熱帯魚が群れをなし、ハシナガイルカが見られることもあります。

上陸は禁止されていますが、「記念碑」付近の入り江へは、カヌーツアー、ボートツアー、クルージングツアーで行くことができます。

釣りなどは一切禁止されていますが、ビーチに隣接した「ピクニック・エリア」でのんびり過ごすのもおすすめです!

ちなみに、魚を見るには同じくシュノーケルスポットで有名な「カハルウ・ビーチ」がおすすめですが、透明度や海の美しさを感じたいなら「ケアラケクア湾」の方がおすすめです!

【歴史】

「レゾリューション号」と「ディスカバリー号」、「キャプテン・クック船長」率いる英国の探検船二隻が、「ケアラケクア湾」に碇を下ろしたのは1779年1月のことでした。

「ke-ala-ke-kua」=「神の道」を意味する地名で、入江に「ヘイアウ(祭祀場)」の石組みが残されており、周辺には家々が立ち並んでいます。

ここは2011年3月の東日本大震災の津波が到達し、ハワイ島で唯一被害が報じられた地区でもあります。

英国の「キャプテン・クック船長」がハワイ諸島を発見したのは、前の年の1778年1月。

南西方向から【オアフ島】を発見して北へ進路を取り、【カウアイ島】に向かっているため、【ハワイ島】や【マウイ島】は目視出来ていません。

更に北へ、【バンクーバー島】から【アンカレッジ】、そして8月には北緯七十度まで北上して測量調査を行った後、氷に閉ざされる前に南下し、ハワイを越冬地に選びます。

11月には【マウイ島】の東側に船を廻し、マウイの最東端「ハナ」近くの海上で【ハワイ島】の王「カラニオプウ(Kalaniʻōpuʻu)」を船上に迎えています。

この時、若き「カメハメハ」が同行していたことが、諸島統一と云うハワイ史を塗り替えるための重要な転機になります。

この後、【ハワイ島】の東から南端を回り込み、水深を測りながら、食糧と水の確保に適した停泊地を探し、翌年1779年1月に、「カラニオプウ」が支配する「ケアラケクア」に投錨しました。

時期は、【カウアイ島】の「ワイメア」に上陸した時と同じく、平和と豊饒を象徴する「ロノ神」が司る「マカヒキ」の期間です。

住民はひれ伏して、「キャプテン・クック」を「ロノ神」と崇めて迎えた。とも伝えられています。

「ロノ」の到来と思われた理由には、白い帆を揚げて「マカヒキ」の期間に到来したことに加えて、二隻の船が島を時計周りに回ったことが、偶然ハワイに古くから伝わる「ロノ」のイメージの島内行進経路と一致したことも考えられます。

2月になり、半月ほど滞在した二隻の探検船は、再度北を目指して「ケアラケクア湾」を出港したのですが、【ハワイ島・西岸沖】を北上し始めて数日後に突風に煽られてマストが壊れ、修理のため再度「ケアラケクア」に戻ってきます。

この時、ハワイアンの人々が戦闘を慎んでいた「マカヒキ」の時期は終わっていたため、周囲は険悪な雰囲気だったとか。

「カラニオプウ」が乗船し、戻ってきた理由を問い質したものの、神ではなかったとの疑惑が生まれたのか、納得しなかった様子。

神聖な時期に旅だった神がこの時期に舞い戻ってくることは考えられないことだったのだ。

そして、2月14日に「キャプテン・クック」は最期を迎えます。

船から下ろした小艇をハワイアンの人達が持ち去ってしまい、これを取り戻すために「カラニオープウ」を捕捉しようと武装した部下を引き連れて「キャプテン・クック船長」自身も上陸、海岸での小競り合いの中で「キャプテン・クック船長」は落命してしまいます。

この衝突で「キャプテン・クック」と水兵4人と先住民17人が死亡したと航海日誌にはつづられています。

また、「キャプテン・クック」の遺体は先住民たちによって持ち去られたとも記されています。

何故小舟が欲しかったか。それは生活必需品の釣り針にも使える釘が欲しかったからだろうと考えられています。

湾北側の海辺に「キャプテン・クック船長」の碑が建てられたのは1874年のことでした。

また、湾の東側には、ハワイの神「ロノ」を祭った「ヒキアウ・ヘイアウ(神殿)」があります。

そして現在では、「ケアラケクア」はカヤックやシュノーケル、スキューバダイビングが楽しめる水の澄んだ湾として、旅行者にも人気の場所になっています。

【キャプテン・クックの上陸記念碑までの行き方!】

「キャプテン・クック」の「上陸記念碑」を見るには2つの方法があります!

1つは「カヤック」や「ボートツアー」に参加して海からアプローチするもの、もうひとつは高低差430mほどの岩場をひたすら降りていく過酷な「トレイルコース」を辿る方法です。

〖ツアーに参加する!〗

海洋保護のため、現在「キャプテン・クック」の「上陸記念碑」は個人のカヤックでの上陸が禁止されているため、許可されたツアー会社を利用する必要があります。

透明度抜群の「ケアラケクア湾」でトロピカルな熱帯魚や美しいサンゴ礁の中をシュノーケリングで探検することができます!

まずは「キャプテン・クック碑」を目指し出発し、セーリング中は運が良ければ野生のイルカと出会えるかもしれません!

〖トレイル(自力)で行く!〗

「トレイル」のスタート地点はその名も「キャプテン・クック」という地域です。

「11号線」から「160号線(Napoopoo Road)」へ入ってすぐの場所にあり、入口には「Think Twice(よく考えて)」と赤字で警告する看板がたっています。

そこには「高低差1400フィート(約426メートル)、往復3.8マイル(約6キロ)で、特に帰りは一番暑い時間帯で登りになること、 けが人や緊急搬送される人が後を絶たないこと、 それでも行くならきちんとした服装で、十分な水を持っていくように!」 といった注意書きが書かれています。