top of page
  • 執筆者の写真私の旅行記

フランス パリ アトリエ・デ・リュミエール:魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで徹底ナビ!


こちらは、パリ11区にある、2018年にできたパリで初めての没入型デジタルアートの美術館「アトリエ・デ・リュミエール(Atelier des Lumières:光のアトリエ)」です!


「アトリエ・デ・リュミエール」は、パリ初のデジタルアート美術館ということで話題を呼んでおり、美術史に残るような芸術家たちの作品を扱った、光と音のデジタルアートを鑑賞することができます。


今回はそんな、「アトリエ・デ・リュミエール」の魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

 

【アトリエ・デ・リュミエール:基本情報】

 

〖歴史・概要〗

「アトリエ・デ・リュミエール」は、1835年築のかつて鋳造工場だった場所を利用し、床面積2,000㎡、天高は10mの広いスペースに140機のプロジェクターと50個のスピーカーを設置。床から壁まですべてがキャンバスとなり、その総面積はなんと3,300㎡も!はじめのエキスポは、2018年4月13日〜11月11日までの長期間展示された「クリムト展」。今でも週末は大行列になるほど人気で、プロジェクションマッピングだけでなく、展覧会の内容も人気の秘訣のようです。


〖住所〗


38 Rue Saint-Maur, 75011 Paris,


〖電話番号〗


+33180984600


〖アクセス〗

【メトロ】:3号線「Rue Saint Maur」駅/9号線「Voltaire」駅・「Saint Ambroise」駅/2号線「Père Lachaise」駅


【バス】:46番/56番/61番/69番


〖入場料金〗


料金は、プログラム・時間指定・オープンパス・夜間などにより異なります。


【時間指定チケット(Billet avec créneau de visite)】


「ロングプログラム」・「ショートプログラム」・「コンテンポラリークリエーション」の3作品を、日時を指定して鑑賞できます。


一般 :【平日】16ユーロ/【土日祝】17ユーロ

シニア(65歳以上):【平日】15ユーロ/【土日祝】16ユーロ

学生・求職者・障害者カードの所持者・教育パスの所持者:【平日】13ユーロ/【土日祝】14ユーロ

若者(5〜25歳):【平日】11ユーロ/【土日祝】12ユーロ

家族料金(大人2名 + 5歳から25歳までの若者2名):【平日】48ユーロ/【土日祝】49ユーロ

5歳未満 :無料(2歳未満のお子様の入場はおすすめしないそうです)


【オープンデイチケット(Billet open journée)】


「ロングプログラム」・「ショートプログラム」・「コンテンポラリークリエーション」の3作品を、時間帯を選択せずに指定日の開館時間帯にいつでも鑑賞できます。(ただし、一度退場したら再入場できません)


【平日】35ユーロ/【土日祝】35ユーロ


【夜間プログラム時間指定チケット(Billet avec créneau de visite)】


「夜間プログラム」の作品を、「月曜日~土曜日:16:30~20:00」の間で日時を指定して鑑賞することができます。


一般 :14ユーロ

学生・求職者・障害者カードの所持者・教育パスの所持者:12ユーロ

若者(5〜25歳):12ユーロ

5歳未満 :無料


【オープン夜間チケット(Billet open nocturne)】


「夜間プログラム」の作品を、「月曜日~土曜日:16:30~20:00」の間で、指定日のいつでも鑑賞できます。(ただし、一度退場したら再入場できません)


30ユーロ


【チケット購入方法】


チケットは「アトリエ・デ・リュミエール」現地で直接購入することができますが、事前にオンラインで予約購入するのがおすすめ!混雑している際、並ばずに入場できますし、チケット売り場は土日がお休み、現地で購入する当日券の価格より2ユーロ割引などといった利点があります!


オンラインチケット購入ページは、こちらのの公式ページから購入できます。➡「アトリエ・デ・リュミエール公式サイト」:フランス語


〖営業時間〗


月曜日〜木曜日:10:00~18:00

金曜日〜土曜日:10:00~22:00

日曜日:10:00~19:00

※夏時間(2022年7月8日〜8月28日):月曜日〜土曜日:10:00~18:00/日曜日:10:00~19:00

※夜間のプログラムは時間が異なります。


〖公式サイト〗


 

【アトリエ・デ・リュミエール:魅力・見どころ!】

 

館内に入ると「ブックストア」や「デジタル掲示板」などがあり、その奥に「アートホール」の入り口があります。奥まで進み「アートホール」の扉を開けると、目の前には高さ10メートル以上ものアートが!この時点で自分がアートの世界に入り込んだかのよう感覚になるのですが、更に作品に合わせた音楽の迫力も伴い、アートの世界にどっぷり浸かってしまいます。また、「アトリエ・デ・リュミエール」は、かつて鋳造で栄えた廃工場だったというスペースをアートホールにし、この広々としたアートホールのあらゆる壁や床(天井は除く)すべてがキャンバスで、そこにプロジェクションマッピングのようにデジタルアートが映し出しています。鑑賞中はアートホールの中を自由気ままに歩いたり、床やイスに座ったり、壁にもたれたり、好きなところで見られるうえ、作品は常に上映され続けているので、数分のインターバルはあるものの、一度入場したら好きなだけいられるのも嬉しいですね!


※展示内容は1年ごとに変化※

「アトリエ・デ・リュミエール」の展示は、ロングプログラム、ショートプログラム、コンテンポラリークリエーション、夜間のプログラムがあり、毎年新たな展示に更新されていきます。訪れる前に公式ウェブサイトからのチェックを忘れずに!

 

いかがでしたでしょうか。


パリで初めての光と音のデジタルアートの美術館である「アトリエ・デ・リュミエール」!一度アトリエホールに入ったら、アートの世界の中を自由に堪能することができますので、気になる方は是非とも訪れてみてください!

 

【基本情報】

アトリエ・デ・リュミエール(Atelier des Lumières:光のアトリエ)

住所:38 Rue Saint-Maur, 75011 Paris,

電話番号:+33180984600

アクセス:

【メトロ】:3号線「Rue Saint Maur」駅/9号線「Voltaire」駅・「Saint Ambroise」駅/2号線「Père Lachaise」駅

【バス】:46番/56番/61番/69番

入場料金:※上記参照

営業時間:

月曜日〜木曜日:10:00~18:00

金曜日〜土曜日:10:00~22:00

日曜日:10:00~19:00

※夏時間(2022年7月8日〜8月28日):月曜日〜土曜日:10:00~18:00/日曜日:10:00~19:00

※夜間のプログラムは時間が異なります。


※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。



閲覧数:71回0件のコメント
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

bottom of page