• 私の旅行記

アメリカ フロリダ ザ・ダリ・ミュージアム

最終更新: 2020年12月28日


こちらは、世界に名の知れたスペインの画家が生み出したシュールレアリズムの傑作が、展示スタイルにふさわしい卓越した建物に収蔵されている「ザ・ダリ・ミュージアム」です!

「サルバドール・ダリ」の作品は、物体が人体や自然景観へ溶けていくように見える、異彩を放つ描写で世界的に有名です。

セントピーターズバーグの「ザ・ダリ・ミュージアム」は、ヨーロッパ圏外で最大のコレクションです。

また、2012年にはアメリカ建築協会が推奨する「フロリダ建築:100年.100スポット」にも指定されています。

美術館が所蔵している「ダリ作品」は、96の絵画作品、100以上の水彩絵画とドローイング、そのほかグラフィック、写真、彫刻、超現実オブジェなど広範囲にわたります。

【ザ・ダリ・ミュージアム建築&展示】

〖建築〗

ウォーターフロントにある美術館には流れていく巨大な泡を連想される、近代的なガラスのアトリウムがあり、これは「ヤン・ウェイマス」による設計ですが、「サルバドール・ダリ」本人がデザインしたようにも感じられる建築です。

夜には建物が美しくライトアップされ、幻想的な雰囲気の美術館へと変わります。

1階からガラス天井へと伸びる螺旋階段を見上げると、そこはまさに素晴らしい撮影スポットになっています。

3階の踊り場からは、美術館を取り囲む「アバンガーデン」の景観の素晴らしい眺めを楽しむことができます。

〖展示〗

〖幻覚剤的闘牛士〗

「ザ・ダリ・ミュージアム」には、18点ある「ダリ」の名作のうち7点を所蔵しています。

目玉は美術館に所蔵されている、世界に18点あるダリの名作のうちの7点〖幻覚剤的闘牛士〗や〖クリストファー・コロンブスによるアメリカの発見〗などです。

「ダリ作品」における名作とは、大きさは少なくとも5フィート(1.5m)以上、また制作に一年以上費やしているものであり、アメリカでは「MoMA」や「シカゴ美術館」にも「ダリ作品」がありますが、いずれも小型です。

他にも、〖記憶の固執の崩壊〗・〖ロブスターテレフォン〗・〖新人類の誕生を見つめる地政学の子供〗など美術書などで1度は見かけたことがあるであろう作品の多くを鑑賞することができます。

また、「トム&メアリー・ジェイムズ・ファミリー・ウイング」では、「ダリ」の油絵が鑑賞でき、年代順に並べれており、アーティストとしての「ダリ」の発展が見て取れます。

「ヒュー・ファミリー・ウイング」には、ビデオ映像や彫刻、製版、創作文学など絵画以外の様々な芸術的な作品が展示されています。

1階にあるギフトショップでは、「ダリ」関連の商品がたくさんあり、また、「カフェ・ガラ」というレストランもあり、スタイリッシュな空間でカタロニア風の食事やスペインのワインを楽しむことができます。

〖教育プログラムも多数〗

「ザ・ダリ・ミュージアム」には、「ダリ作品」の展示に加えて、美術館は一般の人々に「ダリ」や「ダリ」とよく似た傾向の作家の作品展示を通して、芸術への理解や楽しみ、学術調査を促進することを目指しています。

キッズルームではダリのトレードマークである口ひげで遊んだり、「ダリ作品」の超現実的玩具を楽しむことができます。

〖ツアーに参加しよう!〗

故郷の「フィゲレス」から展示されている作品まで、この優れた芸術家についてより詳しく知りたい方は、ガイドツアーに参加することをおすすめします!

入館料以外にツアーの追加料金はなく、オーディオガイドも無料で利用することができますよ。

【アクセス】

「ザ・ダリ・ミュージアム」は、「セントピーターズバーグ」のダウンタウンにあります。

入館料には駐車場の料金も含まれており、全てのギャラリーと庭園に入ることができます。

「ダウンタウン・ルーパー・トロリー」が「ザ・ダリ・ミュージアム」を始め、「セントピーターズバーグ」中心部の主要な場所で停車します。

【サルバドール・ダリ】

「サルバドール・ダリ」(1904年5月1日ー1989年1月23日)

「サルバドール・ダリ」は、スペインが生んだ20世紀を代表する最も多才な画家といっても過言ではありません。

6歳の時に初めて、油彩で風景画を描いてから70歳代後半まで、絵画はもちろんのこと彫刻や版画、舞台設置、衣装デザイン、映画製作と実に幅広い表現活動をしています。

「サルバドール・ダリ」の絵といえば、「柔らかく描かれた時計」を思い出す方も多いのではないでしょうか。

探求心の強いダリは、印象派、点描派、キュビスムなどの先輩の作風を学び、その影響を受けました。

1930年代、パリを中心にシュルレアリスム(超現実主義)という芸術運動が盛んであり、ダリもその運動に加わります。

夢と心の奥に潜む欲望をあばき出すことを絵画の主な目的として、幻想的で非合理的な絵画を多く制作するようになりますが、「柔らかい時計」はその頃の代表的な作品なのです。

「サルバドール・ダリ」の旺盛な創作活動を陰で支えたのが、妻「ガラ」でした。

「ガラ」をモデルにした作品もたくさんあり、ダリは「ガラ以外は全て敵である。」「私の全ての絵画はガラの血で描かれた。」と述べているほどです。

その後のヨーロッパ各地、アメリカでの大回顧展の成功、美術館の完成と名声を高めていきます。

「天才を演じきると天才になれる。」といったダリの言葉が多岐にわたる表現活動と彼の生き様を表しています。

いかがでしたでしょうか。

世界に名の知れたスペインの画家が生み出したシュールレアリズムの傑作。

作品もさることながら、その建築デザインや教育プログラムの充実など、「サルバドール・ダリ」をご存じない方でも十分楽しめる美術館です。

【基本情報】

ザ・ダリ・ミュージアム

住所:1 Dali Blvd, St. Petersburg, FL 33701 アメリカ合衆国(地図はこちら)

営業時間・開場時間:木曜日10時00分~20時00分  金曜日10時00分~17時30分  土曜日10時00分~17時30分  日曜日10時00分~17時30分  月曜日10時00分~17時30分  火曜日10時00分~17時30分  水曜日10時00分~17時30分

利用料金や入場料:General Admission(18-64) $24

公式サイト:http://thedali.org/

※記事内容は執筆時点のものですので、最新の内容をご確認ください。

#偉人 #歴史 #usa #museum #Florida #アート #美術館 #建築 #photo

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
旅行記 旅好き ハワイ 海外旅行 国内旅行

海外・国内旅行の魅力・出来事・情報をお届けするサイトです。人生一度きり、一人でも多くの人に旅行を楽しんで頂きたい!

お得な現地情報&ホテル情報をお届けします!

 

これから旅行へ行かれる方に少しでも良い情報をお届けできたら嬉しいです!!!

FOLLOW ME:
  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp

CATEGORY

注目!おすすめの旅行先!

​海外でのインターネット利用に不安・不便さを感じている方に!➡