• 私の旅行記

フランス パリ シャンゼリゼ通り:魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで徹底ナビ!


こちらは、ファッションや食事、エンターテイメントなど全ての目的を叶えることができるパリの観光名所「シャンゼリゼ通り(Champs Élysées)」です!

誰もが一度は耳にしたことがある名前「シャンゼリゼ通り」。きっと「オー・シャンゼリゼ」という有名な歌にも歌われて、パリへの憧れを持った方もきっと多いでしょう。一流ブランドショップや有名カフェなどが並ぶ約3kmのマロニエ並木道で、「世界で最も美しい通り (la plus belle avenue du monde)」とも呼ばれています。


今回はそんな、「シャンゼリゼ通り」の魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで詳しくご紹介させていただきます!

【シャンゼリゼ通り:基本情報】

〖歴史・概要〗

17世紀の始め、「シャンゼリゼ通り」の辺りはまだパリ郊外でした。文字通りただの野原が広がっていたのです。発端は1616年、「アンリ4世」の妃である「マリー・ドゥ・メディシス」が「チュイルリー庭園」から先を並木道で伸ばすと決定したことでした。その並木道は「セーヌ河」沿いの「アルマ広場」まで続き、「女王の遊歩道」と呼ばれました。それが「シャンゼリゼ」の最初の姿で、辺りにはまだ農園や市場が残っていました。


その後、1667年に「ヴェルサイユ宮殿」の庭園を設計した「ル・ノートル」によって、広大な並木道が整えられ、1709年に「エリュシオンの野」を意味する「シャンゼリゼ」と呼ばれるようになりました。1724年には「エトワール広場(現在のシャルル・ド・ゴール広場。後に凱旋門が建つ)」まで延長され、現在の「シャンゼリゼ大通り」が完成しました。

「シャンゼリゼ通り」の入り口にある2体の馬の像は「マルリの馬」と呼ばれ、彫刻家「ギョーム・クストゥ(Guillaume Coustou / 1677-1746)」の作品。もともとは「マルリの城館」のために作られた像でしたが18世紀末にここに移転し、「シャンゼリゼ通り」の美しい透視図的な風景の一役を担っています。「ルイ16世」の妃「マリー・アントワネット」もこの大通りがお気に入りだったそうです。


19世紀になると「シャンゼリゼ通り」の重要性はさらに増し、1828年には正式にパリ市の資産となりました。20世紀にはいると、「シャンゼリゼ通り」はフランス共和国を代表する風景として国際的な舞台の場になっていきます。第一次世界大戦の祝賀パレードの際には日本の武官も騎乗姿で参列し、現在では各国の首脳を招いての公式行事の場、そして7月14日のパリ祭でのパレードの出発地点となっています。1993年には側道部分が拡張され、今では多くのフランス人が通り沿いのカフェで道行く人々の流れを眺めています。


〖アクセス〗

「シャンゼリゼ通り」は、「凱旋門」から「コンコルド広場」まで全長約2.5キロに渡ります。「凱旋門」からスタートするのがおすすめですので、まずは「凱旋門」の最寄り駅へ向かいましょう!


「凱旋門」の最寄りの地下鉄「RER駅」は、「Charles-de-Gaulle-Etoile(シャルル・ド・ゴール=エトワール)」になります。【1番線(Line 1)】・【2番線(Line 2)】・【6番線(Line 6)】の地下鉄3路線と、近郊鉄道「RER A線」が通っているので、とてもアクセスしやすい駅です。

「シャルル・ド・ゴール=エトワール駅」で地下鉄やRERから降りると、上の写真のように凱旋門方面への案内が出ているので、これに従って進みましょう。案内に従って駅から地上にでると前の前に「凱旋門」が見えます。


「凱旋門」を背にして右側の道を歩き始めると、有名パティスリー「ピエール・エルメ(Pierre Hermé Paris)」やコーヒーの「ネスプレッソ・ブティック(Nespresso boutique Paris Champs Elysées)」を通り、それから程なくメトロ(地下鉄)の「ジョルジュ・サンク(George V)駅」へ辿り着きます。「ジョルジュ・サンク」近辺は、駅の出口すぐに「ルイ・ヴィトン本店(Louis Vuitton)」、少し入った所には「エルメス(Hermès)」がある高級ショップエリアです。

【シャンゼリゼ通り:魅力・見どころ!】

凱旋門

名曲「オー・シャンゼリゼ」にもその名が使われるパリのメインストリート「シャンゼリゼ通り」。その西端「シャルル・ド・ゴール広場」に威風堂々と聳えるのが、かの有名な「凱旋門」です。正式名は「エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)」ですが、単に「凱旋門」と言えば多くの場合この建物を指すほど、圧倒的な認知度を誇るパリのシンボルとなっています。


「凱旋門」はシャンゼリゼ通り沿いから記念撮影だけをする人たちがほとんどですが、凱旋門は入場することもでき、屋上からはパリの美しいパノラマ風景を楽しむことが出来ます!つまり、凱旋門への入場観光は穴場スポットという訳です!ピークシーズンでもほとんど待ち時間がないためスムーズに入場出来るのも嬉しいポイントです!

※「凱旋門」の魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報などは下記の記事にて紹介しているので、是非とも合わせてご覧ください!➡

フランス パリ 凱旋門:魅力・見どころ・アクセス方法・入場方法・チケット購入方法・基本情報まで徹底ナビ!


【基本情報】

エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)

住所:Place Charles de Gaulle, 75008 Paris,

電話番号:+33155377377

アクセス:

最寄りの地下鉄「RER駅」は、「Charles-de-Gaulle-Etoile(シャルル・ド・ゴール=エトワール)」になります。【1番線(Line 1)】・【2番線(Line 2)】・【6番線(Line 6)】の地下鉄3路線と、近郊鉄道「RER A線」が通っているので、とてもアクセスしやすい駅です。

入場料金:

大人(18歳以上):13ユーロ

子供(18歳未満): 無料

※18~25歳のEU圏国籍者・身体障害者と付添い1名・失業者は無料(証明書の提示が必要です)

営業時間:

10/1~12/31・1/2~3/31:10:00~22:30

4/1~9/30:10:00~23:00

※入場は閉館45分前まで

休業日:1/1、5/1、5/8(午前)、7/14(午前)、11/11(午前)、12/25

公式サイト:http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/


〖ルイ・ヴィトン本店 (LOUIS VUITTON)〗

「ルイ・ヴィトン本店」は、フランスのスーツケースの職人だった「ルイ・ヴィトン」氏が1896年にパリで開業したブランド。「ルイ・ヴィトン」といえばLとVと星と花を組み合わせたモノグラムが有名ですが、これは2代目の「ジョルジョ・ヴィトン」氏が考案したものだそうです。始まりは世界初の旅行鞄専門店だったブランドは、1998年には衣服にも参入し今では世界的に人気を誇るブランドになっています。