• 私の旅行記

イタリア ローマ コロッセオ


こちらは、イタリア首都ローマにある世界遺産コロッセオです!

古代ローマ帝国の皇帝ウェスパシアヌス帝(9~79年)が建てさせたもので、西暦80年に完成されました。

コロッセオの正式名称は「フラウィウス朝の円形闘技場」といい、付近にネロ帝(37~68年)の巨象「コロスス」があったことに由来し、コロッセオと呼ばれるようになりました。

また、英語で競技場を意味するコロシアムの語源にもなっています。

周囲が527m 高さ48.5m 約5万人を収容できたとかなり巨大で実際に訪れると圧倒されます。

コロッセオの歴史についてご紹介すると、「パンとサーカス」という言葉に象徴される、共和制末期から帝政時代の皇帝や元老院議員たちによるローマ市民への人気取り、つまり娯楽の場を代表する建築物であり、完成を目前にして亡くなった「ウェスパシアヌス帝」に代わって即位した息子「ティトゥス帝」は100日間連続して命懸けの闘技会を開催し、ローマ市民達を大いに楽しませました。

この命懸けの闘技会では、約2000の剣闘士と5000の猛獣が命を落としたと言われています。

しかし、そんな命懸けの闘技会だけではなく、アリーナに水を張り動物たちを放して神話の世界を再現したり、海戦の様子を再現したりとするイベントも行われ、食料も無償で配布されるなど、様々なイベントに対応した、ローマ技術の粋を結集した施設でもありました。

このように、皇帝はローマ市民に娯楽の場を提供することで、権力を絶大なものにしていったのです。

コロッセオ内部は地下部分が露出していて、かつては動物の檻などもあり、昇降機を使い動物や舞台のセットなどを地上に運んでいました。

内部は一周しても早い方で15分ほどなので、ゆっくりと見て周ることができます。

ゆっくりじっくりでも30分~1時間行かない程度です。

観客席の形状は、下から順番に皇帝→議員→騎士→市民→奴隷と身分によって分かれています。

コロッセオは当時大理石で装飾されていたので、大理石製の客席が一部未だに残っています。

内部を見学すると、これが2000年以上も前からあった建物なのか!!!と正直驚いてしまいます。

ちなみに、コロッセオのすぐ隣には「コンスタンティヌスの凱旋門」があり、コンスタンティヌス帝が皇位を争うマクセンティウス帝を破った「ミルヴィオ橋の戦い」に勝利した記念に、315年に建てられました。

高さ21m 幅25mの大理石製の巨大な門で、非常に繊細で美しい彫刻が施されています。

「凱旋門」といえば真っ先に思い浮かぶのはフランス・パリにある「凱旋門」ですが、そのモデルはここ「コンスタンティヌスの凱旋門」なんです!

まさに、ローマに訪れたら絶対に外せない観光スポットの一つですね!

ジャルパック海外ツアー

【コロッセオ】 営業時間:開場時間は年間を通して8:30からですが、閉場時間が異なります。 3月最終日曜から8/31は~19:15、9/1から9/30は~19:00 10/1から10月最終土曜は~18:30、10月最終日曜から2/15は~16:30 2/16から3/15は~17:00、3/16から3月最終土曜は~17:30 ※最終入場時間は、各閉場時間の1時間前です。 休日:1/1、5/1、12/25 料金:12ユーロ(コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘共通券) 工事期間:コロッセオでは、数年に渡って大規模な修復工事が行われています。(通常どおり入場可能)2016年春頃までは外壁の修復工事中で、その後は内部の工事予定です。※2016年7月に外壁工事が完了し、さらに美しくなった姿を見せてくれます。

#Italy #rome #Europe #コロッセオ #世界遺産 #ランドマーク #photo

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!