• 私の旅行記

メキシコ メキシコシティ 革命記念塔

更新日:2020年12月31日


こちらは、世界で最も高い「凱旋門」に数えられる「革命記念塔(Monumento a la Revolución)」です!「革命記念塔」は、「メキシコシティ」の旧市街中心にある大十字路に堂々とたたずんでいます。

「革命記念塔」は、その名の通り「メキシコ革命」を記念した作られた街のランドマークで、この「アール・デコ調」の建物には、メキシコ革命に寄与した「フランシスコ・マデロ」と「ベヌスティアーノ・カランサ」の2人の大統領の霊廟ともなっています。

その後、「エリアス・カジェス」と「ラサロ・カルデナス」の2人の大統領もこちらに埋葬されました。高さ57mの展望台からの街の眺めは絶景で、夜明けや夕暮れに荘厳なまでの姿でそびえる「革命記念塔」を訪れてみましょう!

この「アール・デコ様式」の巨大な塔は、周辺の建物を圧倒し、記念塔の前に広がる共和国広場では時に、さまざまなデモ行進が行われたり、数々の弾圧の犠牲者に対する追悼の集会が開かれたりします。

【歴史】

「ポルフィリオ・ディアス大統領」がこの場所に、国を代表するような立法府の宮殿を計画したのが始まりで、メキシコの国際性を示すためにフランスから建築家を選定しました。

1910年に最初の礎石が設置され、特徴的な丸屋根を含む内部構造が鋼鉄で建てられましたが、革命と内戦により資源確保が難しくなり、建設工事は中止となったのです。現在、頂上を飾っている丸屋根は、当初の形状とは大分異なります。

革命後、メキシコ人建築家「カルロス・オブレゴン・サンタシリア」は、放棄された骨組み部分を解体するのではなく、革命を記念するための碑を建造するよう提案し、その承諾を得ました。

丸屋根もその時に組み込まれたもので、工事は1933年から1938年まで続き、現在の記念塔が完成したのです。「メキシコシティ」の旧市街で唯一無二の存在感を放っており、革命が起きていなかったら、それは豪奢な宮殿が建てられていたかもしれないですね。

【魅力・見どころ!】

体験型アトラクションの雰囲気を楽しめるのが「革命記念塔(Monumento a la Revolución)」です。67メートルになる塔の最上階から新市街の街並みを眺めることができる絶景スポットでもあります。

入館してすぐ左側にチケット販売所があり、「展望台のみ」$70(403円)か「フルアクセス」$90(518円)のどちらかを選ぶことができます。おすすめはもちろん「フルアクセス」で、こちらのコースを選ぶと展望台の一番頂上まで登ることができますよ。

銅で覆われた丸屋根に置かれた彫刻を見てみましょう!革命によって得ることができた「独立」と「農業法」、「改革法」、「労働者法」を表しています。記念塔は、影響力の大きかった革命者たちの遺品を納めた霊廟にもなっています。

「フランシスコ・マデロ」と「ベヌスティアーノ・カランサ」の2人の大統領をはじめ、「フランシスコ・ビリャ」、「プルタルコ・エリアス・カレス」、「ラサロ・カルデナス」も含まれます。

また、夜にはライトアップもされ、非常に美しく夜空を染めます。

噴水も出る、見ているだけで癒されるこの場で、2011年には「ブリトニー・スピアーズ」が無料ライブを行いました。

更に、「革命記念塔」の中は博物館になっており、1867年から1917年までの激動の革命の歴史を時系列に並べ、文書、新聞小説、写真、洋服や制服、武器、家具などを見学することが出来ます。

水曜日は入場料無料になっています。

【アクセス】

「革命記念塔(Monumento a la Revolución)」は、「地下鉄・レボルシオン駅」で下車するのが便利です。

隣接する美しい並木道「レフォルマ通り」を散策したら、東へ10分ほど歩いて、文化スポットが集まる「アラメダ・セントラル」へも足を伸ばしましょう!

【注意点】

メキシコの博物館などへの入場には、大きなかばん、ナップサック型の荷物は持って入れません。

大きな荷物は、預けなければなりませんが、貴重品などは預ける荷物には絶対入れないようにしましょう。

小さなかばんは預ける必要がありませんから、小さなかばんを一つ持ち歩く事をおすすめします!

いかがでしたでしょうか。

「革命記念塔」は、「メキシコシティ」の旧市街「共和国広場」にある巨大な建物です。

広場では小さな噴水で涼むことができ、年間を通してさまざまなフェスティバルや音楽祭が開催されるので要チェックです!

「アラメダ・セントラル」近辺の文化的観光スポットからも約10分で歩いていける距離です。「アラメダ・セントラル」は散歩するのにベストな場所ですので、壁画やお花を見ながらのんびり散策してみては?

「メキシコシティ」でゆったりと過ごしたい方は、是非とも「ベジャス・アルテス宮殿」などの観光スポットと合わせて「革命記念塔」に足を運んでみてください!

【基本情報】

革命記念塔(Monumento a la Revolución)

住所:Plaza de la República S/N, Tabacalera, Cuauhtémoc, 06030 Ciudad de México, CDMX,

電話番号:+52 55 5592 2038

料金:

「展望台のみ」:$70(403円)

「フルアクセス」:$90(518円)

※水曜日は入場料無料

営業時間:

「フルアクセス」:

月曜日~木曜日:12:00~20:00 (入場は18:30まで)

金曜日・土曜日:12:00~22:00 (入場は20:30まで)

日曜日:12:00~20:00 (入場は18:30まで)

「展望台のみ」:

月曜日~木曜日:12:00~20:00 (入場は19:00まで)

金曜日・土曜日:12:00~22:00 (入場は21:00まで)

日曜日:12:00~20:00 (入場は19:00まで)

公式サイト:http://www.mrm.mx/

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#Mexico #MexicoCity #記念塔 #モニュメント #歴史 #博物館 #展望台 #建築 #photo

84回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME: