• 私の旅行記

メキシコ メキシコシティ テオティワカン遺跡

更新日:2020年12月31日


こちらは、メキシコの首都「メキシコシティ」北東約50キロの地点にあり、紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、「テオティワカン文明」の中心となった巨大な宗教都市「テオティワカン遺跡」です!

「テオティワカン遺跡」は、当時のアメリカ大陸では最大規模を誇り、「メソアメリカ」の中心的都市として機能していました。

それゆえに、「テオティワカン遺跡」をはじめ、スペイン植民地時代のコロニアルな建築物やカテドラル、メキシコ古代文明の集大成の「国立人類学博物館」など、魅力的な観光地が目白押しです。

そこで今回は、世界遺産にも登録されている「テオティワカン遺跡」についてご紹介させていただきます。

【テオティワカン遺跡とは?】

「メソアメリカ」では、今から3,200年ほど前に「オルメカ」という神殿文化が起こり、その発展を基盤に紀元直前からメキシコ中央部に有力な宗教都市が発生しはじめました。

そして、その宗教都市の中でも群を抜いていたのが、「メキシコシティ」の北東約50km地点に繁栄したこの「テオティワカン」になります。メキシコ先住民のナワトル語で「神々の都市」という意味を持ち、12世紀にこの地を発見した「メシカ人(アステカ人)」が名付けました。

「テオティワカン」は、4、5世紀の最盛期には約20万人もの人口を有していて、「南メキシコ」、「グアテマラ地方」に起こりつつあった「マヤ文化」にも強い影響を与えただけでなく、「メソアメリカ」全体の通商網の中心に立っていたそうです。

ちなみに、「ピラミッド」を建設した彼らは「テオティワカン人」と呼ばれていますが、8世紀頃に突然滅亡してしまいます。

「彼らはどこから来た民族なのか?、またなぜ滅亡したのか?」は未だに謎のままで、「テオティワカン遺跡」は未だに謎が多く残された巨大ピラミッド遺跡なのです。

【アクセス】

「テオティワカン遺跡」の場所は、メキシコの首都「メキシコシティ」から北におよそ50kmの位置にあり、「メキシコシティ」からのアクセスが簡単です。

日帰り観光に最適で、事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば、個人でも簡単に行き来が可能です。

〖バスでのアクセス方法〗

「テオティワカン遺跡」へは、「メキシコシティ」の【北バスターミナル】から直通バスが出ています。

「テオティワカン遺跡」までは、「ツアー」や「タクシー」で直接向かうこともできるのですが、中でも「バス」は簡単・安全・安い!ということで最もおすすめ!

そこでまずは、「メトロ(地下鉄)」や「タクシー」を使って、「メキシコシティ」の【北バスターミナル】に向かいましょう!

【バスターミナルまでの行き方:メトロ(地下鉄)】

【北バスターミナル】は、「メトロ・Centro Norte(セントロ・ノルテ)」という地下鉄駅と繋がっています。

このため、「メトロ」で行く場合は「Centro Norte駅」を目指すことになりますので、滞在しているホテルの最寄りの地下鉄駅に行きましょう!

「メトロ」は、乗り換えも含めどこまで乗っても一律5ペソで、改札の前にある窓口でチケットを購入します。

欲しいチケットの枚数だけ言い、お金を入れるとおつりとチケットをくれます。

※【北バスターミナル】の「Centro Norte駅」のチケット売り場は、かなり混んでいるため、帰りも「メトロ」を使ってホテルまで帰る予定の場合は、行きと帰りの2枚チケットを買うようにしましょう。

チケットを購入したら改札口に入れて入場し、乗換駅などを地下鉄内にある地図で確かめ、行きたい方向のメトロに乗りましょう。

※チケットは「入場券」なので改札に入れたら帰ってきません。

乗り換えの際には、「SALIDA(出口)」ではなく、「CORRESPONDENCIA(乗り換え)」のサインに従って行き、乗る電車の「方向」も間違えないように気をつけてください。

