• 私の旅行記

メキシコ メキシコシティ コヨアカン地区

更新日:2020年12月31日


「メキシコシティ」南部に位置する「コヨアカン地区」は、コロニアル建築が歴史を感じさせる地元の人に大変親しまれているエリアです。

「メキシコシティ」の高級住宅地でもある「コヨアカン」は、かつて世界的に有名な画家「フリーダ・カーロ」と「ディエゴ・リベラ」がともに暮らした場所として有名です。

ほかにも、フランスの詩人「アンドレ・ブルトン」や、日本人バイオリニスト「黒沼ユリ子」など、多くの芸術家に愛されてきました。

緑が多く落ち着いた雰囲気があり、アーティストが好んで住むこともあり、ギャラリーや美術館、民芸品市場、おしゃれなカフェなども点在し、メキシコシティ随一のアートスポットなのです。

今回は、芸術家たちを魅了する、静かで落ち着いた「メキシコシティ」の人気エリア「コヨアカン」の魅力についてご紹介させていただきます!

【市民の憩いの場・コヨアカン】

「メキシコシティ」は、世界中から観光客が集まるため、常に人でいっぱいで活気があって楽しいですが、疲れてしまうこともあります。

そこで「ゆっくりメキシコの雰囲気を味わいたい」という人におすすめなのが、ここ「コヨアカン地区」です。「コヨアカン」は、「メキシコシティ」の南12kmほどにあり、タクシーで約15分、地下鉄で行く場合は「3号線・コヨアカン駅」で降ります。

「コヨアカン」の中心は、「センテナリオ公園」とその隣の「イダルゴ広場」になります。「コヨアカン」とは、昔からこの地に住む「ナワトル族」の言葉で「コヨーテのいるところ」という意味。

「センテナリオ公園」には2頭の「コヨーテ像」がたわむれる噴水があり、憩いの場となっています。ここ「コヨアカン」が観光客に人気なのは、メキシコの歴史と切っても切り離せない場所だからです。

「コヨアカン」は、16世紀にスペインからやってきた征服者、「エルナン・コルテス」が生活の拠点としたところで、「コルテス」は「アステカ王国」と戦って制圧し、現在のメキシコにつながる新しい体制をこの地で作りはじめました。

そのため現在でも、16世紀に建てられた家や教会が残っているのです。

【魅力・見どころ!】

フリーダ・カーロ博物館

こちらは、別名「青い家」で知られる、メキシコの女流画家「フリーダ・カーロ」の生家、「フリーダ・カーロ博物館(MUSEO FRIDA KAHLO)」です!

メキシコで最も名高い芸術家の一人「フリーダ・カーロ」。彼女が幼少時代から生涯過ごした邸宅が、現在は博物館として公開され、「コヨアカン地区」の代表的な観光地であり〖文化遺産〗にも登録されています。

彼女はここで一生を送り、夫の「ディエゴ・リベラ」も加わって創作活動に勤しみました。

同館では、「フリーダ」独特の世界を垣間見ることができ、彼女の芸術にインスピレーションを与え、その波乱の生涯を反映するようなカラフルかつ風変わりな所有物が多々展示されています。

館内ではそのまま残っているダイニング ルームやキッチン、スタジオ、寝室や庭園を見学でき、企画展では彼女の衣服や写真、その他家族の記念品などが展示されています。

博物館にある「フリーダ」の絵画作品の中には、「フリーダと帝王切開」や「父ギリェルモ・カーロの肖像画」、 「二人のフリーダ」 などが見どころです!

また、1954 年作の「人生万歳」に描かれているカラフルなスイカは、死の直前に署名を入れた最後の絵です。

これらの作品は、様々な美術家が彼女のスタイルをフォークアートやシュールレアリスムと評しており、大胆な色使いと原始的な模様、フェミニズムの要素が入り混じっているのが特徴です。

存命中は高く評価されていなかった「フリーダ」ですが、近年では世界的に名前が知られるようになりました。

「メキシコシティ」で人気の観光名所でもあるこの美術館で、是非とも彼女の作品に触れてみてください!

市内でも人気の観光名所のため、列に並ぶ時間を省くためにも、オンラインでチケットを事前購入しておくと良いでしょう。

また同館のチケットで、隣接する「ディエゴ・リベラ博物館」にも入館することができます。

土曜日・日曜日は、チケット購入だけで30分以上並ぶことがあり、時間に余裕を持って行くか、事前にウェブサイト(現在はスペイン語のみ)でチケットを買うことをおすすめします!

【基本情報】

フリーダ・カーロ博物館(MUSEO FRIDA KAHLO)

住所:Londres 247, Del Carmen, Coyoacán, CDMX

電話番号:(55) 5554 5999

営業時間:火・木~日 10:00~17:30、水 11:00~17:30

定休日:月曜日・メキシコの祝日

公式サイト:www.museofridakahlo.org.mx

〖国立大衆文化博物館〗

こちらは、パワー溢れるメキシコの大衆文化を知ることができる「国立大衆文化博物館(Museo de la Cultura Popular)」です。

「フリーダ・カーロ」・「ディエゴ・リベラ」を代表とする世界に名を知らしめるメキシコアートの源はその土地の人々。

そんなパワー溢れるオレンジ色の壁が目印の「国立大衆文化博物館」では、モダンアートと伝統芸能の融合など、メキシコという複雑で多様な文化に焦点を当てた個性的な展示が特徴です。

有名な「グリーングラス」の雌鶏「エッグ・ポット」や「オアハカ」の天然染色、貝紫やハーブの染色のワークショップなどもあります。

【基本情報】

国立大衆文化博物館

住所:Av Miguel Hidalgo 289, Del Carmen, 04000 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 55 4155 0920

営業時間:

火曜日~木曜日:10時00分~18時00分

金曜日~日曜日:10時00分~20時00分

定休日:月曜日

公式サイト:https://museoculturaspopulares.gob.mx/index.php

【グルメ&ショッピングスポット】

〖メキシコ民芸品市場(コヨアカン市場)〗

「コヨアカン地区」の中心地にある「メキシコ民芸品市場」では、メキシコの民芸品がお手頃な値段で購入できます。

カラフルな色使いの民芸品が有名なメキシコ、各地域の多種多様な民芸品は、それぞれの地域の特色が生かされたまさにアートです。購入せずとも見るだけでも、心が踊らされて楽しいです!

また、民芸品以外にも、フルーツ、肉、野菜、花、おもちゃ、布、衣装、カバン、季節ごとのイベント用の飾り付けや、それを作るための道具などとにかく何でも売っています!