• 私の旅行記

フランス パリ オルセー美術館:魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで徹底ナビ!


こちらは、言わずと知れたフランス印象派芸術の楽園とも言える場所「オルセー美術館(Musee d'Orsay)」です!


「ドガ」・「マネ」・「モネ」・「ルノワール」・「ゴッホ」・「ゴーギャン」など、印象派美術の名だたる名作が多くと並ぶ「オルセー美術館」は、世界中にもその名は知れ渡り、毎年数多くの観光客や地元フランス人達が足を運ぶ世界的な美術館です。


今回はそんな、「オルセー美術館」の魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【オルセー美術館:基本情報】

〖歴史・概要〗

「オルセー美術館」は、1900年の「パリ万国博覧会」のために建設された「オルセー駅」を改造して、1986年に美術館としてオープンしました。設計者は「ヴィクトール・ラルー(1850年 - 1937年)」。もともと「オルセー駅」はオルレアンやフランス南西部へ向かう長距離列車のターミナルであり、かまぼこ状の大屋根(トレイン・シェッド)の下の地下に10線以上のホームを備えていました。狭くて不便だったことから、1939年に近距離列車専用駅となり、駅施設を大幅に縮小。その後、この建物はさまざまな用途に用いられ、一時は取り壊しの話もありましたが、1970年代からフランス政府によって保存活用策が検討されはじめ、イタリアの女性建築家「ガエ・アウレンティ」の改修により19世紀美術を展示する美術館として生まれ変わることとなったのです。


こうして1986年に「オルセー美術館」が開館。美術館の中央ホールは、地下ホームの「トレイン・シェッド」による吹き抜け構造をそのまま活用し、建物内部には鉄道駅であった面影が随所に残ります。また、併設されていたホテルの祝宴の間や、現在レストランになっている食堂など、建設当時の豪華な装飾も見学することができます。現在では、絵画、彫刻、デッサン、美術工芸品、写真など、新古典主義から象徴主義までの19世紀の豊富なコレクションを目当てに年間300万人以上が訪れています。とりわけ、「マネ」・「モネ」・「ゴッホ」・「セザンヌ」などの印象派の作品コレクションは秀逸。パリ・オペラ座の彫像や以前の天井画の習作などオペラ座に関する資料や万国博覧会の出品作品など、19世紀のパリを彷彿させる歴史的資料も充実しています。


〖住所〗


1 Rue de la Legion d'Honneur 75007 Paris


〖電話番号〗


+33140494814


〖アクセス〗

【最寄り駅】

・RER C線:Musée d’Orsay駅

・メトロ12番線:Solférino駅

・メトロ12番線:Assemblée Nationale駅


「オルセー美術館」はパリの1区「セーヌ川沿い」の「ヴェルテール通り」に面して建っています。近場には「ルーブル美術館」や「オランジュリー美術館」、「ロダン美術館」など、芸術関連の観光スポットが多くあるほか、「コンコルド広場」や「パレ・ロワイヤル」も徒歩圏内にあります。


【バスでの行き方】

バス路線「24」・「63」・「68」・「69」・「73」・「83」・「84」・「94」のいずれかを利用して、バスターミナル「Musée d'Orsay駅」などで下車後、「オルセー美術館」の入場口までは徒歩1分ほどです。


【当日の入口について(優先入場口と一般入場口)】

「オルセー美術館」の入口(エントランス)は、チケット保有の有無や団体、グループなどで4つに分けられています。入口は基本的に建物の左右の側面に2つずつありますが、並ぶ時は赤い仕切り線にそって建物の正面に並びます。


・入口 A:当日券を購入して入場する方用の「一般入場口(individual visitors)」になります。チケットはセキュリティチェック通過後に館内で購入する形になります。ピークシーズンなどは1時間待ちという事もあり得ます。

・入口 B:事前予約済みのグループや団体客専用の優先入場口になります。

・入口 C: パリミュージアムパスや、事前にWEBでチケットを購入している方などの優先入場口になります。個人旅行などでチケットをお持ちの方はこちらから入場してください。

・入口 D:事前予約済みの学生団体専用の優先入場口になります。

パリミュージアムパスをお持ちの方やWEBでチケット購入済みの方は「入口C」から、当日券を購入して入場するなら「入口 A」に並んで入場してください。また、どの入口から入場しても、館内に入ってすぐにセキュリティチェックがあります。「オルセー美術館」の各入口には、明確にAからDまでの表記があるので、非常に分かりやすいと思います。


【見学開始までの流れ(館内マップ入手やオーディオガイドレンタル)】

どの入り口から入場した場合も最初にセキュリティチェックがあります。優先入場口の「入口C」から入場した方は、セキュリティチェック通過後、右手側にチケット確認ゲート(画像下)があります。当日券購入者用の「入口A」から入場した方は、セキュリティチェック後にチケット売り場があるので、チケット購入しそのまま流れに沿って、チケット確認ゲートに進みます。

チケット確認ゲートを通過した後、右手奥にはクロークルームがあるので、荷物やコートがある方は預けることができます。クロークルームを右手にしてまっすぐ進んだ先が見学エリアになります。

見学エリアに出てすぐのところ(右斜めあたり)にインフォメーションがあり、ここで日本語の館内マップを忘れずに入手してください!

インフォメーションの反対側はオーディオガイドのレンタルカウンターになっています。

レンタルされる方は、窓口の係員に「ジャパニーズ・ワンアダルトプリーズ(日本語・大人一人)」などと言えば、簡単にレンタルできます。イヤフォンなどは付属しておりませんので、耳をオーディオガイドに当てて解説を聞く形になります。

見学の準備が整ったら、館内の至る所にある案内板や地図を頼りに見学を開始してください。画像の階段の先が見学エリアになっています。中央に彫刻が並び、両翼に絵画が展示されています。


〖入場料金〗