• 私の旅行記

メキシコ メキシコシティ セントロ・イストリコ・デ・ラ・メキシコシティ

更新日:2020年12月31日


こちらは、「コロニアル」な町並みが1987年に【世界文化遺産】に登録される「メキシコシティ」の中心部「セントロ・イストリコ・デ・ラ・メキシコシティ(通称セントロ)」です!

「セントロ・イストリコ・デ・ラ・メキシコシティ(以下セントロ・イストリコ)」は、 スペイン語で歴史的中心地区という意味で、メキシコ観光の重要なスポットが集まる魅力的な地区でです。

以前は治安があまり良くなかったのですが、大々的な再開発が行われ、安全で美しくなり、メキシコシティ内で最も注目の地区に生まれ変わりました。

ここでは、そんな「セントロ・イストリコ」のおすすめ「スポット」・「レストラン」・「ホテル」などをご紹介させていただきます。

【おすすめスポット!】

ソカロ・メトロポリタン大聖堂

「セントロ・イストリコ」の中心になるのが「ソカロ」と呼ばれる広場で、イベントやコンサートなどが開催されることも多く、常に多くの人で賑わいを魅せています!

「コロニアル」時代の影響を受け、歴史を色濃く映し出す見事な建築物が圧巻で、特に注目すべきなのがアメリカ大陸最大の「メトロポリタン大聖堂」です。

スペイン人がかつてのアステカ人の大都市「テノチティトラン」を征服する際、そのシンボル的存在だった神殿を徹底的に破壊し、その瓦礫を使って建設したという「メトロポリタン大聖堂」。そんな「メトロポリタン大聖堂」は威圧感があり、その暗い背景を物語るかのような印象を受けます。

【基本情報】

メトロポリタン大聖堂

住所:Plaza de la Constitución S/N, Centro, Cuauhtémoc, 06000 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 55 5510 0440

定休日:なし

営業時間:月曜日~日曜日 8:00~20:00

※入場料はかかりません。

建設:1813年

建築様式: バロック

設計: クラウディオ・デ・アルシニエガ

公式サイト:http://www.arquidiocesismexico.org.mx/index.php/catedral/catedral-introduccion

テンプロ・マヨール

現在の「メキシコシティ」は16世紀に、スペイン人によって破壊された「アステカ帝国」の首都「テノチティトラン」の上に築かれました。

現在の「セントロ・イストリコ」に位置する「テンプロ・マヨール」は、「テノチティトラン」の中心にあった神殿跡で現在も発掘が続き、謎に包まれた【アステカ文明】について様々な新事実が明らかになっています。

一般公開されている遺跡は見学することができ、敷地内にある博物館には 発掘された出土品などが展示され、小さめながらもわかりやすく【アステカ文明】について説明があるので、興味があれ方は是非とも訪れてみてください!

【基本情報】

テンプロ・マヨール

住所:Seminario 8, Centro Histórico de la Cdad. de México, Cuauhtémoc, 06060 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 55 4040 5600

営業時間:9時00分~17時00分

定休日:月曜日

地上高: 60 m

建設: 1325年

公式サイト:https://www.templomayor.inah.gob.mx/

国立宮殿

「ソカロ」には「国立宮殿」があり、パスポートを提示すれば誰でも自由に見学することができます。

宮殿内にあるメキシコ人大物芸術家「ディエゴ・リベラ」氏の最大の壁画「メキシコの歴史」は、メキシコアートで最も重要な作品の一つです。

巨大な壁画は「リベラ」氏らしい力強い色使いや、込められた政治的なメッセージが特長で、古代文明から現代社会まで、メキシコアートの最高傑作を通してメキシコの壮大な歴史を学ぶことができます。

とても大きな作品なのでじっくり隅から隅まで鑑賞していると時間が経つのも忘れてしまうほど。「メキシコの歴史」は、解説があるとより理解が深まるのでガイドをつけるのも良いかもしれません。

【基本情報】

国立宮殿

住所:Plaza de la Constitución S/N, Centro, Cuauhtémoc, 06066 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 55 3688 1255

営業時間:9時00分~17時00分

定休日:月曜日

料金:無料

公式サイト:http://www.hacienda.gob.mx/cultura/museo_virtual_pal_nac/index.htm

ベジャスアルテス宮殿

「ベジャスアルテス宮殿」は、「メキシコシティ」を代表する建造物の1つです!

「ベジャスアルテス宮殿」は、アールデコ建築の美しい建物で元々国立劇場として建設されましたが、現在美術館として一般公開されています。

見どころは、その壁を飾るメキシコが誇る巨匠たち「リベラ」・「シケイロス」・「オロスコ」を含む17つの壁画で、中でも代表的な作品が「ディエゴ・リベラ」氏による「十字路の人物(Man at the Crossroads)」です。

「十字路の人物(Man at the Crossroads)」は、文化的な価値が高く、「メキシコシティ」に訪れたのなら絶対に見逃せない作品です!