ちなみに、乗り換えにはかなり歩く場所(例:「La Raza(ララサ)駅」は約10分)もありますので、途中で迷ったと不安になることがありますが、「CORRESPONDENCIA(乗り換え)」のサインに従って行けば無事に辿り着けます。

「Centro Norte駅」に到着し改札を出たら、「Centro Norte」・「Terminal de Autobus」などとと書かれた看板に従い、改札を出て外に出れば、目の前が【北バスターミナル】になります。

※注意点※

「メトロ(地下鉄)」は、スリが多いので十分注意しましょう。

特にポケットには携帯、財布など何も入れないようにし、女性はできるだけ女性専用車両(右側の車両)を使いましょう。

また、7:00~9:00はラッシュアワーの時間帯となり、「メキシコシティ」のラッシュアワーは日本の都内並みに凄まじいため、必ず7:30以前か9時以降に乗るようにしましょう。

【バスターミナルまでの行き方:タクシー】

「タクシー」で行かれる場合は、ホテルで安全な「シティオ・タクシー」を呼んでもらいましょう!

ドライバーさんに「Centro Norte(セントロ・ノルテ-北バスターミナルの名前)」、「Terminal de Autobus Norte(テルミナル デ アウトブス ノルテ)」までとお願いすれば大丈夫です。

しかし、「バスターミナルまで」と言っても、「メキシコシティ」には「バスターミナル」が4か所あるため、必ず**バスターミナル】に行きたいということが伝わるようにしましょう!

「メキシコシティ」の中心地からは、渋滞のない場合は15~20分ほどで到着します。しかし、平日の朝(特に7:30~9:30)に行く場合は、道路渋滞に巻きこまれる可能性がかなり高いです。

※「メトロ(地下鉄)」でもラッシュの満員状態です。

「メキシコシティ」の渋滞はかなりひどく、下手したら一時間くらいかかる場合もありますので、平日に行く場合はさらに朝早くか、休日に行くのがおすすめです!

また、「メキシコシティ」では、配車アプリ「Uber(ウーバー)」の利用も安全・楽なのでおすすめです!

【バスターミナルからテオティワカン遺跡までの行き方】

【北バスターミナル】に到着したら、「テオティワカン行き」の「バス」を取り扱っているバス会社の窓口へ行きましょう!

場所は、「ターミナル」に入って一番左奥「8番ゲート」の2つ手前の「AUTOBUSES TEOTIHUACAN」というバス会社で「往復チケット〈片道MXN52(約281円)〉」を購入します。

※往復で買ってもお得にはならないですが、帰りスムーズに乗車することができます。

観光地へ行くバスを取り扱っているだけあって、窓口のスタッフは英語を話すことができます。「テオティワカンまで。(「A Teotihuacan」か「A piramide)」)でOKです!

ちなみに、ここのバス会社を利用する外国人の99%は「テオティワカン遺跡」に行く方なので、特に何も言わなくても買えるくらいです。バスは約30分に一度の頻度で走っており、所要時間は約1時間です。

チケットを購入したらゲートに入る前に「セキュリティーチェック」があり、こちらの手前には「お手洗い」があります。

バスの中に「トイレ」は完備されていないため、必要な方はゲートに入る前にこちらを利用しておきましょう。

続いて荷物検査を抜けたら、出発ゲートへ向かい列に並びます。こちらは「セキュリティーデスク」を抜けてすぐ右側にあります。 サインは無いですが、外国人観光客が列を作っているので分かりやすいですよ。

道中バスの左側に座ると、車窓から見えるカラフルなメキシコの街並みを楽しむことができ、「ハイウェイ」の途中で、「テオティワカン遺跡」の最寄りの街「サンホアン」で一旦止まります。

ローカル客のほぼ全員がここで下車し、ここの次が「テオティワカン遺跡」の前となるため、ここに止まったら下車の準備をしておきましょう。