• 私の旅行記

フランス パリ オランジュリー美術館:魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで徹底ナビ!


こちらは、モネの連作「睡蓮」と、ポール・ギョーム及びジャン・ウォルターが収集した145点の絵画を展示するパリ中心部の美術館「オランジュリー美術館(Musee de L'Orangerie)」です!


「睡蓮」の他にもマチス、ピカソ、セザンヌ、モディリアーニ、ルノワール、ユトリロ、ドランなど印象派、ポスト印象派の作品が展示されており、こちらも見逃せません。


今回はそんな、「オランジュリー美術館」の魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【オランジュリー美術館:基本情報】

〖歴史・概要〗

光溢れる「オランジュリー美術館」は、実は果物の「オレンジ」がその名前の由来だということをご存じでしょうか。1853年にナポレオン3世が、チュイルリー宮殿の庭園にあった今にも枯れてしまいそうなオレンジの木をなんとか越冬させようと、主席建築家であった「フィルマン・ブルジョワ」に温室を作らせたのがその始まりです。1871年に「チュイルリー宮殿」自体は焼失してしまいますが、残った「オランジュリー」は様々な行事や展覧会を行う多目的会場として利用される様になります。


1918年に第一次世界大戦が終戦すると、その翌日に「クロード・モネ」は政府に自身の生涯をかけた大作「睡蓮(画像右)」の寄贈を申し出ます。「モネ」は当時の大統領である「フランス クレマンソー」と深い親交があったため、大統領宛てに直接書簡をしたため、その意志を伝えました。この時、「睡蓮」の展示場所は現在の「ロダン美術館」の建物なども候補に上がりましたが、最終的に「オランジュリー」の建物を整備して、「睡蓮」の展示スペースとする事が決定しました。「オランジュリー美術館」は、モネの「睡蓮」を展示するためだけに誕生した美術館と言っても過言ではありません。

その後、展示スペースの整備や「モネ」による作品の手直しなどもあり、実際に「睡蓮」が公開されるまでに数年を要しました。「睡蓮」が公開されたのは、「モネ」がこの世を去った数ヶ月後の1927年5月の事。「睡蓮」の展示スタートから半世紀ほどの間は、「オランジュリー」の常設展示はこの「睡蓮」のみでした。更に、「オルセー美術館」や「ピカソ美術館」、「グランバレ」などの新しい美術館が政府によって前面に押し出されると、「オランジュリー美術館」は徐々に衰退期を迎えます。


しかし、1977年に入り「ポール・ギョーム」と「ジャン・ウォルター」の蒐集品が、完全に「オランジュリー美術館」のコレクションに加わると、1978年から1984年にかけて展示スペースの再整備を目的とした大規模な改装工事が行われます。この改修が完了した1984年以後、「オランジュリー美術館」の来場者数は徐々に回復し、1998年頃には年間50万人を超えるまでになりました。この流れによって、「オランジュリー美術館」と「睡蓮」は再評価され、モネが本来望んでいた自然光の中での「睡蓮」の展示スペースも2000年~2006年にかけて再整備されました。以来、「オランジュリー美術館」は「ルーブル美術館」や「オルセー美術館」と肩を並べるまでの人気とは行きませんが、パリの中でも人気の高い美術館の一つとなっています。


〖住所〗


Jardin Tuileries, 75001 Paris,


〖電話番号〗


+33144504300


〖アクセス〗

最寄り駅は、「コンコルド広場」がある「Concorde(コンコルド)駅」。メトロ 1、8、12番線が通っています。

また、「オランジュリー美術館」は、「ルーブル美術館」や「オルセー美術館」から近く、徒歩で行くことが可能です。「ルーブル美術館」からは徒歩15分弱で、「カルーゼル凱旋門」から「チュイルリー庭園」に入り、庭園の反対側の端に「オランジュリー美術館」があります。

「オルセー美術館」からは「セーヌ川」を挟んで10分弱の距離で、「オルセー美術館」から「セーヌ川」沿いを「ルーブル美術館」とは反対方向に歩くと橋がありますので、そこに「オランジュリー美術館」の案内が出ています。橋を渡ると、「チュイルリー庭園」に入るので左側(ルーブル美術館と反対方向)に進みます。


【入場方法】

「オランジュリー美術館」は、「コンコルド広場」に面した方が入り口になっています。混雑具合は、「ルーブル美術館」や「オルセー美術館」に比べると格段に緩やかで、基本的に予約しなくても並ばずに入場できる場合がほとんどです。ただし、事前に予約しておいた方が見学開始までの流れはスムーズになります。予約なしで訪問した場合にタイミングが悪いと、入口とチケット購入時に2度並ぶ羽目になる場合があります。

予約さえしておけば、予約者の優先入場レーンから館内に入場できるのはもちろん、チケット窓口に立ち寄る手間と時間を省略できます。特に、「ルーブル美術館」や「オルセー美術館」と合わせて訪問される方は、共通チケットか「パリミュージアムパス」の事前オンライン予約(購入)は必須と言えます。

「オランジュリー美術館」の入口は、チケットの有無によって入場レーンが3つに分かれています。そのうち皆さんが利用する可能性があるのは「1(予約なし・当日チケット購入者)」と「2(チケット予約者・パリミュージアムパス)」のレーンのいずれかです。ただし、「オランジュリー美術館」の場合、入場者が少ない時は、チケットの有無に限らず入場レーンが同じ(1つ)になっている事が多いです。

中に入ると、最初にセキュリティチェックを受けます。セキュリティチェックのあとにクロークやインフォメーションがあり、インフォメーションでは日本語のパンフレットがもらえます。当日チケットを購入される場合はこの先で購入。オーディオガイドのレンタルカウンターもありますので、必要な方はこちらで!

チケット売り場を左手にして、順路を進んだ奥が展示エリアになっています。後は自由に観光をスタートしてください!


〖入場料金〗

入場料(通常):12.5 EUR

オーディオガイド:5 EUR

無料になるケース:毎月第1日曜日、子供(18歳以下)