【基本情報】

ベジャスアルテス宮殿

住所:Av. Juárez, Centro Histórico de la Cdad. de México, 06050 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 528 647 6500

営業時間:10時00分~18時00分

定休日:月曜日

入場料:60ペソ(約360円)

※毎週日曜日は無料

写真撮影料:30ペソ(約180円)

※毎週日曜日は無料

建設: 1934年

着工: 1904年10月1日

公式サイト:https://palacio.bellasartes.gob.mx/

〖ダウンタウンメキシコ〗

「ソカロ」からすぐの場所にある、石造の建物の扉を抜けると現れるおしゃれ空間「Downtown Mexico(ダウンタウン・メキシコ)」は、ホテルやレストラン、カフェ、ショップなどが入った複合施設です。

メキシコの多様な民芸品など伝統文化からインスピレーションを受けたジュエリーや服飾のセレクトショップなど他とはち少し違うユニークなお店がたくさんあります。

観光の合間にショッピングを楽しむことができ、おしゃれな空間でメキシコ料理が味わえるレストランも複数あるため、食事に困ることもありません。

ラテンアメリカタワー

「ラテンアメリカタワー」は、「メキシコシティ」で5番目に高いビルとして、地元民・観光客に人気のスポットです!

「ラテンアメリカタワー」は、44階建てのビルで、1956年の建設当時はラテンアメリカで最も高いビルでした。

44階にある展望台からは「メキシコシティ」の街を一望することができ、42階のレストランではメキシコ料理に舌鼓を打ちながら、「メキシコシティ」の夜景を堪能することができます。

夜になるとライトアップされた「ベジャスアルテス宮殿」を見下ろすことができ、夜景はとてもロマンチックです。

【基本情報】

ラテンアメリカタワー

住所:Eje Central Lázaro Cárdenas 2, Centro, Cuauhtémoc, 06000 Ciudad de México, Distrito Federal, Mexico

電話番号:+52 5518-7423

時間:9時00分~22時00分

12月24日・31日:9時00分~20時00分

料金:大人110ペソ、子供70ペソ、60歳以上70ペソ

地上高: 182 m

階数: 45

建設: 1956年4月30日

設計: アウグスト・H・アルバレス

公式サイト:www.torrelatino.com/

【レストラン】

「メキシコシティ」の「セントロ・イストリコ」にはたくさんのレストランやカフェがあります。

しかし、その中でもメキシコの古き良き伝統を受け継ぎ、今もなおメキシコ国民に広く愛されている場所はそれほど多くはありません。

以下では、そんな「セントロ・イストリコ」に存在し、メキシコ国民の誰もが羨む、豪華な老舗レストランやカフェをご紹介させていただきます。

〖エル・カフェ・デ・タクーバ(El Café de Tacuba)〗

メキシコ国民のほとんどが知っているであろう老舗中の老舗カフェ「エル・カフェ・デ・タクーバ(El Café de Tacuba)」。

「メキシコ革命時代(1910年〜1917年)」から今もなお人々を魅了する豪華な内装、そしてメキシコ伝統料理は、長い年月をかけ改良に改良を重ね、伝統料理の味を超えたオリジナルの料理まで提供されています。

特に牛タンのビネグレットソースまたはビスケー風ソースがけ、エンチラーダスやタマーレスなどがおすすめです!

【基本情報】

エル・カフェ・デ・タクーバ(El Café de Tacuba)

住所:Calle de Tacuba 28, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, 06010 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 55 5521 2048

営業時間:8時00分~23時30分

公式サイト:http://www.cafedetacuba.com.mx/

〖リモスネーロス(Limosneros)〗

「リモスネーロス(Limosneros)」は、1912年創業の老舗有名レストランで、「エル・カフェ・デ・タクーバ(El Café de Tacuba)」の姉妹店として、2012年10月にオープンしたばかりの高級メキシコ料理レストランです。

300年以上前の歴史的な建造物を改修した店内は、建立当時の石の壁をそのまま利用しながらも、クールにまとめた空間で、料理はオーナーの祖母から代々伝わるレシピを現代的に提供するコンセプトとなっています。

見た目は斬新ですが、メキシコの伝統を基本にした奥深い絶品ばかりで、メキシコ料理の基本ともいえるソパ・デ・アステカ(トルティージャスープ。90メキシコペソ)は、ポットに入った熱々のスープをお客の目の前でお皿に注ぎ入れたり、メキシコの地酒、メスカル(70メキシコペソ~)は、カウンターの天井から吊るされているオブジェのようなガラス容器から注ぎ込むなど、プレゼンテーションがとてもユニークです。

お値段は、肉料理は190メキシコペソ、魚料理は210メキシコペソからと高めですが、特別な「メキシコシティ」への旅行の記念に是非とも訪れてみて下さい!

【基本情報】

リモスネーロス(Limosneros)

住所:Allende 3, Centro Histórico entre Tacuba y Donceles

電話番号:5521-5576

営業時間: