• 私の旅行記

メキシコ メキシコシティ 国立人類学博物館

更新日:2020年12月31日


こちらは、「メキシコシティ」を訪れた際には必ず見学したい観光スポット「メキシコ国立人類博物館(Museo Nacional de Antropología)」です!

「メキシコシティに観光に行くだけど、絶対に行った方が良い場所ってどこ?」と相談を受ける時は、滞在日数に関わらず真っ先に「メキシコ国立人類学博物館」をおすすめします!

世界最大級のコレクションの数を誇る「国立人類学博物館」は、ゆっくり見学して丸1日かかるほどで、考古学ファンでもそうでなくても古代文明への好奇心が膨らむ、盛りだくさんな博物館です。

そこで今回は、「メキシコ国立人類学博物館」のチケット料金(割引き料金・学割なども)や詳しい行き方(タクシー、メトロ)、営業日&営業時間、そして、さすがに丸1日も時間を費やせない。という方のために、絶対に見逃せない展示品を厳選して、魅力・見どころのポイントをご紹介させていただきます!

【メキシコ国立人類学博物館とは】

「メキシコ国立人類学博物館」とは、メキシコ全土の重要な出土品や文化遺産が一堂に集められた「メキシコの宝箱」のことを表します。

全22部屋からなる世界的にも大規模な「メキシコ国立人類学博物館」には、2つのテーマがあります。

〖古代メソアメリカ文明&考古学〗

2階建ての建物の1階部分には、メキシコ各地から出土した「古代メソアメリカ文明(アステカやマヤ、テオティワカン、オルメカなど)」の重要な壁画や石像、土偶など、考古学的にとても重要な発掘物や遺跡の一部、重要な文化財が保存されています。

多くの人のお目当ては、ここ1階の「考古学エリア」で、メキシコの古代文明において重要な物品や、考古学における「大発見」レベルの品々がずらっと並べられており、考古学好き・ロマン好き・遺跡好きにとっては、まさに天国のような空間です。

〖メキシコの民族(民俗学)〗

「民族多様性」が国の特色でありアイデンティティでもあるメキシコは、現在も各地に様々な民族が暮らしています。

2階の「民俗学エリア」では、現在もメキシコに暮らす民族の暮らしや祭り、伝統衣装や伝統アートを見ることができます。

このように、人類の起源からメキシコの現在に至るまでの数々の文明や発展の歴史を余すことなく紹介しつくしており、展示物に関しては他の博物館にありがちな模造品ではなく、ほとんどが本物の出土品を展示しております。

そのため時間のない旅行者などは「国立人類学博物館」を訪れる事で、メキシコの重要文化財のほとんどをチェックすることができるのです!

【展示内容について】

〖1階:古代メソアメリカ文明&考古学〗

全部で12室有り、第1室から反時計回りにぐるっと一周し、余裕があれば2階の民族学コーナーを見るのが基本ルートとなります。

【第1室: 先住民文化・期間限定展示】

・メキシコ各地の先住民についての展示部屋となっており、ここから先の各部屋で部族ごとのより詳細な展示品の数々を見ることが出来ます。

【第2室: 人類学入門】

・現代人類に至るまでの文化的、社会的、肉体的変化の歴史を展示しています。

【第3室: アメリカの起源(30000-2500 BC) 】

・アメリカ大陸へ移り住んだ人々の生活の様子を展示しており、狩猟文化からの変化や農業文化についての展示となります。

【第4室: 前古典期(2500 BC-AD 100) 】

・人口増加や農作物不足が引き起こした食糧危機や、社会の混乱などを展示しているエリアです。

【第5室: テオティワカン (AD 100-700) 】

・メキシコで最も有名な文明の一つ「テオティワカン」の歴史についての展示があります。

【第6室: トルテカ(AD 700-1200) 】

・「テオティワカン」没落後に発展した都市の様子を展示してあり、代表的な「ソチカルコ」、「カカシュトラの遺跡群」などを見ることができます。

【第7室: アステカ (AD 1200-1521) 】

・「メキシコ国立人類学博物館」で最大規模の部屋になり、最大の見どころ「アステカカレンダー」もこの部屋にあります。

【第8室: オアハカ文化】

・この地方に栄えた「モンテ・アルバン」、「ミトラ両遺跡」の出土品が展示されており、この地方の出土品の金や銀でできた装飾品も見どころです。

【第9室: メキシコ湾岸】

・「オルメカ文明」を中心とした展示となっており、これまでの文明・歴史とはまた違った文明の様子を垣間見ることが出来ます。

【第10室: マヤ】

・「マヤ文明」に関しての部屋になり、「マヤ人」の高度な数字理解力やマヤ数字の読解表を見ることが出来ます。

【第11室: 西部】

・西部メキシカンの様々な社会性について紹介しており、彼らの体や生活様式、金属加工技術など興味深い内容が多い部屋です。

【第12室: 北部】

・アメリカに近い北部メキシカンの文化について紹介しており、西部とは生活様式も異なることがわかります。

〖2階:メキシコの民族(民俗学)〗

【第13室:ナヤリット州、ハリスコ州、サカテカス州】

・「ウイチョル族」、「ナワ族」、「コラ族」、「テペワン族」、「メスティーソ」の人々の生活について展示してあります。

【第14室:プレペチャ族】

・現在の「ミチョアカン州」周辺で繁栄した「プレペチャ」の人々の風習や生活についての展示があります。

【第15室:オトミ、パメ族】

・「オトミ族」、「パメ族」を含む「チチメカ族」の風習や生活の様子を見ることが出来ます。

【第16室:プエブラ山脈】

・「トトナカ族」、「オトミ族」、「テペワン族」、「ナワ族」が発展していたエリア周辺の生活様式を展示しています。

【17室:オアハカ:南部先住民族】

・「ミステカ族」、「サポテカ族」を含む16もの部族の様子を展示してあり、「プエブラ山脈エリア」と同様、展示スペースが大きく見ごたえも充分。

【第18室:メキシコ湾岸・ワステカ地方とトトナカ地方】

・「トトナカ人」の伝統的織物や「ワステカ」の人々のお祭りに使用する備品等の展示があります。

【第19室:低地・ジャングルのマヤ人】

・「ユカタン地方」および「キンタナ・ロー地方」、「カンペチェ地方」の「マヤ人」についての展示があり、第20室の「高地のマヤ人」と対比して観察するとに良いでしょう。

【第20室:高地のマヤ人】

・「チアパス地方」の「マヤ」の人々についての展示があり、同じ「マヤ人」でも低地と高地では装飾品類が全く異なることがわかります。

【第21室:北西部の山脈、砂漠、谷】

・北西部に暮らす様々な人種の紹介をしており、「パパゴ族」などのアメリカン・インディアンは見どころです。

【第22室:ナワ族】

・「ナワ族」について紹介しており、装飾品類はいずれもきらびやかで一見の価値があります。

【絶対に見ておきたい超おすすめエリア!】

〖第5室: テオティワカン (AD 100-700)〗

数多くある部屋の中で、まずおすすめなのがここ「テオティワカン」文明の部屋です。