• 私の旅行記

イタリア ローマ 真実の口


こちらは、映画「ローマの休日」の名シーンでお馴染み、「真実の口」です!

「真実の口」は、元々は嘘をついている人や偽りの心がある人は、手を抜くときに手首を切り落とされるという伝説があり、オードリー・ヘップバーン主演の有名映画「ローマの休日」で、グレゴリー・ペック演じる新聞記者のジョーが、アン王女を驚かそうと、「真実の口」に手を入れ抜けなくなったという悪ふざけの演技をしたことで、一躍世界的に有名になりました。

「真実の口」の顔は、海神トリトーネをかたどったもので、1631年サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の入り口左に置かれた大きな石の円盤ですが、かつては下水溝のマンホールの蓋だったと言われています。

古代ローマ時代、マンホールの蓋には「雨水を飲み込む」という意味を兼ねて、水に関わる神の顔がよく彫られていたと言われています。

実際、古代ローマの遺跡からは、「真実の口」以外にも様々な「顔」を彫った装飾が見つかっています。

もちろん、古代ローマ時代には「真実の口」などという名前はついておらず、中世の伝説から名前がつきました。

「真実の口」の伝説は多数存在し、「真実の口」と呼ばれたのは1485年のことです。

「真実の口」へのアクセスは、地下鉄の場合は、B線「チルコ・マッシモ駅」で下車し、歩いて10分程度で着きます。

バスを利用する場合、170番、75番は「真実の口」で下車。

64番、40番、Hならば「ヴェネツィア広場」で下車し、歩いて10分程度で着きます。

「真実の口」は、教会の一角にありますので、肌の露出が多い服装やカジュアル過ぎるスタイルはNGですので気をつけてください。

また、「真実の口」の見学・撮影には2ユーロ支払う必要がありますので、小銭はちゃんと用意していったほうが良いです!

そして、「真実の口」に観光しに行ったのなら、小規模ながら格式ある教会「サンタ・マリア・イン・コスメディン教会」も観光しなければもったいないですね。

ローマにある教会は、1527年の「ローマ略奪」の際に多くが破壊されてしまい、バロック様式の教会が多いのが現実です。

その中で、シンプルで中世の面影を濃く残すのが「サンタ・マリア・イン・コスメディン教会」なのです。

「真実の口」を訪れる方の目印となる「鐘楼」は、七層の典型的なロマネスク様式です。

ローマに残るロマネスク様式の「鐘楼」の中でも、最も美しいと言われているものです。

内部は、イタリア各地から集められた素材で作られた18本の柱があり、床や柱のモザイクはコズマーティ様式です。

12世紀~13世紀、4世代に渡ってモザイクの技を伝えたコズマー族の工房による作品で、とても美しいものです。

祭壇前にある「天蓋」はゴシック様式で、中央の祭壇上部や両脇に残るフレスコ画は、失われたモザイクからインスピレーションを経て後世に描かれたものと言われています。

シンプルとモザイクの繊細な美しさが見事に調和する空間です。

ジャルパック海外ツアー☆彡

住所:Piazza della Bocca della Verità, 18, 00186 Roma

営業時間・開場時間9::30−17:00(冬期) 9:30−18:00(夏期)

利用料金や入場料2ユーロ

参考サイト:http://www.turismoroma.it/cosa-fare/bocca-della-verita 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#Italy #rome #真実の口 #ローマの休日 #photo #伝説 #Europe

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!